2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハングル板は実況禁止ですよ

1 :マンセー名無しさん:04/09/16 23:34:32 ID:dYwkNMog
朝鮮関係の番組が始まったら実況板逝け

http://headline.2ch.net/bbylive/


2 :マンセー名無しさん:04/09/16 23:34:58 ID:2d5aJmFz
2ダ━━━━━━<ヽ`∀´>━━━━━━ !!!!!

3 :マンセー名無しさん:04/09/16 23:35:25 ID:gyvzceAC
はて?

1レス目からあぼーんとは・・・・・・・・・・

4 :マンセー名無しさン:04/09/16 23:35:52 ID:r6WxRvqE
おまえは誰だ>>1

5 :マンセー名無しさん:04/09/16 23:35:53 ID:8edox8tb
                    ■
                  ■■
                ■■■
              ■■■■
            ■■  ■■
          ■■    ■■
        ■■      ■■
      ■■        ■■
      ■■  ∧∧  ■■
   ■■   (*゚ー゚) ■■
  ■■     (∩∩) ■■
■■■■■■■■■■■■
                  ■■      ■■■    ■■■■■  ■■■■■
                  ■■    ■          ■              ■
                  ■■    ■  ■■■  ■■■■■      ■
                  ■■    ■      ■  ■              ■
                ■■■■    ■■■    ■■■■■      ■

6 ::04/09/16 23:36:36 ID:8edox8tb
orz...

7 :浅間活動レベル3 ◆wqeQ6aYGs. :04/09/16 23:38:52 ID:L0dJfuZ4
  程 馬    /   ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、    ,r';;r"           _ノ  
  が 鹿    L_ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,';;/             )     糞 何
  あ . の    //;;/´         `' 、;;;;;;;;,,l;;'            /ヽ    ス じ
  る 一.    /.,';/              ヽ;;;;,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;i    レ ゃ
  わ つ   l |;|┌--‐フ  ┌----、、   |;ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;く   は こ
     覚  i  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;厶   !!! の
     え  l _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;| `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;ヽ  
     に  ._ゝ'|.    /   、       |; ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;レ、⌒Y⌒ヽ
     も  「 | |    (    )       .ソ l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
        ヽヽ |    _,ニ ニ,,,,,_        ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     ''  ', i、-----.、       `''"i`'''l
人_,、ノL_,iノ!   ',   :i゙''''''''''`l'  ` _人__人ノ_ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
      /    ヽ.   L__」   「   こ L_ ヽ〈    i|          Vi゙、
ハ ワ  {.     ヽ.  -、、、、 '  ノ  つ い  了゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
ハ ハ   ヽ.     ハ       )  め    |  ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
ハ ハ    >  /|ヽヽ、___,,,,、 'く  |    > ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \

8 :マンセー名無しさん:04/09/16 23:43:01 ID:x3G0EqfB
あげ

9 :マンセー名無しさん:04/09/16 23:58:02 ID:x3G0EqfB
あげ

10 :マンセー名無しさん:04/09/17 00:03:10 ID:hpBF7vrG
これは駄スレを実況するスレでつか?

11 :マンセー名無しさん:04/09/17 09:34:14 ID:2QMzEM5M
できれば今日の電波を実況してください

12 :マンセー名無しさん:04/09/17 18:32:54 ID:3rR8Y5wy
age

13 :マンセー名無しさん:04/09/17 18:38:19 ID:iYdNyUbp
昨日買い王がひそかにいくつかのスレを停止してた。
結局実況しようがしまいがスレストは食らうときは食らう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/17 18:40:29 ID:SedFKb0m
なるほど。高句麗の前の勢力、扶余国もない時代に
えいしがたったわけだな。


15 :マンセー名無しさん:04/09/17 18:44:55 ID:EGMto4Z+
>>14
遺跡が見つかるまでは伝説な。


16 :マンセー名無しさん:04/09/17 18:56:05 ID:EGMto4Z+
箕子が国を作ったという伝説だけがあり、その末裔を倒した
と言う男の伝聞だけが残る。
三国史記以前の記録が無い以上、遺跡が無いと存在の証明は出来ない。

17 :マンセー名無しさん:04/09/17 18:57:23 ID:QGIdHWXB
http://homepage3.nifty.com/tokyo23/tuesday-evening/images/eastasia.gif

18 :マンセー名無しさん:04/09/17 19:00:04 ID:EGMto4Z+
>>17
BC3000か・・・冗談ならまだ救いがあるが。
そうでないなら関わらない方が吉。

19 :マンセー名無しさん:04/09/17 19:12:35 ID:o7fjB5XV
まだ、即死対象のスレを接収するのはどうかと思う。
在日の隔離スレならとっととdat落ちしてもらった方がいいスレに移らないか。

まあ韓国も結構すごい国だよね。
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1077632695/

こことか。

20 :マンセー名無しさん:04/09/17 19:26:05 ID:iYdNyUbp
>>17
大朝鮮帝国の割りには小さいなw

21 :マンセー名無しさん:04/09/17 19:29:21 ID:AYBDmhm5
あ・・・今日はもうお帰りですか・・・。
明日は土曜だけど来るのかな・・・・。
そしたら明日の会場は>>19ですね、おやすみなさい・・・。

22 :マンセー名無しさん:04/09/17 19:29:42 ID:QGIdHWXB
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_16&nid=827249&work=list&st=&sw=&cp=1
今話題の地図です。韓国と日本人それに東中国人は共通の先祖を持っている中にいます。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 09:46:07 ID:gXlVgmFQ
遺跡が見つかるまでは伝説というが、じゃあ百済の遺跡はないんだろ?
じゃあなぜそれだけは真実なんだ?

24 :マンセー名無しさん:04/09/18 10:32:29 ID:4+5BCmTQ
中国や日本の歴史書

25 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 11:05:21 ID:gXlVgmFQ
じゃあ、扶余国が満州に出来たと言われているが、その頃には
すでに古朝鮮が支配していたはずなのに、なぜできるんだ?

26 :マンセー名無しさん:04/09/18 11:10:16 ID:vo4+Sdqs
扶余やら古朝鮮やら、なんだか解からんもんが好きだね。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 11:13:35 ID:gXlVgmFQ
>>26
えいしもいたはずだ。紀元前一世紀ごろなんだからな。

28 :マンセー名無しさん:04/09/18 11:16:15 ID:4+5BCmTQ
朝鮮が5000年の歴史って言うが、その根拠を日本に当てはめれば一万六千年越えるんだがなあ。

とりあえず千数百年で遠慮してるけどw

29 :マンセー名無しさん:04/09/18 11:18:11 ID:aORxKmSL
>>28
近いうちに9000年になるんじゃないかなあ。
ヨガの起源を狙ってるみたいだし。

30 :マンセー名無しさん:04/09/18 11:19:02 ID:vo4+Sdqs
>>27
扶余の支配領域と時期は?
古朝鮮の支配領域と時期は?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 11:30:11 ID:gXlVgmFQ
紀元前194年ごろ、替わって立ったのは衛氏朝鮮である。
紀元前二世紀末、満州平原に進み、そこにいたツングース諸族を征服し混血する。
北方系の畑作を学んで半農半猟民となり、やがて扶余国を建てた。
高句麗だが、この国は紀元前一世紀末、ツングースのワイ族系の部族が建てた国である。
 

32 :マンセー名無しさん:04/09/18 11:32:57 ID:JIM3nK5e
スレ違いも甚だしいレスばっかつけてる、そんな君たちがダイスキだぁぁぁぁっっっ

33 :マンセー名無しさん:04/09/18 11:37:00 ID:map5Lfns
削除されるべき駄スレを再利用してるだけ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 13:24:15 ID:xOWVTKnc
31に書いたぞ。時系列を。

35 :マンセー名無しさん:04/09/18 13:34:28 ID:hR+1egv8
ヨン様自国のラジオ番組で大暴言「日本の男は不細工ばっかり!」
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/news/1095481337/l50


36 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 13:44:26 ID:xOWVTKnc
どうなんだ?

37 :マンセー名無しさん:04/09/18 14:13:13 ID:jixPNex9
どうって、なにがですか?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 14:15:19 ID:xOWVTKnc
>>37
紀元前194年ごろ、替わって立ったのは衛氏朝鮮である。
紀元前二世紀末、満州平原に進み、そこにいたツングース諸族を征服し混血する。
北方系の畑作を学んで半農半猟民となり、やがて扶余国を建てた。
高句麗だが、この国は紀元前一世紀末、ツングースのワイ族系の部族が建てた国である。
 
これを見る限り、古朝鮮のある時期に満州に高句麗や扶余国が
たった事になる。
矛盾している。

39 :マンセー名無しさん:04/09/18 14:21:06 ID:jixPNex9
申し訳ないが、話が見えない。

>矛盾している。
というのは何が?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 14:26:53 ID:xOWVTKnc
>>39
つまりえいしなどの古朝鮮国家があるのに、その土地に
高句麗や扶余国がなぜ建国できるのかという事。


41 :マンセー名無しさん:04/09/18 14:35:44 ID:jixPNex9
ん〜?(´・ω・`)
その国を滅ぼしたから建国できたんでしょ?
でも伝承なんでしょ?
遺跡はないんでしょ?
だから、>>15でそう言われたんだよね?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 14:44:26 ID:xOWVTKnc
>>41
違う、えいしの頃にもダブル。
えいしは実在していたので、その頃にも高句麗や扶余国がいたという
事になる。
滅んだわけじゃない。なぜなら滅んで以降じゃなく
滅ぶ前段階にこれらの国が建国されている。
>>38の紀元前の数字を見れば分かる。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 14:46:45 ID:xOWVTKnc
>>41
間違いだ。なるほど滅んだ頃にたったんだな。


44 :マンセー名無しさん:04/09/18 14:55:08 ID:jixPNex9
あー、ごめんごめん。
古朝鮮国家がある土地に並立して他の国が存在していたってことか・・・って
>>43間違いなのかよ!?

>>38は確定していい物なのか?
〜ではあるが謎である。とか
〜がしかし伝承にしか過ぎない。とか
〜といわれている。とか
なのでは?


45 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 15:09:12 ID:xOWVTKnc
>>44
衛氏朝鮮が滅んだのと、扶余国がたったのは同時期というか
微妙なずれはあるだろうが、紀元前二世紀末になっている。
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r18-79.htm
だから矛盾してはいない。

46 :マンセー名無しさん:04/09/18 15:23:38 ID:jixPNex9
ふ〜ん、それで>>40に戻るわけですね。
でもね、それらの国々が伝承でしかないなら国の境界線もあいまいだし、
それに何をもってして「建国」というのか私にはわからない。
まだちっちゃいのに「○○年に建国したゾー」って言っているだけかもしれないし。

↓この本注文した?

岡田英弘著「倭国・東アジア世界の中で」中公新書
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121004825/250-6401826-3369002

47 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 15:29:29 ID:xOWVTKnc
>>46
いいや注文してない。
第一と第二の大きな流民を中国で生んで
そして第一の時に半島南にたどり着いた連中が韓だ。
そして第二の流民が弁韓と、九州に辿りついた越だ。
つまり第一の流民が半島に定着していて
その韓は日本に影響を与えたのではないか?
中国にいたので、日本よりも進んだ文化をもっていたとすると。

48 :マンセー名無しさん:04/09/18 15:47:13 ID:jixPNex9
あれ?デジャブ?
私の記憶が確かならば、その質問は・・・・なんだったかな・・・(´・ω・`)えーと

第一の流民であった「韓」はそれほどすごくはなかった。
日本は直接中国と交流していたので「韓」と交流しなくてもよかった。

・・・んじゃなかったですか?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 15:49:58 ID:xOWVTKnc
>>48
いや、その頃はまだ越が九州にきてないので、倭人はいない。
そして韓はいるんだよ。

50 :マンセー名無しさん:04/09/18 15:55:26 ID:jixPNex9
ちょっとおやつ食ってきます。
越が九州に来たという年代を教えてくれる?

51 :桃葡萄梨 ◆8FGTmWBuVw :04/09/18 15:55:34 ID:otVxu529
今NHK教育で能をやってるよ。
あ、実況禁止?

52 :マンセー名無しさん:04/09/18 15:56:59 ID:srBqQqaa
「いる」って表現してるけど、そりゃ韓を姓に持つ人物は居ただろうねえ。
と、混ぜっ返してみる。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 15:58:21 ID:xOWVTKnc
戦乱は一挙に大流民を生んだ。それは、呉が滅亡した紀元前五世紀の前半から加速したと思われる。
彼らは半島西岸や南岸にたどり着き、そこで「韓」と呼ばれるまとまりを成した。
同四世紀後半、長江河口域での最後の「南アジア人」の国・越が楚に滅ぼされる。
おそらくこれを契機に、再び半島に流民が押し寄せる。
これが「倭人」である。

54 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:16:39 ID:jixPNex9
第一の流民「韓」はしょせん「脱出組」なので日本との交流はなかった。
日本は大陸と直接交流していた。別に越人を待っている必要もない。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 16:20:37 ID:xOWVTKnc
>>54
しかし日本は越人がいないなら、どういった勢力が
どこと交流していたんだ?
韓の方がやはり進んでいたのでは?
中国にいたんだから。

56 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:28:42 ID:jixPNex9
日本にはすでに人が住んでいたんだから、越人がいなくても交流できるよ。




57 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:30:37 ID:jixPNex9
あと、韓の状態は↓これを参照

http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1087449822/633-635

58 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 16:37:01 ID:xOWVTKnc
>>56
違う。つまり文明化では日本よりも上だったのでは?
中国にいた民族が韓になったんだから。

59 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:37:32 ID:n3CzN09p
まったくよくわからんね。いったいぜんたい朝鮮人って、
独自の文化を築き上げ、中華・倭を支配する大帝国を作ったことにして自慢したいのか、
倭よりもいち早く中華文化圏に隷属し、倭に文化を伝えたことにして誇りたいのか、
どっちなんだろ。

60 :有名希望の名無しさん  ◆bdZTsAVBWc :04/09/18 16:39:36 ID:hOA/s+Ts
>>59
彼ら自身分かってないと思われ(w

61 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:40:08 ID:k0neiMJu
ハンファイですか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 16:41:58 ID:xOWVTKnc
あと、百済が建国されてかなり日本との交流で時間が空いている。
百済の王族の扶余が馬術を持ってきたと考えられる。
だから日本よりも先にそういうのがあったのは認めるんだな?

63 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:42:48 ID:k0neiMJu
>>62
なにしてるの?

64 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:43:44 ID:n3CzN09p
>>62
考えられる。→認めるんだな?

この流れはおかしい。「考えられる→証明する→認めるんだな?」でなくてはならない。
さあ、証明をどうぞ!

65 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 16:46:37 ID:xOWVTKnc
>>64
扶余はモンゴル人の王族に、ツングース系住民の国だった。
そしてその王族が百済を建国しているので、騎馬民族のモンゴル人は
馬術を知っていて当たり前だからだ。


66 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:47:46 ID:PppHDy+Z
>>60
あいまいなウリナラの私、とでも名付けますか。

67 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:51:07 ID:Dr3kJa58
削除依頼出てる糞スレの容量増やすな。

68 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:53:23 ID:GVHQYPnR
ぶっちゃけるとどれもこれも確固たる証拠が出てきてない話であり

69 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 16:55:19 ID:xOWVTKnc
>>68
しかし日本は百済から馬術を提供されているのは事実だろ?

70 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:57:11 ID:GVHQYPnR
そういう記述が残っていればそうなんじゃないの?

71 :マンセー名無しさん:04/09/18 16:58:24 ID:d30HN13I
>GVHQYPnR
>xOWVTKnc


荒らしですか?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:02:14 ID:xOWVTKnc
>>70
じゃあ先に発展していた事になるじゃないか。

73 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:02:44 ID:d30HN13I
>>72
荒らしですか?

74 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:02:54 ID:bd5BYOBz
荒らしじゃねーだろ。

75 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:05:37 ID:JNwCRF7I
そもそも剣道ってのは、明治政府の樹立で仕事の無くなった武家筋が、
帯刀禁止令やら廃刀令やらで落ちぶれてく流派を存続させる為に、
練習用の木刀やら竹刀やらで始めた武道が原型じゃないのか?

1865年にイギリス人フェリックス・ベアトが撮影した撮影したkendoの写真。
http://66.102.7.104/search?q=cache:pI_wPM9eq6IJ:gb.bbs.ws/book.php%3Fbook%3Dststs+&hl=ja&inlang=ja


76 :有名希望の名無しさん  ◆bdZTsAVBWc :04/09/18 17:06:55 ID:hOA/s+Ts
>>75
|∀・)ジー… ジバクケイコテノカイハ、イツモショクンヲミマモッテイル

77 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:09:17 ID:L1gyZQwK
ttp://www7.big.or.jp/~mb2/bbs/up/kao/source/up6074.jpg
王族が百済を建国していたが地震で崩壊


78 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:11:21 ID:xOWVTKnc
あと神話でスサノオか?それが来て征服したらしいじゃないか。
神話も資料の内に入れるべきだ。

79 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:12:24 ID:ZVcd4Tq9
>>78
どこを征服?
半島をか?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:21:48 ID:xOWVTKnc
>>79
半島からやってきて九州を支配だ。
そしてそこで箕子がでてくる。
この王族だと見れば、つじつまがあるだろ。

81 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:23:36 ID:d30HN13I
雑談なら雑談スレ使え

82 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:23:41 ID:lpOg2A+O
179 :天之御名無主 :03/10/16 11:01
播磨国伊和神社の文献などを調べれば分かると思うが、神話にでてくる須佐之男命と
八坂神社に御祭りされている素盞鳴尊は別人物のように思える。
私は大己貴命の研究をしているんですが、
播磨の文献では大己貴命は播磨国の神出で生まれ、推古天皇の時代に活躍したように
書かれている。
大己貴命は素盞鳴尊の子とされている。
一般に素盞鳴尊とは八坂神社に御祭りしてある素盞鳴尊であり、
八坂神社の御祭神は播磨の広峯神社から遷されているとの記録がある。
こちらの人物は新羅出身で、日本の天皇家を頼って日本に移住し、
播磨を中心として勢力を拡大したとされているので、
亡命新羅人と思われる。
時代考証から考えて、元々の神話の登場人物と、かなり後年になって
日本に渡ってきた別人物が混同された結果、
神話の登場人物がかなり後年に成立した新羅出身であるという
珍説になったのではないだろうか。

83 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:25:10 ID:z8vA8NY9
>>81
脱線当たり前のハン板でおまいは何故そんなに必死なのか?

84 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:25:37 ID:ZVcd4Tq9
>>80
全然意味が分かりません。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:27:18 ID:xOWVTKnc
>>84
じゃあ神話は半島の影響じゃないというのか?

86 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:28:21 ID:EsguDrbh
わかりません
影響はあるかもしれないし、ないかもしれません

87 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:29:34 ID:PppHDy+Z
神話と歴史的事実の区別が付かない人がいるのはこのスレですか?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:30:12 ID:xOWVTKnc
>>87
しかし神話も資料の内だろ。

89 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:30:24 ID:bbO3rGPF
◎弥生人は朝鮮を経由していない!!

「土井が浜の弥生人骨は、160センチメートルを遙かに超えた長身、華奢な四肢骨、
細面の顔に低い鼻、のっぺりとした、それでいて端正な顔立ちで、いわゆる北方系
「新モンゴロイド」の特徴がありました。
彼らのルーツを求めて朝鮮半島南部の慶尚南道金海と南部の勅島(ヌクド)の人骨、
中国は山東省の漢代の人骨を対象に調査されました。ところが、朝鮮半島2ヶ所の
人骨には土井ヶ浜の人たちと同じ形質は認められず、中国山東省の人骨は、極め
てよく似た形質を持っていることが確認されました。弥生人のルーツはやはり中国
だったのです。」
http://sakezo.com/shumi/rekisi/keta1.html

ところが、朝鮮半島2ヶ所の人骨には土井ヶ浜の人たちと同じ形質は認められず
ところが、朝鮮半島2ヶ所の人骨には土井ヶ浜の人たちと同じ形質は認められず
ところが、朝鮮半島2ヶ所の人骨には土井ヶ浜の人たちと同じ形質は認められず
ところが、朝鮮半島2ヶ所の人骨には土井ヶ浜の人たちと同じ形質は認められず

90 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:30:54 ID:ZVcd4Tq9
スサノオノミコトと箕子が同一だとでも言いたいのか?


91 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:32:33 ID:xOWVTKnc
>>90
そうだ。それだとつじつまがあるだろ。

92 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:32:51 ID:KT9zq+QP
>>82を見るに、神話のスサノオとは別人である可能性があるってことっすかねえ。

93 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:36:17 ID:ZVcd4Tq9
>>91
全然つじつまが合わないが。
史記も記紀も無視するわけですか。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:39:56 ID:xOWVTKnc
>>93
資料と記述に照らせば、すさのおが半島から日本に渡ったのは
矛盾しまくりだと?

95 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:42:51 ID:rz2C1JuO
>>94
やっぱ所詮チョンの出来ることといえば古代史オナニーぐらいしかないのね


96 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:43:33 ID:qmtJP6i5
出雲と朝鮮半島に関わりがあるのは確かだが、日本→半島→日本って
説もあるんだよねえ。
大陸→半島→日本って話も見たことがある。
スサノオに関してはかなり色んな話を見たけど決定打がないっぽい。
ちなみに神話のスサノオが関係ないというのは82のような理由が多い。

97 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:44:05 ID:qmtJP6i5
あ、スサノオの出身の話ね。

98 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:45:12 ID:ZVcd4Tq9
「スサノオが半島からに九州に渡ってきた」とか
「箕子はスサノオと同一」
とか言う根拠を示して下さい。

99 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:46:10 ID:lOFaBTzH
…安彦良和の「ナムジ」とか脳内ソースにしていそうな、可哀相な人が涌いたスレはここでつか?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:46:40 ID:xOWVTKnc
>>96
しかし新羅が勢力を拡大したと書かれているのは
どう見るんだ?

101 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:48:54 ID:ZVcd4Tq9
いきなり新羅ですか・・・

102 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:50:33 ID:rz2C1JuO
>>101
時間・空間超越は大朝鮮帝国史の常識

103 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:51:37 ID:6GoW1lU8
箕子はね、殷の紂王の叔父さんなのね。
紂王の悪政を諌めたから、朝鮮と呼ばれる土地に流されたという
伝説があるのですよ。
命を惜しまず、道を正そうとしたので儒家に人気があったのよ。

104 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:51:46 ID:qmtJP6i5
>>100
とりあえずどの説も新羅となんらかの強い交流を持った
人物であった事は疑っていない。
スサノオが日本のコネクションであったという話もある。
勿論、記述からすると新羅の豪族であった可能性も高い。

どちらにせよ、神話のスサノオとは別人と俺は思うがね。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:55:36 ID:xOWVTKnc
>>104
じゃあ新羅出身の奴が日本で大変な影響があったんだろ?

106 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:55:51 ID:6GoW1lU8
神話の神様を、曖昧な根拠で擬人化するのは感心しないな。
思考実験としては面白いけど、無理に同意を求めるのは止めたほうが
いいと思うよ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:56:33 ID:xOWVTKnc
なぜじゃあ別人だと思うんだ?

108 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:56:50 ID:6GoW1lU8
>>105
なにが大変な影響なのか、具体的にね。

109 :マンセー名無しさん:04/09/18 17:58:00 ID:qmtJP6i5
>>105
出身はまだ確定しとらん。
半島「経由」という説も根強いのだ。
とにかく神話は全く関係ないと思う、そんだけ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 17:59:55 ID:xOWVTKnc
>>109
なぜ関係ないと思う。その根拠があるのか?

111 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:02:11 ID:6GoW1lU8
>>110
無いものは証明できないよ。
あると思うほうが証明しないと。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:03:26 ID:xOWVTKnc
>>111
繋がりがないんだろ?あると言う状態で伝わっているじゃないか。
勘違いした結果という主張がある。
じゃあなぜ勘違いなのかという事だ。

113 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:05:08 ID:ZVcd4Tq9
何が言いたいんだかさっぱり分からない。

114 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:05:23 ID:6GoW1lU8
>>112
>あると言う状態で伝わっているじゃないか。
これを証明する必要があるんだよ、君には。

115 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:05:54 ID:qmtJP6i5
>>110
推古天皇が592年〜628年、スサノオの子がその時代の
人物だとするとスサノオの活躍時期が特定しやすい。
八島を作った両神の子供である天照と同時期に生まれた
神であるのに対して、時期が新しすぎるとは思わないか?

116 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:08:36 ID:6GoW1lU8
>>115
駄目駄目、日本書紀を読んでいない人間にそんな話をしても。
古事記は竹内文献だとか、言ってた奴なんだから。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:09:07 ID:xOWVTKnc
>>115
もう少し詳しく話してくれ。
どのような矛盾があるのか。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:09:40 ID:xOWVTKnc
また日が暮れた。

119 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:10:34 ID:ZVcd4Tq9
>>117
だから時代が合わないんだよ。

120 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:11:42 ID:qmtJP6i5
>>117
要するに神話のスサノオの設定よりかなり後の時代に、
新羅コネクションのあるもう一人の実在スサノオがいた。
それだけの話じゃないかと。
神話のスサノオが500年代の人物じゃあまりにも古事記や
日本書紀の編纂に近すぎる。
200年も開いていない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:17:18 ID:xOWVTKnc
神話はスサノオの事を書いているが、神話自体その時代より
後に書かれているので、新羅と繋がりのあった奴を
スサノオと認定してしまったと?
その理由は、スサノオが例えば50年ごろ活躍していたのに対して
新羅から来た奴は、200年ごろになっているので
矛盾していると?

122 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:18:15 ID:xMh4rVyL
つまり神話となるには時間が短すぎると言うことですね。

123 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:19:23 ID:6GoW1lU8
>>121
スサノオの神話を知っていた奴が、スサノオと名乗って活躍したと
考えたほうが、合理的だろ。
神話は神話でしかない、史実を元に神話を作ってもそれはフィクションだ。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:21:11 ID:xOWVTKnc
>>123
つまり、スサノオが活躍していた時期も資料にあり
そして新羅から来た奴は、あまりにもその時代から
かけ離れていると?
その矛盾が分かる資料サイトとかないのか?


125 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:22:13 ID:qmtJP6i5
>>121
それもあるし、まだ正確に言うと百何十年前の事に対しては
史実として残ることはあるとしても、神話に入る程のことかと
いうと俺は疑問を感じるね。

126 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:23:27 ID:6GoW1lU8
>>124
神様は別次元の存在、神代の年代を特定するのは不可能。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:24:26 ID:xOWVTKnc
>>125
しかしこれは歴史の資料の内に入るとは思わないか?
古朝鮮もどの地帯かどうかが不明なだけである事にはあったのだから。

128 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:27:40 ID:qmtJP6i5
>>127
歴史の資料に古事記、日本書紀が入るとしても、須佐之男命と
素盞鳴尊が同一人物であるかは別問題だと思う。
時代を考えると多分違うだろう。
古事記、日本書紀が編纂されるまでにもいろいろごっちゃになってそうだし。

129 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:33:08 ID:6GoW1lU8
>>127
日本全国を穿り返しても、高天原や根の国の遺跡は見つからない。
檀君朝鮮もそれと同じだ。
箕子朝鮮は存在した可能性があるというだけ、北朝鮮が崩壊するまで
発掘は無理だろうが。

130 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:36:03 ID:6GoW1lU8
まあ、またコンクリート製の箕子の陵墓を作って
世界中を爆笑の渦に放り込んで欲しいがw

131 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:37:57 ID:xOWVTKnc
>>128
つまり神話では須佐之男命と素盞鳴尊が同一人物として
描かれていて、そしてどちらかが新羅からやってきたという事は
分かっている。
しかし年代が違うというんだな?
>>129
じゃあなぜこれら二つを結びつけたんだ?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:38:22 ID:xOWVTKnc
>>130
そんなものを作ったのか?

133 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:40:08 ID:6GoW1lU8
>>132
北朝鮮名物、コンクリートの檀君陵をな。
知らなかったのか?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:41:39 ID:xOWVTKnc
>>133
知らなかった。それでそれを作り上げても、世界の学者は
北朝鮮に入れないだろ。
恥じなんてかいてないんじゃないか?

135 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:43:05 ID:qmtJP6i5
>>131
新羅コネクションスサノオが強力な力を持っていたのは多分本当なので、
神格視されてごっちゃになったというのはあると思う。
ただし、偽り無き歴史書の編纂を天武天皇が命じたのに対して、
ほんの少し前の実在人物を大げさに伊弉諾・伊弉冊の子とするのは
やはり無茶がある。
大体、神の代理人たる天皇家が存在している間に、実在スサノオが
後からやってきたのは強力な矛盾だと思うが。

136 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:45:19 ID:xMh4rVyL
>>131
神話ではそういう風にはかかれていないけど、
今の学者が意図的にそれを結びつけようとしてるのと?

137 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:46:55 ID:6GoW1lU8
>>134
あれだけ大々的に発表して、日本のニュースにも流れたのに
知らないお前が不思議。
あのせいで、北朝鮮がどんなに歴史的な発見をしたと言っても
どこもまともに取り合ってはくれないだろう。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:47:35 ID:xOWVTKnc
>>135
伊弉諾・伊弉冊の子というのは?
あとなぜ天皇の後に来るのは矛盾なんだ?


139 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:49:11 ID:6GoW1lU8
>>138
日本書紀が難しいなら、まんが日本神話でも探して読んだら。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:49:40 ID:xOWVTKnc
>>136
神話ではどういう風にかかれているんだ?

141 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:51:24 ID:qmtJP6i5
少しは自分で考えようよ……。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:52:48 ID:xOWVTKnc
つまりどの二人の人物が大きな事をしたのは確かで
どちらかがスサノオだと?

143 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:53:18 ID:6GoW1lU8
>>141
彼に、こちらと同じ知識があるだろうとは、毛頭考えないほうがいいよ。

144 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:55:54 ID:6GoW1lU8
しかし、日本神話のイザナギ・イザナミも知らないとは小学生以下だな。

145 :マンセー名無しさん :04/09/18 18:57:33 ID:wLOs030Z
こいつ主役のスレ見るたびに、親切な人が多いなぁ、と思うよ。

146 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:58:26 ID:g1ie29me
>>144
天鈿女命だけは知ってそうな。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/18 18:58:56 ID:xOWVTKnc
今日も日暮れだ。

148 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:59:43 ID:H7NJAXyp
>>145
俺は賽の河原の話を思い出す。

149 :マンセー名無しさん:04/09/18 18:59:44 ID:lPBt6JlU
テンテルダイジンくらい知ってるニダ。

150 :マンセー名無しさん:04/09/18 19:02:26 ID:2ll9QLKJ
>>149
テンテルダイジンは、おつむがツンツルテンの大臣とは違うニカ?

151 :マンセー名無しさん:04/09/18 19:04:18 ID:qmtJP6i5
飯くってくるし、ひとつだけ。

>あとなぜ天皇の後に来るのは矛盾なんだ?

伝説上の初代天皇とされる神武天皇は天照大神の直系とされる。
推古天皇は実在するかどうか分からない天皇も入れるが、33人目の天皇。
天照と同時期のスサノオの発生が何故かこの時代だとすると……?

これで分かるだろ。

152 :マンセー名無しさん:04/09/18 19:06:19 ID:6GoW1lU8
>>151
イザナギ・イザナミも知らない奴だぞ・・・

153 :マンセー名無しさん:04/09/18 19:32:57 ID:jixPNex9
あれ・・今日はおしまいですか(´・ω・`)

154 :マンセー名無しさん:04/09/18 19:44:56 ID:jixPNex9
●今日の復習

華南からの支那人流民が「韓」になった。
その「韓」は↓こういう状態だったので、発展していたとは言えない。
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1087449822/633-635
日本は直接大陸と交流していた。
神話を根拠にしてはいけません。

−−−−この話はおしまい−−−−−

●新しい話題

スサノオとは


●宿題

日本神話を読んでおくこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1


155 :■■■■終 了■■■■:04/09/18 20:07:07 ID:d30HN13I
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/

4. 投稿目的による削除対象
・全く情報価値の無いもの
・真面目な議論や話し合いを目的としないもの
・利用者の気分を害するため
5. 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿



156 :■■■■終 了■■■■:04/09/18 20:07:54 ID:d30HN13I
誘導

民族・神話板

http://academy3.2ch.net/min/

157 :マンセー名無しさん:04/09/18 20:12:57 ID:PppHDy+Z
ここは教育熱心なインターネットですね

158 :マンセー名無しさん:04/09/18 20:59:01 ID:47LNcK3m
>>157
傍で見てると、人工知能の構築しているみたいだよ。

159 :マンセー名無しさん:04/09/18 21:56:59 ID:syUcfNzP
漏れはxOWVTKnc=d30HN13I=鮮人だと思うが、まあその通りなんだろうな。

160 :マンセー名無しさん:04/09/19 01:50:26 ID:b1ta5vmx
馬韓が日本より、進んでいた根拠を日本側の記録に求めるなよ。
魏志東夷伝に、ハッキリ>>57出ているんだからさ。
先進的な文明を持った民が逃れてきて住み着いても、知識の継承に
失敗して、跪拝の礼も知らず、背中の皮に穴を空けて縄を通して
家畜の様に働く野蛮人に成り下がったのなら、もっと情けないぞ。

161 :マンセー名無しさん:04/09/19 02:50:42 ID:b1ta5vmx
辰韓・弁韓はそれぞれの小国がモザイク状に入り混じっており、
とても正確な国境線を引ける状態ではなかった。
なぜ、辰韓・弁韓と分かれているのかと言うと、辰韓は秦系の人々
弁韓は斉系の人々が、それぞれ集まって国を作ったから若干言語の違い
が有ったらしいが、馬韓は全くの別言語と言って良かったらしい。
まあ中国大陸から流れてきて、馬韓から土地を分けてもらって住み着いた
のだから当たり前だけどね。
弁韓・辰韓の諸国は、大陸と日本列島の中継貿易の要衝として結構羽振り
が良かったらしく、馬韓より文化的生活を送っていた様です。
以上のソースは>>46で紹介されている本です。

162 :マンセー名無しさん:04/09/19 03:04:35 ID:MhRFFxb4
スレ違いなんだしとっとと放置しろ

163 :マンセー名無しさん:04/09/19 06:52:09 ID:gHXBWKXM
d30HN13I,MhRFFxb4は馬鹿だな。

相手してくれている人がいるおかげで、他のスレが安泰なのがわからんのか。

>>159
xOWVTKncは、「在日」というコテハン(?)ですよ。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 10:12:00 ID:1XSoniQF
>>151
じゃあなぜ新羅の奴とスサノオを混合させたんだ?
それが神話にでてくるんだろ?

165 :マンセー名無しさん:04/09/19 12:32:49 ID:suP3D8pa
>>164
>>123

166 : ◆PWJOB22222 :04/09/19 12:36:52 ID:TTZ/YsmF
>>163
北タソ(*)と同一? > ID:xOWVTKnc

現在、朝鮮半島にいる人達がどれだけの過去資産を
紡いでいるか眉唾過ぎるが。第一、半島の中の人達が(tbs

いいとこ李氏朝鮮が限界か?(藁

167 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 12:48:21 ID:1XSoniQF
>>165
スサノオの事を知っていた奴という事は
そいつが自身をスサノオと言っていたという資料があると?

168 :マンセー名無しさん:04/09/19 12:51:38 ID:suP3D8pa
ない。
それは単なる憶測にすぎません。

169 :もうだめポニック ◆2q5jeL6s4M :04/09/19 12:52:01 ID:nRyYk7PV
ちょっと、>>1が見えないってどういうことよ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 12:57:03 ID:1XSoniQF
>>168
165がスサノオの神話を知っていた奴と言っているぞ。


171 :マンセー名無しさん:04/09/19 13:01:35 ID:suP3D8pa
そんなことは言ってない。ゆっくり声に出して読んでみようよ。

そう考えたほうが、合理的

・・・だと言っているだけ。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 13:03:06 ID:1XSoniQF
>>171
じゃあ神話では、そいつとスサノオを同一人物だと書かれているんだな?

173 :マンセー名無しさん:04/09/19 13:07:39 ID:suP3D8pa
同一人物 と し て 書かれている。

174 :マンセー名無しさん:04/09/19 13:08:41 ID:Qe6cduxa
それ以前に熊だろ熊の亜種

175 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 13:10:27 ID:1XSoniQF
>>173
で、スサノオというのも、その時初めて書かれたのか?
つまりその同一人物だと書いた時に初めて。
スサノオというもの自体がでてきたのが。

176 :マンセー名無しさん:04/09/19 13:16:03 ID:suP3D8pa
質問の意味がわかりません。
その時とは「日本書紀が編纂された時」ということですか?


177 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 13:19:16 ID:1XSoniQF
>>176
いや、だから新羅の奴の事がスサノオとして書かれた時に
スサノオというのも初めてでてきたのか?
それとも、元々スサノオ神話があって、そしてある時期に
このスサノオの神話は、ここにある資料の新羅の奴だろうという
事で、新たな資料に書かれたと?


178 :マンセー名無しさん:04/09/19 13:38:21 ID:suP3D8pa
ちょっと待て。
「新羅の奴」というのは決定していなかったよね。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 13:39:17 ID:1XSoniQF
>>178
新羅と何らかの繋がりがあったのは確かだと見たぞ。


180 :マンセー名無しさん:04/09/19 13:47:44 ID:suP3D8pa
じゃあ、こんな感じかな

・元々の神話の登場人物
      +
・かなり後年になって日本に渡ってきた別人物(中国人か日本人か新羅人が不明)
      ↓
日本書紀に登場するスサノオ

181 :はんなり人:04/09/19 13:47:56 ID:CuITTBzu
>>164 は
明らかに”いつもの”厨房ですので
説明など無駄なのですが・・・w

「習合」という現象が
神話の世界では多く発生します。
簡単に言うなら異文化間で
神を翻訳したようなものです。

例えば京都八坂神社の場合は、
元々疫病を鎮めるために祀った牛頭天王に、
「蘇民将来伝説」の疫病神でもある
スサノオが習合された形です。
更に牛頭天王の原型は、
バビロニアのバール神とも言われています。

このように異文化間で似た性質をもつ神を
同一視して伝播する事が多くあるのです。


>>164 が神だったらアザトース神と
習合してやりたいところです。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 13:52:18 ID:1XSoniQF
>>180
スサノオとはいったいいつ頃から資料にかかれたんだ?
新羅の奴の後に書かれたのか?
>>181
つまり神話は異文化と日本との交わりを神に例えたと?

183 :マンセー名無しさん:04/09/19 13:56:10 ID:suP3D8pa
かなり後年になって日本に渡ってきた別人物(中国人か日本人か新羅人が不明)も
いつの事かわからない。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 13:57:04 ID:1XSoniQF
>>183
じゃあいつ頃か分からないのに、どうしてスサノオと同一人物ではないと?

185 :マンセー名無しさん:04/09/19 14:03:12 ID:W8gJyC6Z
>>184
悪魔〜の証明〜♪

186 :マンセー名無しさん:04/09/19 14:06:53 ID:suP3D8pa
「別人物(中国人か日本人か新羅人が不明)」が「日本に渡ってきた」のが
『かなり後年』だから。

187 :はんなり人:04/09/19 14:11:56 ID:CuITTBzu
>>182

スサノオは天津神です。
国津神(土着神)ではありません。

その天津神の中でも更に異質なのがスサノオです。

スサノオ神は海の神(海=外国)であり、
また黄泉の国・疫病(外国から来る)の神でもあり、
更にヤマタノオロチの伝説は
「鉄」や「名剣」と関わりがあります。
アマテラスに死んだ牛を投げつけた伝説は
「生贄」の異質な祭事を想起させます。

新羅と無理やり結び付けるには難がありますが、
渡来人を想起させる事象が多いのは事実です。

但しスサノオは「異質」過ぎて
放逐された神である事を考える必要があります。

アマテラス神の直系の流れを引く大和朝廷にとって
スサノオがあまりにも異質な性質を持っていたという事は、
渡来系が大和朝廷内で主流派でなかった事になります。

スサノオ神話は「渡来系との軋轢」が
歴史的にあった可能性を仄めかしています。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 14:12:04 ID:1XSoniQF
>>186
しかしいつかは分からないのなら、かなり後年という事が
なぜ分かるんだ?

189 :マンセー名無しさん:04/09/19 14:22:50 ID:suP3D8pa
それも昨日、教えてもらったでしょ(・∀・)読み返してみよう!
>>115-154

190 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 14:24:22 ID:1XSoniQF
>>187
じゃあなぜ新羅だろうと思われているんだ?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 14:25:44 ID:1XSoniQF
>>189
じゃあスサノオというのはかなり古くから資料にかかれていたというのか?


192 :マンセー名無しさん:04/09/19 14:36:28 ID:suP3D8pa
伝承・伝説の世界の年代を特定するのは不可能。
それほど昔ってことだよ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 14:40:18 ID:1XSoniQF
>>192
スサノオ自体、渡来人の事と同列に書かれた時に初めてでてきたんだろ?


194 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 14:50:11 ID:1XSoniQF
つまりこうだ。
        スサノオ神話が登場。
             ↓
        出神で渡来人の影響
             ↓
        天皇が史書に書くよう命令
             ↓
        この渡来人は神話にでてきた場所にいるので
        スサノオだな。
こう言う流れなのか?

195 :マンセー名無しさん:04/09/19 14:53:33 ID:suP3D8pa
>>193
渡来人の事と同列に書かれた時

・・・とは?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 14:56:51 ID:1XSoniQF
>>195
つまり何らかの史書に渡来人とスサノオが同一人物とかかれているんだろ?
その史書が神話史書だと?
それならその史書にスサノオがはじめてでてきたのか?
それともそもそもその史書の前に神話があって、それにスサノオがでていると?

197 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:21:31 ID:suP3D8pa
「渡来人とスサノオが同一人物とかかれて」いるわけではない。

日本書紀に登場するスサノオは

・元々の神話の登場人物
      +
・かなり後年になって日本に渡ってきた別人物(中国人か日本人か新羅人が不明)

であろう、ということ。

あとこれを読んでおくこと↓

日本書紀
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9B%B8%E7%B4%80

日本神話
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1

198 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:25:18 ID:UBNKYa0H
板違いですよ


199 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 15:29:39 ID:1XSoniQF
>>197
つまり日本書紀以前に神話の資料があって、それにスサノオが書いてあった。
それを後の日本書紀に、渡来人の様子がかかれているから
これがスサノオではないかと言われだしたと?

200 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:33:55 ID:suP3D8pa
・一行目は ○

・二行目について〜日本書紀に書かれているスサノオは↓ざっとこんな感じ、渡来人は関係ない
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1#.E3.82.A4.E3.82.B6.E3.83.8A.E3.82.AD.E3.81.A8.E3.82.A4.E3.82.B6.E3.83.8A.E3.83.9F

201 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:35:01 ID:UBNKYa0H
ID:1XSoniQF
ID:suP3D8pa
↓逝け
http://academy3.2ch.net/min/

202 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:36:41 ID:Y52V+TfG

                                        __
                            _____      /|:\  ブシュ!
                            〔:::--――=― /::|/ ̄  ∧_∧
                            \\     r/| |::/ __(  >>1)+‘,,
                      __/ヽ__\::\__/|::::| |/ 〔:::-―|  =―:;:;;:;:、。: 
                      \:::::::::::::::::::::::\ :〕::| |:::::::ヽ\\  U| |  )"
                     ―==⊃ ̄ ̄ヾ//=-::::::/   \\ し´し´
                         \:::::/ /::〔:::〕:〔::゚<〔||〕<――---'::〕      _
                 _    _     \::: ,,_::::::_,,=-:::-= ̄ ̄ ̄     / ヽ,
                /:::\/__'ヽ      ヽ/::/::::::-ヾ::ヽ._        /::/ヾ:::ヽ.    
               /__/ヽ__ヽ/ ヾ::ヽ     〔_〔__/ //\._〕       /__/  ヽ.ヽ   
              /::::/ /_ヾ::ヽ ヽ_ヽ.   /::/ /::/     ヾ::/ ヽ,      /:::/     ヾヽ 
             / /  /::/ ヽ_\ ヾ::ヽ/__/ /__/       ヽ./:ヽ_/|.  /___/      'ヾ.ヽ
            /::/  /_/   ヾ:::\ ヽ_ヽ/ /:::/         ヾ::/__|  /:::::/       ヾヽ.
            //  //     \ ソヾ:ヽ/__/            ヾ:::ヽ ̄/        \\ 
           /   /         ヾ___〕ヾ__〕              〔::::/          \ヽ


203 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:39:06 ID:EnbwX++H
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202

http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202


http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095345272/1-202

204 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 15:40:06 ID:1XSoniQF
>>200
しかしイザナミのいる黄泉の国に行きたいというのは
それは渡来人であることを表しているのでは?

205 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:42:09 ID:XEbzI49x
>>204
>>200
しかしイザナミのいる黄泉の国に行きたいというのは
それは渡来人であることを表しているのでは?


206 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:43:07 ID:XEbzI49x
>>204
   /::::::::::>、_
      ,:::::::::::/   i::ヽ          ,. -'""~`;
     ./:::::::::/    .i::::::i ,.:‐:.、 li lヽ /     l    
     l::::::::::i .i.    l::::/:::::::ー:::‐:::::::l        |     
     |:::::::::|. |     |::::::::::::;::::::‐::::::::'、  |      l  
 /  /::::::::::| i'     i'::;/:::::::::::::::::::::::ヽ. l     |
 i`::‐::::::::::::::!i'     i'V:::::::::::::::::::::::::::::::::::i.l     l
 \::::::::::::::::::i     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     |
   /:::::::::::::|     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、    l
  /:::::::::::::::::::i     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |
 i:::::::::::::::::::::|     |:::::r‐_ノ‐´―::::::´::::ノ::::::::ヽ  l
 !;;::::::::::::::::::|     ト::/ ゞi;;ニ> ー‐‐イ::::::;::;) /
  i::::::::::::::::|     .L,!::!  `" ^´ ,i;;iヲ;''ノ:::::;;ノ  / 
 , ):::::::::::::;l     !:;:: `     i`´/:::;;;;/  // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ‐;:::::::::::|     l/ :.   .'、_ '´, ' イ、    / |
  ー‐´!::;!     li、 `、 `‐´ イ:::::::::ヽ   l<  呼んだ?
      |   i  .l;;;i  `ト::::::::::::::::::::::::::::/  |  |
      |   i'   l;;;;ヽ_ i::::::::::::::::ノ::::::ノ   l.  \________
     .|.   i   .i;;;;li;ヽヽ!、_,,,,       /
      !                 ゙'、丿 
      i             ゙'‐.、   ゙'- 、
       !、               ゙-、    '‐ 、_
      

207 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:46:13 ID:dr7Abzd/
チョンが「スサノオはウリの国出身ニダ!」と主張して譲らない、ということでよろしいか?

チョンて日本大嫌いなはずなのに、どうにかして日本に絡もうとするよね…

208 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:46:51 ID:suP3D8pa
どうして「黄泉の国に行きたい」となると「渡来人」になる?

209 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:48:38 ID:hlVDSsFL
このスレはお前らの日記スレじゃないぞ

210 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:51:25 ID:EnbwX++H
>>208
黄泉の国

ttp://wonderful.at/2ch/img/12.jpg
ttp://wonderful.at/2ch/img/13.jpg
ttp://wonderful.at/2ch/img/14.jpg


211 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:52:26 ID:suP3D8pa
>>209
ふーん、>>19ここだったらいいの?

212 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:56:12 ID:eGur7I3P
>>211
内容が板違いだし (  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ
在日は頭が弱いし自分勝手だね。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 15:57:31 ID:1XSoniQF
>>210
なるほど。どこまでも日本の話であり、スサノオと新羅の繋がりにおいて
日本書紀に記されている一説にしても、それは日本から渡り
返ってきただけで、新羅出身や渡来人ではない事は明らかだ。
とにかく日本の中の出来事がかかれているにすぎないと?
本当にその程度にしか新羅との繋がりはかかれていないのか?

214 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:59:16 ID:eGur7I3P
>>213
で 続けるの? オナニーをw

215 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:59:28 ID:dr7Abzd/
>>210は変なところに飛ばされるので踏んじゃだめ。

>>208
まあ半島は地獄のようなところだから、当たって無いこともないけどw
塚、チョン自ら「黄泉の国=半島」と認めてどうするw

216 :マンセー名無しさん:04/09/19 15:59:59 ID:Y52V+TfG
>>213
なんで名無しなのIDでばれてるよw

217 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:00:30 ID:Y52V+TfG
>>215
飛ばされればw
荒らしなんだから

218 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:01:51 ID:6xUSCaD3
sageて地下スレでやれば良いのに。
ageてるしさ〜 カマッテチャンか?

219 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:05:39 ID:PgFeQbL3
摂取するなら目立たないスレ使った方がいいぞ。
変なのが荒らすだけだし。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 16:10:10 ID:1XSoniQF
当たっているのか?213に書いた事は。

221 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:11:09 ID:PgFeQbL3
>>220
わぜと荒らしを煽ってるの?

222 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:11:46 ID:suP3D8pa
>>213
今日はもうやらない。他人の迷惑になっているようだから、こういうのはごめんだ。
こんどからsageでやったほうがいいよ。

223 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:13:04 ID:Y52V+TfG
           ヽ,   `、ニ ミ   ,     ユ、 フ/        \
   興  良    i  {、__,,イ,,ゝク~‘~ム,((,,、     |           |
   味  ス  祭 |  `‐-rV(      V  ヽ, ミ |  一  行  こ ..|
   が  レ  り |   rク   ,,} ((ヽ、  ,,ム   |  方  わ  れ |
   な  も  も |    く, ,,ノ刄 ,〉フー-、 々ミ |  的  れ  か  |
   い  オ    |     ヒ-t_.t) / ftiァラ) )ー-‐|  な  る  ら  |
      レ    |     く   ;| !      レマ |  荒  の     |
      に    ヽ     !  ;;;| ,、      ミ‐t_,|  し  は     |
      は  /      ..k,,ノア`イヾrヽ   ヽミ..| |  さ        |
\____,,/        .| ヒニ二^_;フツ  チ  | |           |
                 .‖ ヽ___,,,   ,,ミ,  | |          丿
                  `、        ,/   ..\|        /
                   "、,,   _/  ,-‐へ、、''ー-、_,, /
                     T~厂;;;  / ̄ ̄  \,,
                    /|十   (       、_k_,,-―‐''Y
               ,,,,,--‐'" / /   \   ノ/       t‐-`}


224 :RX-77安崎 ◆8vgyqvA3/A :04/09/19 16:14:45 ID:yhGqWxYN
あぁ、しょい氏の粘着か。

712 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:04/09/19(日) 13:32:44 ID:Y52V+TfG
深夜の徘徊キチガイしょい

225 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:16:19 ID:Y52V+TfG
>>224
しょい氏だってw
仲間かよ プダサ

226 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 16:21:51 ID:1XSoniQF
>>222
どうなんだよ?あってないのか?

227 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:23:25 ID:kyMz3HoA
>>226
うるせーよ キチガイ

228 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 16:25:16 ID:1XSoniQF
>>227
せっかく書いているだろ。

229 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:27:24 ID:eGur7I3P
>>228
>せっかく書いているだろ。

  ( ゚Д゚)ハァ?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 16:30:49 ID:1XSoniQF
>>229
213だ。まとめているだろ。

231 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:36:39 ID:b1ta5vmx
>>230
自分で、日本書紀読めよ。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 16:40:54 ID:1XSoniQF
>>231
読んだんだよ。そしてまとめたんだ。
どなんだ?

233 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:42:42 ID:Y52V+TfG
>ID:1XSoniQF

アホの子ですか?

234 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:46:41 ID:b1ta5vmx
>>232
全部で何巻あった?>日本書紀。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 16:48:14 ID:1XSoniQF
>>234
かなりあるが、その焦点は、つまり神話にでてくる半島との繋がりについては
スサノオのみだろ?

236 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:48:58 ID:3U/7qqoV
こっちでも聞いてみる。
誰か見た人いる、この番組?

【強制】日テレで4様サブリミナル疑惑【ブーム】
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/news/1095578834/

237 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:50:24 ID:b1ta5vmx
>>235
読んだくせに知らないはずはない、五つ以上は
全部たくさんなのかお前は?
まあ、古事記が民族主義的な、竹内文献だと言った時点で
誰も信用しないよ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 16:51:47 ID:1XSoniQF
>>237
違う、半島との繋がりがあるのはスサノオだけだろ?
スサノオ関係は読んだぞ。

239 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:54:05 ID:b1ta5vmx
>>238
何が書いてあった?要点をまとめてみて。
ちょうど手元に日本書紀がある、嘘をついてもすぐ分かるからw

240 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:56:47 ID:H8DJZCaq
消えろよ糞チョン

>ID:b1ta5vmx
> ID:1XSoniQF


241 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:58:44 ID:Y52V+TfG
この2人は馬鹿なの?

242 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:59:14 ID:jboRbCEp
チョンチョンチョン

243 :マンセー名無しさん:04/09/19 16:59:30 ID:jboRbCEp
チョンチョンチョン
チョンチョンチョン
チョンチョンチョン


244 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 16:59:40 ID:1XSoniQF
>>239
まずイザナキとイザナミが何とか中国から降り立った。
そこで拠点としている例えなどいくつかでてくる。
そこで、スサノオなど三神はイザナミの子で、イザナキが
それぞれの地名を支配するように言われた。
しかしスサノオは黄泉の国に行きたいと言った。
黄泉の国もまた、地名だ。
日本書紀の一説では、新羅に行き、この地にはいたくないといい
また戻ってきたとある。


245 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:01:44 ID:uuvEmiQa
>>244
だから板違いだって

http://academy3.2ch.net/min/

246 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:03:36 ID:b1ta5vmx
>>244
そう、高天原から、新羅と呼ばれる土地に行ってみたものの
すぐに帰ってきたんだよ。
だから新羅出身が人間がモデルになったと言うのは推測にしか
過ぎないから証明も出来ない。

247 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:05:03 ID:sKBid83Y
>>246
駄駄駄駄駄糞駄駄駄駄駄駄駄駄糞糞糞駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄駄■■糞駄駄駄駄駄駄糞■糞駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄糞■■駄駄駄駄駄駄駄■■糞駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄糞■■糞駄駄駄駄駄駄糞■■糞糞糞糞■■糞駄駄駄
駄駄駄■■■駄駄糞糞駄駄駄糞■■■■■■■■■糞駄駄
駄糞糞■■糞駄糞■■糞駄糞■■糞糞糞糞糞■■■駄駄駄
糞■■■■糞糞■■糞駄駄糞■■■駄駄駄糞■■糞駄駄駄
糞■■■■糞糞■糞駄駄糞■■糞■糞駄糞■■■駄駄駄駄
駄糞■■■■■■糞駄糞■■糞糞■■糞■■■糞駄駄駄駄
駄駄糞■■■■糞糞駄糞■糞駄駄糞■■■■糞駄駄駄駄駄
駄駄駄糞■■糞糞■糞駄糞駄駄駄駄糞■■■駄駄駄駄駄駄
駄駄駄糞■■駄駄■■糞駄駄駄駄駄糞■■糞糞駄駄駄駄駄
糞糞糞■■■糞■■■■糞駄駄糞糞■■■■■糞駄駄駄駄
■■■■■■■■糞■■糞糞■■■■糞■■■■■■糞糞
■■糞糞糞■■駄駄糞糞■■■■糞糞駄駄糞■■■■■糞
糞糞糞駄駄■■駄糞糞糞■■■糞糞■糞糞糞糞■■■■糞
駄■■■糞■■糞■■糞■■糞駄糞■■■■糞糞糞糞糞駄
駄■■■糞■■糞■■糞糞糞駄駄糞■■■■■■糞駄駄駄
駄■■■糞■■駄糞■■駄駄駄駄駄糞糞■■■■糞駄駄駄
糞■■■駄■■駄糞■■糞駄駄糞駄駄駄糞■■糞駄駄駄駄
糞■■■駄■■駄糞■■糞駄糞■■糞糞糞駄駄駄駄駄駄駄
糞■■糞駄■■駄駄■■糞駄糞■■■■■糞糞駄駄駄駄駄
糞■■糞駄■■糞駄糞糞駄駄糞■■■■■■■■糞糞駄駄
糞■■糞駄■■糞駄駄駄駄駄駄糞糞■■■■■■■糞駄駄


248 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 17:05:41 ID:1XSoniQF
>>246
つまりどちらにしても日本出身である事は明らかで
新羅から来たのは、戻ってきたにすぎない事も確かだと?
じゃあその韓国の学者は何を根拠に新羅を強調していると?

249 :■■■■終 了■■■■:04/09/19 17:06:04 ID:sKBid83Y
名前:マンセー名無しさん
>>213
今日はもうやらない。他人の迷惑になっているようだから、こういうのはごめんだ。
こんどからsageでやったほうがいいよ。

今日はもうやらない。他人の迷惑になっているようだから、こういうのはごめんだ。
こんどからsageでやったほうがいいよ。

今日はもうやらない。他人の迷惑になっているようだから、こういうのはごめんだ。
こんどからsageでやったほうがいいよ。

今日はもうやらない。他人の迷惑になっているようだから、こういうのはごめんだ。
こんどからsageでやったほうがいいよ。

250 :■■■■終 了■■■■:04/09/19 17:06:28 ID:sKBid83Y
駄駄駄駄駄糞駄駄駄駄駄駄駄駄糞糞糞駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄駄■■糞駄駄駄駄駄駄糞■糞駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄糞■■駄駄駄駄駄駄駄■■糞駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄糞■■糞駄駄駄駄駄駄糞■■糞糞糞糞■■糞駄駄駄
駄駄駄■■■駄駄糞糞駄駄駄糞■■■■■■■■■糞駄駄
駄糞糞■■糞駄糞■■糞駄糞■■糞糞糞糞糞■■■駄駄駄
糞■■■■糞糞■■糞駄駄糞■■■駄駄駄糞■■糞駄駄駄
糞■■■■糞糞■糞駄駄糞■■糞■糞駄糞■■■駄駄駄駄
駄糞■■■■■■糞駄糞■■糞糞■■糞■■■糞駄駄駄駄
駄駄糞■■■■糞糞駄糞■糞駄駄糞■■■■糞駄駄駄駄駄
駄駄駄糞■■糞糞■糞駄糞駄駄駄駄糞■■■駄駄駄駄駄駄
駄駄駄糞■■駄駄■■糞駄駄駄駄駄糞■■糞糞駄駄駄駄駄
糞糞糞■■■糞■■■■糞駄駄糞糞■■■■■糞駄駄駄駄
■■■■■■■■糞■■糞糞■■■■糞■■■■■■糞糞
■■糞糞糞■■駄駄糞糞■■■■糞糞駄駄糞■■■■■糞
糞糞糞駄駄■■駄糞糞糞■■■糞糞■糞糞糞糞■■■■糞
駄■■■糞■■糞■■糞■■糞駄糞■■■■糞糞糞糞糞駄
駄■■■糞■■糞■■糞糞糞駄駄糞■■■■■■糞駄駄駄
駄■■■糞■■駄糞■■駄駄駄駄駄糞糞■■■■糞駄駄駄
糞■■■駄■■駄糞■■糞駄駄糞駄駄駄糞■■糞駄駄駄駄
糞■■■駄■■駄糞■■糞駄糞■■糞糞糞駄駄駄駄駄駄駄
糞■■糞駄■■駄駄■■糞駄糞■■■■■糞糞駄駄駄駄駄
糞■■糞駄■■糞駄糞糞駄駄糞■■■■■■■■糞糞駄駄


251 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:08:07 ID:U38B5Hh1
自作自演スレですか?

252 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:08:29 ID:b1ta5vmx
>>248
それは、その韓国の学者に聞いてくれ。

253 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:10:37 ID:U38B5Hh1
>>252
まだ続けるの?何必死になってるのか教えてよ。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 17:11:17 ID:1XSoniQF
>>252
じゃあ話は変わるが、そもそも韓を作った連中というのは
稲を持っていただろ?温かい場所じゃなくても育つ水稲だったな。
じゃあ越人こそが温かい場所でしか育たない稲を持ってきたと?

255 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:12:05 ID:U38B5Hh1
          ∧∧      /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∫    /中 \    <  早く謝罪と土下座。補償するアルよ゙
     ~━⊂( `ハ´)つ-、 \__________
      ///中華/_/:::::/     
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------| |   


256 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:13:12 ID:1+FmoIZF
>>254
sageろよ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 17:13:48 ID:1XSoniQF
>>256
来るのか?人は。

258 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:14:52 ID:b1ta5vmx
>>254
箕子が稲作を伝えたという、伝説すらありません。

259 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:15:19 ID:xd7t/zGT
>>257
なんだこいつ? ただの荒らしか ┐(゜〜゜)┌

260 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:15:22 ID:gHXBWKXM
ヴォケ

終わりにしたら、例えば経済スレとか歴史スレとか在日スレとかに拡散スレとかに
拡散するのが分からんのか

261 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 17:15:40 ID:1XSoniQF
>>258
越人が持ってきた稲は水稲だという事はないのか?
つまり弥生人が。

262 :もうだめポニック ◆2q5jeL6s4M :04/09/19 17:15:57 ID:nRyYk7PV
ここは何のスレですか

263 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:16:11 ID:rSwIyjGg
ID:1XSoniQF
  ↑
マジで在日です。

264 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:16:53 ID:rSwIyjGg
>>262
日本語が通じない在日のスレみたい。

265 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:18:02 ID:b1ta5vmx
>>261
越人や弥生人達が、韓を作ったと証明するほうが先。
最後の箕子朝鮮王が、韓王を名乗った伝説だけなんだから。

266 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:18:51 ID:Y52V+TfG
お前ら何時間続けてんだ?


267 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 17:21:46 ID:1XSoniQF
>>265
越人こそが弥生人だろ?
紀元前三世紀から弥生時代とあるから、四世紀末の流民ともあるので
そこで越人=弥生人じゃないか?
韓はその前の紀元前五世紀頃の流民とある。
越人が水稲を持ってきていたのなら、結局この五世紀頃の韓が
日本に持ってきたとは言えないのか?

268 :はぽねす ◆BBx90lwzdU :04/09/19 17:23:52 ID:cB0ZW9Q1
水稲の伝来が5世紀って(笑)。

縄文時代だよ。

269 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:24:28 ID:ubGbdMbZ
ID:1XSoniQFって、どこかのスレで、
檀君朝鮮はあったとか言ってた人でないか?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 17:24:46 ID:1XSoniQF
>>268
待てよ。じゃあ韓の稲というのは何だよ?

271 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:26:41 ID:b1ta5vmx
>>267
論理が飛躍しすぎです、サイトから情報を拾ってきて
ツギハギで理論を組み立てるからそうなる感じですな。
>越人=弥生人じゃないか?
これは、分かりますが。
>韓はその前の紀元前五世紀頃の流民とある。
これは、どこで聞いてきたんですか?
古代中国の韓と朝鮮半島の三韓は別物ですよ。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 17:30:32 ID:1XSoniQF
>>271
春秋・戦国時代の華南での闘争、すなわち呉(南アジア人)と楚(北アジア人)、
呉と越(南アジア人)、越と楚、それに小国家も巻き込んだ戦乱は一挙に大流民を
生んだ。それは、呉が滅亡した紀元前五世紀の前半から加速したと思われる。
彼らは半島西岸や南岸にたどり着き、そこで「韓」と呼ばれるまとまりを成した。
これを辰国と言う。彼らは稲作と漁撈の民である。
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r18-79.htm

273 :はぽねす ◆BBx90lwzdU :04/09/19 17:32:12 ID:cB0ZW9Q1
伊勢神宮の伝承だと「斎の国から天照大神の手で運ばれてきた」だっけ?
韓は春秋時代のことだろ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93


274 :はぽねす ◆BBx90lwzdU :04/09/19 17:47:04 ID:cB0ZW9Q1
あー、それと『静岡大学 佐藤洋一郎 遺伝子 伝来』あたりのキーワードでググってみろ。
日本への伝来ルートが中国メインてーのがわかるから。

275 :マンセー名無しさん:04/09/19 17:49:02 ID:b1ta5vmx
>>272
これも一説にしか過ぎません、他にも>>161の様な説も有りますので
春秋時代の韓と、半島に渡った韓との遺跡の比較による証明か、
史書による記録が必要です。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 17:58:17 ID:1XSoniQF
>>275
しかし中国から渡ってきたという点は共通しているんだろ?
なぜその韓と倭人を区別するんだ?
あと倭自体中国がつけたんだよな?
越も中国がつけたなら、なぜ中国は越から倭に変えたんだ?
ウォ=ワァなので、越人が倭だと認識していたという事なのに。



277 :マンセー名無しさん:04/09/19 18:05:56 ID:b1ta5vmx
>>276
現時点では越=韓(半島)は証明されていません。
半島に関する最古の記録では、史記の蘇秦列伝に地名として
登場するだけで、朝鮮列伝でも戦乱から逃れて来た人々が居た
とは書かれてなかったと記憶しております。
もし、そういう記述があるのでしたら、教えてください。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 18:08:24 ID:1XSoniQF
>>277
じゃあ韓が登場するのと、那が登場するのは時期は
韓の方が早いのでは?


279 :マンセー名無しさん:04/09/19 18:11:23 ID:b1ta5vmx
>>278
那?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 18:12:03 ID:1XSoniQF
>>279
ようするに那国。倭の事だ。

281 :マンセー名無しさん:04/09/19 18:17:18 ID:b1ta5vmx
>>280
那国は知りませんが、奴国が史書に登場するのは金印を
授けられた記述くらいで、いつ建国したかは分からなかった
と思いますが。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 18:18:45 ID:1XSoniQF
>>281
ああ、間違った。奴国だ。倭人。

283 :マンセー名無しさん:04/09/19 18:20:28 ID:b1ta5vmx
>>282
まあ、奴国登場時、韓の代表は邑君(集落の長)に比べ奴国は王。
格が違いますw

284 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 18:26:49 ID:1XSoniQF
>>283
じゃあなぜ倭じゃなく越というように中国は書かなかったんだ?
中国も倭を越だと分かっていたはずなのに。
それは発音もほぼ共通しているからだ。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 18:27:53 ID:1XSoniQF
それに王という根拠は金印だろ?
それは魏に朝貢した結果、評価されて王にされただけでは?
だから格は同じかもしれない。

286 :マンセー名無しさん:04/09/19 18:30:44 ID:b1ta5vmx
>>284
倭=越と言うのも、現代の研究によって明らかになった事と思われます。
史書に明確な記述が有ったとは、私は知りません。
大史公司馬遷様に、そこまで求めるのは酷と言うものです。

287 :はぽねす ◆BBx90lwzdU :04/09/19 18:30:49 ID:cB0ZW9Q1
奴国には金印。
現在の朝鮮半島にあった集落に与えられたものはなんだったか、さぁ調べてみよう!

288 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 18:33:40 ID:1XSoniQF
>>286
しかし倭が越だと分かったなら、なぜそのように変えたんだ?
越のままでいいだろうに。
>>287
与えられていたのか?何を与えられていた?

289 :マンセー名無しさん:04/09/19 18:34:41 ID:b1ta5vmx
>>285
時代によって違いがありますが、いくつかの邑を束ねた者が
王だったように思われますが。
しかも記録に残るのは、可也の大国でないと難しいかと・・・。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 18:37:47 ID:1XSoniQF
>>289
じゃあ越がそれほど優れた国家だったという事か?

291 :マンセー名無しさん:04/09/19 18:39:50 ID:b1ta5vmx
>>290
倭=越はまだ評価は定まらず、確定事項では無いかと存じます。
最新の研究を当たってください。

292 :はぽねす ◆BBx90lwzdU :04/09/19 18:48:40 ID:cB0ZW9Q1
漢代に印が与えられた例

金印=奴国など
銅印=烏丸族など









泥印=楽浪郡(朝鮮半島)

293 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/19 18:51:30 ID:1XSoniQF
>>291
しかし発音はウォ、ワァなのだから、偶然ではないだろ。
>>292
待てよ。楽浪郡は漢が設置したんだろ?
なぜ印を送る必要があるんだ?

294 :マンセー名無しさん:04/09/19 18:56:14 ID:b1ta5vmx
>>293
残念ながら、漢字では発音までは分かりません。
漢字は意味は一つですが、読み方はその土地、その時代マチマチです。
絶えず、変化するものです。
印は貿易の決済に使うから、双方に必要です。

295 :マンセー名無しさん:04/09/19 19:50:29 ID:suP3D8pa
●今日の復習

スサノオは神話の世界の話で、どこの人かわからない。
神話を根拠にしてはいけません。

−−−−この話はおしまい−−−−−

●宿題

>>274をやっておくこと


296 :マンセー名無しさん:04/09/19 23:33:34 ID:VybFq+2Q
スレ立ててやれば。

297 :マンセー名無しさん:04/09/20 02:57:38 ID:oaHfn8Ev
一晩放って置いたらすんごいことになっとるなあ。
昨日逃亡したと思ったらこっそり復活してたのね……。

298 :マンセー名無しさん:04/09/20 11:21:26 ID:J/2TY/Gn
全然こっそりじゃないよぅ

299 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/20 18:31:31 ID:4Tx/gV53
>>294
印を送っているんだろ?楽浪郡に。
中国の一部なのに、なぜ送るんだよ?
楽浪郡は中国じゃなかったから、印を送ったのでは?

300 :マンセー名無しさん:04/09/20 18:39:00 ID:155ZL1p2
>>299
さん?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/20 18:40:12 ID:4Tx/gV53
>>300
何だ?

302 :マンセー名無しさん:04/09/20 18:42:40 ID:155ZL1p2
おお、さんか

303 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/20 18:46:19 ID:4Tx/gV53
>>302
何を言ってんだ、俺だろ。いつもの。


304 :マンセー名無しさん:04/09/20 18:52:35 ID:GPUcGfcg
>>302
初めてスレの在日だよ。暇もてあましてて時間つぶししたいなら遊んであげてw

305 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/20 18:53:27 ID:4Tx/gV53
>>304
今日は日が暮れてしまった。ロードオブザリングを全作見ていたので
もう今日は終わりだ。


306 :マンセー名無しさん:04/09/20 19:39:55 ID:ZTbPpI3I
>>292
>泥印=楽浪郡(朝鮮半島)

楽浪之ワイ(シ+歳)王之印じゃなかったっけ、それ。

307 :マンセー名無しさん:04/09/20 19:41:11 ID:155ZL1p2
あらら、遊んであげようとおもったら飯食ってる間に帰ったか。

308 :マンセー名無しさん:04/09/20 23:10:05 ID:g4wfg09D
>>305
ageるなアホ

309 :マンセー名無しさん:04/09/21 00:15:05 ID:xXecx5ry
都合が悪くなってくるとレスが途切れて長〜い作戦タイムになるのが面白い。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 09:46:20 ID:63elxAEP
>>306
つまり楽浪郡じゃなく、楽浪にいるワイにあげたと?

311 :マンセー名無しさん:04/09/21 09:48:59 ID:WjPD4MaR
お前中国板で知識仕入れて来たらどうだ?

312 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 10:11:52 ID:63elxAEP
>>311
楽浪というのは楽浪郡前からあったという事だろ?

313 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:13:26 ID:4Gm2GNxU
>>312
地名。


314 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:15:50 ID:WjPD4MaR
>>312
ここんとこ内容が「朝鮮半島も巻き込んだ中国史」になってんだよ
中国史から朝鮮の優位性を示したいなら、それ相応の知識くらいは身に付けたらどうだ?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 10:18:19 ID:63elxAEP
>>313
なるほど。じゃあ別民族に対しての印か。
今まで話してきた事からすると、中国の場合は
4000年の歴史か?
中国を支配してきた国々が中原以外に拠点があるのなら
中原を現在の中国人が支配すると
今までの歴史を継いでいるといえるだろう。
しかし中原のみにその国の存在が確認できないとすると
次の国が中原を支配すると、前国は滅ぼされているので
現在の中国人が支配していても、過去の歴史との繋がりは
どう説明するんだ?


316 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 10:20:00 ID:63elxAEP
>>314
まあ待て、その難題を解く鍵は高句麗にある。
のちほど話さねばなるまい。


317 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:24:58 ID:4Gm2GNxU
>>315
過去の歴史との繋がりを説明するために、かなりの国力を割いてまで
歴史書を編纂するんですよ。
読まない人には、それがはからんのですよ。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 10:28:00 ID:63elxAEP
>>317
おまえらがよく言うだろ?百済は滅ぼされたのだから、繋がりはないと。
つまり朝鮮半島を中原として置き換えた場合、今まで中原を支配してきた
国々と全て繋がりがないと、4000年の歴史とは言えなくなる。
日本はアイヌを滅ぼしたから、アイヌと日本の歴史を区別しているのか?

319 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:30:32 ID:4Gm2GNxU
>>318
アイヌ族は、記録としての歴史は残してないと思うよ。

320 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:31:54 ID:4Gm2GNxU
その論で行くと、三国史記以前の記録が無いから
朝鮮人独自の歴史は新羅からだな。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 10:34:41 ID:63elxAEP
つまりアイヌの国と共存したのか、征服したのかは定かではないと?
じゃあ中国の場合は結局どうなってしまうんだ?

322 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:38:50 ID:4Gm2GNxU
>>321
つまり、歴史の記録を残した方と、残さなかった方では
残した側の言い分が圧倒的に有利と言うこと。
現在、韓国と中国で高句麗がどちらに帰属するか論争に
なってるけど韓国側が押しまくられて、殆ど有効な手段
が取れないのを見ても分かるだろ。

323 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:42:58 ID:WjPD4MaR
>>316
そこから始めろ
アイヌの話は日本史板で、中国史は中国板でやれ

324 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 10:49:00 ID:63elxAEP
>>322
それでは中国の歴史は4000年になるのか?
>>323
高句麗は日本の装飾遺跡などでかかわりが示されている。
それに言葉も共通していた。
つまり日本にかなり影響を与えていたことになる。

325 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:51:40 ID:WjPD4MaR
>>324
共通の言葉とやらを「具体的」に挙げろ

装飾で関わりがあったなら日本が伝えたのかもな
違うと言うなら証拠を示せ

326 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:53:43 ID:4Gm2GNxU
>>324
もしも夏墟が発見されたら、5000年になるかもな。
どこぞの国と違いソースつきでw

327 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:55:40 ID:4Gm2GNxU
>>324
>それに言葉も共通していた。
このスレの上のほうでも言ってるけど、漢字からは分からないよ。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 10:58:05 ID:63elxAEP
>>325
言葉の共通性は前に見つかっていただろ。
欧米の学者が、日本語は高句麗の影響だと。
>>326
しかし重要なのは、中原を支配していた国々が
中原以外にも拠点があったのか?
それがなければ、中原に新たな国が君臨した時に
滅んだという事になるのではないか?

329 :マンセー名無しさん:04/09/21 10:59:10 ID:WjPD4MaR
コンクリート製の檀君陵とか作ってる間は歴史学なぞ
理解出来ないだろうなぁ‥

330 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:01:05 ID:WjPD4MaR
>>328
「具体的」の意味知ってるか?
そんなト学会系列の論文知らんな
主張したいなら自分で探せ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:07:20 ID:63elxAEP
>>327>>328
これを見ろ。
3 高句麗語:mit 日本語:mi 
5 高句麗語:ucha  日本語:itu
7 高句麗語:nanun 日本語:nana
10 高句麗語:t∂k/(t∂k) 日本語:to(towo)


海 高句麗語:nami 日本語:umi (日本語でnamiは波)

水 高句麗語:meid 日本語:midu 
深 高句麗語:puksie 日本語:puka (古日本語はhuはpuと発音した)
谷 高句麗語:tan s日本語:tani 
鉛 高句麗語:namu∂t 日本語:namari
口 高句麗語:kotsi 日本語:kuti



332 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:08:30 ID:4Gm2GNxU
「中原を支配する者が中華を支配する」というのは、ものの例えだ。
歴代王朝の都は、洛陽、開封、南京、北京等と結構変わっているの
を見れば分かる。

333 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:10:13 ID:WjPD4MaR
>>331
何で3がミ、なのに7がナナ何だ?
それなら7はナ(ナァ)だろ
10のトックとトウが一緒か?

これで良いならnameと名前で英語は日本語が起源ってのを主張出来るぞ

334 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:10:21 ID:4Gm2GNxU
>>331
高句麗による、表音文字を使った記録を持ってこない限り
信用できない。

335 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:12:55 ID:nwX31bMk
>>331
どっから持ってきた資料だそりゃw

336 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:14:25 ID:63elxAEP
>>332
じゃあつまり最終的にどの歴代国々も滅んでいなく
繋がりがあるわけだな?
>>333
数字だけじゃないだろ。谷とか色々書いている。
意味が同じもので、これだけ共通していれば充分じゃないか。



337 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:15:39 ID:63elxAEP
>>335
これだ。
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_8&nid=649157&work=list&st=&sw=&cp=7

338 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:18:20 ID:4Gm2GNxU
>>336
武力で簒奪した場合も有れば、平和的に禅譲した場合もある。
日本みたいに天皇家が、現在も残っているのは非常に珍しい。

>これだけ共通していれば充分じゃないか。
だから、表音文字による高句麗の記録を持って来い。


339 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:20:32 ID:g5Kzdpv8
なんでハン板追放されたアナルをみんなして構ってるの?

340 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:21:29 ID:63elxAEP
>>338
じゃあ中国はそれらもきちんと考慮した上で4000年と世界で認められているんだな?
表音文字とは?

341 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:21:56 ID:WjPD4MaR
>>336
お前本当に阿呆だなぁ
海と波が似てるから何よ?
単語がいくつか似てるから何よ?
>>334の言う通り、高句麗時代の発音でなきゃ意味ないだろ
万葉集は「現代朝鮮語」で読めるって阿呆な話を又したいのか?

342 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:24:49 ID:4Gm2GNxU
>>340
4000年の歴史を否定している奴って、誰かいるか?

アルファベット・カナ等、音を表す文字。
漢字は音ではなく意味を表す、表意文字。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:28:22 ID:63elxAEP
じゃあ上で書いたのは、当時の高句麗語ではないというのか?


344 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:31:05 ID:WjPD4MaR
それすらも分らない人間が何を主張したいんだ‥

345 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:34:59 ID:63elxAEP
なるほど。そういう事か。
で、天津神というのは渡来系を指しているわけだな?

346 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:37:55 ID:WjPD4MaR
何をどう繋げたんだ?
(おそらく)あってるよ

347 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:38:07 ID:4Gm2GNxU
>>345
神様は、人智を超えた別次元の存在。
いくら科学的(と本人が思っているだけの)な推理を積み重ねても、
証明することは出来ない。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:44:10 ID:63elxAEP
>>346
そもそも上記に示したのは、現在の繋がりじゃないだろ。
高句麗語だろ?
現在の北朝鮮でそう呼ばれているから高句麗語との共通だと
言っているだけだというのか?


349 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:44:33 ID:kqLNcMsl
>>337
自爆かw
それは、朝鮮語と高句麗語の関連性が極めて低いという話じゃないか。
朝鮮と高句麗、百済は関係ないと認めたんだな。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:44:36 ID:63elxAEP
>>347
しかし国津神と天津神は、国津が土着人のことなんだろ?

351 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:45:25 ID:WjPD4MaR
>>348
自分で調べて来い阿呆
何が間違っているのかすぐ分る話だ

352 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:49:20 ID:63elxAEP
何言ってんだ。あの言葉は古代の言葉だぞ。
つまり見つかっている高句麗のだろ。

353 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:52:34 ID:kqLNcMsl
>>352
>>337を最後まで100回読んでこい。

354 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:53:39 ID:4Gm2GNxU
>>350
存在の証明を具体的に出来ないものを、あれこれ推測しても無駄。
日本神話を否定すれば、史記の三皇五帝も否定しなければいけないから
歴史書を武器にした正当性を主張できなくなる。
日本書紀とは本来、対外国に対して、日本皇室の正当性を主張したもの。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:54:28 ID:63elxAEP
>>353
完全に高句麗語のいくつかが解明されていて
それを載せていると書かれているじゃないか。

356 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:56:26 ID:4Gm2GNxU
>>355
そいつが言ってるだけで、どうやって解明されたか書いてないぞ。
参考にした歴史書って、具体的に何なんだ?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 11:58:00 ID:63elxAEP
>>356
欧米の学者が解明したのに、そのでどころは分かってないと?

358 :マンセー名無しさん:04/09/21 11:59:26 ID:4Gm2GNxU
>>357
その欧米の学者って誰?
タイムマシンに乗って、高句麗に行ってサンプルを録音してきたのかw

359 :マンセー名無しさん:04/09/21 12:00:20 ID:WjPD4MaR
学者の国籍何か関係あるか
本当に事大主義が血として染み込んでんだなぁ

360 :マンセー名無しさん:04/09/21 12:05:00 ID:O7cXlSPY
>>353のはもともと娜々志娑无氏がハン板か総督府かに書き込んだもので、
娜々志娑无氏は「古代高句麗語の言葉はほとんどわかっていない」と断り書きを
していたはず。ようするに「完全にわかっている」とは程遠い。

361 :360:04/09/21 12:06:53 ID:O7cXlSPY
訂正。
× >>353のは
>>337のは

362 :マンセー名無しさん:04/09/21 12:07:58 ID:SMb6Bab0
おっと、在日くん、こんにちは。
で、結局君は何を主張したいの?

363 :マンセー名無しさん:04/09/21 12:08:47 ID:WjPD4MaR
元はソンセムニのものだったのか
なら妙なイチャモンつけっちゃったな

364 :マンセー名無しさん:04/09/21 12:40:24 ID:uqRkVKqx
話し言葉、読み言葉や書き言葉(識字)、これが理解できてないみたいね。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:03:25 ID:y/aKGx++
古代高句麗語のいくつかは解明されていると言っているだろ。
それを証拠は?というのなら、じゃあ遺跡が見つかっているが
それが本物かどうかの証拠は?と言うのと同じだ。


366 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:05:13 ID:WjPD4MaR
発音は分ってないんだよ
文字が分ってるだけ

367 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:07:57 ID:y/aKGx++
>>366
じゃあその文字だけでも、意味が同じ文字が共通しているのだから
高句麗語と日本語は共通していたと見るべきだろ。

368 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:13:01 ID:WjPD4MaR
めんどくさいな
お前自分で貼った>>337を良く読んだらどうだ?

369 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:14:30 ID:y/aKGx++
>>368
だから古代の言語じゃないか。それが全てではないが解明されているんだよ。
その資料からもってきている。



370 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:17:58 ID:WjPD4MaR
>>337より
>こうしてみると、朝鮮語は、日本語よりも高句麗語との類似性が低くく、
>同一の語族とはいえないか、同一語族だとしても、分裂時点が少なくとも
>数千年以内ではありえないということは、言語年代学からは断言できる
>(否定にはほぼ十分なサンプル数である)

371 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:19:27 ID:kqLNcMsl
これが>>337の結論だ。

こうしてみると、朝鮮語は、日本語よりも高句麗語との類似性が低くく、同一の語族とはいえないか、
同一語族だとしても、分裂時点が少なくとも数千年以内ではありえないということは、言語年代学からは断言できる(否定にはほぼ十分なサンプル数である)

ただし、日本語と高句麗語が近い縁戚関係にあるということも、語彙のサンプル数が少なすぎ、
なんともいえない

分かりやすく書いてやろうか?

朝鮮語は日本語に似ていないしそれよりも高麗語にも似ていない。

日本語と高麗語が似ているかどうかはデータが少ないから分からない。


372 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:21:30 ID:nwX31bMk
>>362
ウリナラマンセー

373 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:21:31 ID:y/aKGx++
おかしい。少なすぎてというが、あれだけ同じ意味を持つ言葉で
共通しているのは少なすぎると言えるのか?
数字にしても、あれだけ共通しているのは、多いぐらいだろ。


374 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:22:20 ID:WjPD4MaR
>>373
お前が提示したソースだ
それに従わなくてどうする

あれを信じるのか?信じないのか?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:23:41 ID:y/aKGx++
>>374
だから数字であれだけ共通しているだろ。
しかも1から10までの間だけであれだけ共通しているんだぞ?

376 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:27:31 ID:4Gm2GNxU
>>375
だから、そのソースの主が参考にした歴史書はなんだと聞いている。
それから、欧米の学者って誰よ?。

377 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:27:44 ID:WjPD4MaR
>>375
お前が提示したソースの結論だろ?
それを信じるなら結論に従え
信じないならその話自体無駄だ
どっちだ?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:30:30 ID:y/aKGx++
内外の歴史書などを利用して復元されて、約80語の高句麗語の単語が解明されている


379 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:31:11 ID:4Gm2GNxU
>じゃあ遺跡が見つかっているがそれが本物かどうかの証拠は?
>と言うのと同じだ。
何のために、考古学と言う学問があると思ってるんだ。


380 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:33:42 ID:WjPD4MaR
>>378
解明した結果が>>370-371
つまり関係はない、と

381 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:33:51 ID:kqLNcMsl
>>375
言語学的に言えばよくあることなんだろ。

イイ、リャン、サン、スー、ウー、リュー(ロー)、チー、パー、チュー、シー
いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう

マージャン用語としての中国語の数の読み方だがここでも似てるぞ。
そうすると中国語とも似てることになるが、日本語と中国語はまったく別系統の言葉だぞ。

>>378
つまり80語しかわかっていないんだよ。3歳児でももっと多くの言葉をしゃべるぞ。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:33:58 ID:y/aKGx++
>>379
だからそのような形式でアメリカもモリスの方式で
解明されている高句麗語の事が書かれているんだろ。
解明された根拠は?というなら、古墳を見つけた人が
ウソをついていない証拠は?と言うのと同じだろ。

383 :セイラ・マス・大山 ◆q.I9V7ewls :04/09/21 13:36:58 ID:NUC7Q0Wu
>>382
お前、アインシュタインは間違ってるとか言ってる連中に似てるな。
自分の理解力が足らないのに気がつかず、先入観だけを妄信するとこなんか。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:37:10 ID:y/aKGx++
>>381
なるほど。つまりそれは同じ意味なのか?
その上記の中国語は数字なのか?

385 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:37:48 ID:S+bKnSUq
               【嫌韓脳】自分を「新しい知識人」と認識、
  【嫌韓ヘアー】           「新しい知識人」の「使命感」に燃えて、24時間
  嫌韓厨の間で       仕事もせずに嫌韓スレ&レス。本人は愛国的行動
 イケてると評判。         と信じて疑わず、批判されると「反日」「嫌日」と激高
  フケだらけで異臭がプーソ   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  | プーソ  【嫌韓イアー】周囲の人間が自分
 【嫌韓アイ】           \ |      を国士であると賞賛する幻聴が。
 電信柱からポストまで 川川川川  天皇陛下の声が聞こえることも。
 あらゆるものを半島 /川-◎ ◎|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 に関係あるものとし / 川∴) 3(∴) 【嫌韓脂肪】
 て認識        /  |⊃嫌|⊃  ニュース系、政治系のスレに一日中常駐、
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   | 韓|〜゚ 嫌韓レスをしながら間食として喰いまくった
                              プリングルスが原料

386 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:37:53 ID:4Gm2GNxU
>>382
出土品を見れば、嘘かどうか判断できる。
参考にしたとされる歴史書を挙げてくれれば、いいだけの事。
何度も言うが、表音文字による記録がなければ、当時の発音は
分からないから、推測の域を出ない。

387 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:38:35 ID:RWtYKdt+
何この質問するだけしてその答えを認めないで自分のソースだけで話展開する在日は?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:39:54 ID:y/aKGx++
381に書かれているのは本当に数字なのか?
1,2,3の中国語か?
それだけ共通していれば、中国語と日本語は共通であると言える。
違うという事があるはずないだろ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:41:00 ID:y/aKGx++
>>386
意味も含めた読み方が共通しているのだから
それが証拠だろ。


390 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:41:07 ID:WjPD4MaR
>>388
そう思うならそれで良いんじゃないか?
誰も認めてくれないけどな


つまりお前の結論からすると、「日本語と朝鮮語の源流は中国語」
これで結論な

391 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:41:59 ID:S+bKnSUq
  ヽ  シ 三 嫌 ヤ /          )  キ キ キ
   l.  だ 十 韓 ダ l          ゝ.  モ モ  ャ
   ノ  っ 年 厨  ぁ 、  , ´ ̄ `ヽ  ヽ  イ イ ハ
  ヽ  て 彼       / /      '、   l   |    ハ
    l   !! 女      /   { ィハソリノ_ヽ ヽ .ノ  っ    ハ
   ノ.    ナ     (   ヽ iィrj , ヘソ !リソ `ヽ !!
  ⌒ヽ,. -─-、,. -─-ゝ    j心n,ヽフ イiヽ ̄iヽ ⌒ヽ/⌒ヽ´
      ,. -‐¬く`ヽ       /f' 'ク,「Yトl< l  \
    /⌒j, '´  `ヽ i      i l /、i, l:l l /  ヽ、  \
     {  .イ ,ィソルハリ ヽ    l「 ̄l ヾ、l:ll/    lヽ.  ヽ
    i  ! lリィrj  fjlヘ ヽ   .l!  .l  `i,    i  ヾ 、
    ヾ. ヽi、 、ァr'^i `ヽゞ  l  !   {    |    '
      ,rヾゞi、`ニ‘ヘ ノ)、    `ー'/    i    ヽ
. ,rtfヘ. l `i L マi^iヘ.  ヽ.     〈     |    ヾ
 ヽ_rソ)、  l  \ヾ〃ヽ  ヽ    /ヽ、_/ヽ_,.ノ
  ヾ  ヽ !   ヾ!  i\_,ノ ‘´ 〈 /c、l l i,,,,,,,,,
   \ ` l     ゚l ,. l  o     lヽ、 ,      
     ー1  _ _, ゚l ´ヽ ゚ ,ッ ´      川川川川
       l   ´ ゚l、  \       川川川川川 プーソ
       l     l, `ヽ、/ゝ、      川-◎ ◎|
        i    _」、、ヽヽ >      川∴) 3(∴)< ボクがモテナイのはチョンのせいなんだにょ・・・
       `Ti´「 il  ヽ> '´ \ .    |⊃嫌|⊃
        L!_|i _,ゞ‐'´i、     ヽ    | 韓|〜゚

392 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:42:19 ID:d9BS6CCt
>>388
わかった!あんた>>337のリンク先よく読んでないんだね!

393 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:42:55 ID:4Gm2GNxU
>>388
それだけ共通していれば、お前は中国人と意思の疎通ができるのか?
巷にあふれる、中国語教室は何の為にあるんだ。

394 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:43:03 ID:WjPD4MaR
>>389
「当時の発音(=読み方)は判明していない」
お前この一文をいつになったら理解するんだ?

395 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:44:50 ID:y/aKGx++
当時の発音は判明していないとはどういう事なんだ?
文字を見れば、発音も分かるだろ。
しかもローマ字に変えている。

396 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:46:05 ID:WjPD4MaR
分るか阿呆
「剔抉」何て読んでどんな意味だ?

397 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:46:51 ID:kqLNcMsl
>>395
「行」
この漢字の読み方を知ってるだけ書いてみな。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:48:03 ID:y/aKGx++
ぎょう、イ。

399 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:48:43 ID:WjPD4MaR
2つかよ!

400 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:50:17 ID:kqLNcMsl
>>398
漢字の読み方を調べてくるのが今日の宿題

401 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:50:17 ID:4Gm2GNxU
>>395
>>342で判らんか?日本と言う漢字がある。
日本(ニホン・ニッポン)
朝鮮(イルボン)
中国(リーベン)
意味は同じだが読む人間によって、発音はこんなに差が有るが
文字を見るだけでは判らない。


402 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:50:20 ID:y/aKGx++
コウ。
つまり高句麗語のどういう文字が見つかったと?

403 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:51:42 ID:WjPD4MaR
それはお前が提示する事だろ?
何で自分のソースの意味を他人様に尋ねてるんだ?

404 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:51:52 ID:4Gm2GNxU
>>402
お前が言い出したことだ、自分で調べナ。
漢字以外の記録を探して来い。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:52:34 ID:y/aKGx++
だから解明されている文字は高句麗語の漢字なのか?
それとも高句麗の独自語か?

406 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:52:35 ID:g5Kzdpv8
だから、皆さん良いですか。

こいつは議論に値しないやつだから、とっとと放置しましょうよ、と。

407 :マンセー名無しさん:04/09/21 13:53:47 ID:WjPD4MaR
>>405
それも含めて調べる事がお前の責務

408 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 13:56:53 ID:y/aKGx++
だから、外国のを含めて今解明された事を
掲載しているんだろ。
だから発音も資料の通りだ。

409 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:01:21 ID:WjPD4MaR
だとして、結果は>>370-371
お前が提出したソース通りだ

410 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:01:25 ID:4Gm2GNxU
>>408
naverの書き込み(具体的記述の無い)に、なんの権威があると?
そんなに凄い所なら、ここに来ずにnaverに行けば。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:03:12 ID:y/aKGx++
>>409
じゃあなぜ中国語と日本語は違うと言える?


412 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:04:53 ID:4Gm2GNxU
>>411
同じと言う事を、証明をする方が先。
日本人と中国人では、なぜ言葉が通じないのか良く考えろ。

413 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:05:08 ID:WjPD4MaR
中国板行け

414 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:06:17 ID:y/aKGx++
>>412
いや違う。共通の言語から分かれたと見るべきでは?
数字が共通しているからだ。

415 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:07:27 ID:kqLNcMsl
>>402
「行」-ギョウは呉音、コウは漢音といって、同じ漢字でも時代が変われば読み方が変わるんだよ。
日本語には両方の読み方が残っていた。
日本には「かな」があったから、その読み方が分かる。
朝鮮には「かな」がない。朝鮮で「行」をどう読んでいたかは分からない。

416 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:07:56 ID:4Gm2GNxU
>>414
勝手に見れば、言うだけで証明できなければ只の電波学説。

417 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:08:12 ID:OQ97Emoy
>>396
「パタリロ!」を読んでるな?

418 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:08:21 ID:WjPD4MaR
つう事は0の発見されたインドが全ての言葉の祖語って事で良いのかな

419 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:17:13 ID:WjPD4MaR
>>417
貴様同胞か!
それどころかヤツの漫画は全て持ってるぞ

420 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:17:58 ID:y/aKGx++
じゃあなおさら中国語と日本語は共通していたわけだな。
だから数字でも共通要素が見られた。
じゃあ同じように高句麗語もだろ。
あの資料は解明されたものを掲載しているわけだ。
その証拠というのなら、じゃあ資料そのものの証拠という事になると
古墳でウソをついてない証拠は?という事になる。


421 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:18:44 ID:y/aKGx++
>>419
同胞とはおまえは在日なのか?

422 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:21:42 ID:WjPD4MaR
>>420-421
違うよ

423 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:22:24 ID:4Gm2GNxU
>>420
ウソの部分を具体的に、言ってみろ。
考古学の成果を、全て否定する事も出来んが、全部肯定することも出来ん。
一つの遺跡について、論争の決着がついていないものは沢山ある。
高句麗による、表音文字の記録か、漢字の読み方を定めた文書を探して来い。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:25:30 ID:y/aKGx++
だからなぜ資料の読み方を証拠にしないんだ?
古墳の信憑性を調べろと言うようなものだ。
おまえらは古墳を資料としているのだから
あの読み方資料を証拠にしていいだろ。


425 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:27:13 ID:WjPD4MaR
だからそれで良いよって
結論は>>370-371

426 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:28:00 ID:wjeDAthF
>>420
ichi・ni・san・shi・go・roku・shichi・hachi・ku・ju
全部音読みなわけだが。ちなみに現代朝鮮語で対応するのは
il・i・sam・sa・o・ryuk(yuk:南)・chil・pal・gu・sipだが、
それとは別に固有後での数え方ももちろんある。

君はバカですか?

427 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:28:36 ID:4Gm2GNxU
>>424
実際に存在する古墳と、参考文献すら書いてない
掲示板の書き込みを同等に扱うな。
なにも頭からウソと言うわけではない、参考文献を
教えろと言っている。

428 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:32:04 ID:kqLNcMsl
>>424
お前を見ていると昔教えていた聴覚障害の小学4年生の子供を思い出す。
まず、日本語からきちんと学びなおしなさい。
その言語力では日常生活も不自由するはずだ。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:32:58 ID:y/aKGx++
>>425
サンプル数は充分な量だ。なぜなら、数字だけに限定しても
共通しているからだよ。
しかも1から10までの限定的な数字だけでも、たくさん共通しているのは
もはや高句麗語と日本語が共通していた証拠。
高句麗語と日本語が共通していなかったのなら
たった限定的に見つかった言語が共通する確立は少ない。
限定的に見つかったのに、共通している言語がたくさんあるという事は
それこそ日本語と高句麗語は共通していたと見るのが自然な事だ。



430 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:35:35 ID:4Gm2GNxU
>>429
だから、そのサンプルをどうやって見つけたんだよw

431 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:37:51 ID:SMb6Bab0
在日くん、君は伊達政宗という人を知っているかな?
「だてまさむね」だよ。
ところで、この人に関する昔の書状があってね、そこには、
「いだて」とひらがなであったんだって。
つまり、現代人は「だて」と読んでいる「伊達」というのは、
戦国時代は「いだて」だったんじゃないかと、そういう話がある。
日本の、まあ有名な歴史上の人物でこれなわけだ。
それが高句麗だろ?難しい話だってのは、解かるよね。

432 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:39:03 ID:O7cXlSPY
相変わらず混乱したまま話をどんどん違う方向に持っていくのが好きなんだな、
と思えてちょっと微笑ましかった。

433 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:39:26 ID:wjeDAthF
>>429
じゃあ、日本語の「なまえ(namae)」と、ドイツ語の「ナーメ(name)」、英語のnameは
すべて関連があるんですね?ってことは「名前(なまえ)」という日本固有語は
英語起源になるわけだ。

その論法で「韓国は世界語文の宗主国」って言ってたっけ…w
ttp://www.hanja.com/body33.html

434 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:41:12 ID:y/aKGx++
高句麗語をさまざまな読み方で書いて、共通していると言っているというのか?


435 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:41:51 ID:y/aKGx++
>>433
違う。それこそたまたまだ。
しかしたまたまといえないぐらい大量に共通しているからだろ。


436 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:45:00 ID:WjPD4MaR
>>434-435
お前が何をどう主張しようと、お前が持って来たソースの結論は>>370-371
これが気にいらないなら他のソースを探して来い

437 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:46:04 ID:y/aKGx++
>>436
その資料は重要だが、サンプル数が少ないというのは間違いだ。
数字だけ限定したら多いぐらいだろ。

438 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:47:19 ID:okldL7Gx
>ID:y/aKGx++

sageろ糞チョン

439 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:47:25 ID:d9BS6CCt
>>437
違う!「多いくらい」だというのは、あんたの勝手な解釈。
 少 な い の

440 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:47:41 ID:g5Kzdpv8
「ひふみよいむなやここと」は?
漢語が入って以降の発音は中国語の影響を受けてるだろ。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:48:55 ID:y/aKGx++
>>439
少ないというのは全体としての模索だろ。
そういう事ならきちんと書いているぞ。
少ない限定的な言語が共通していたのだから
全体的にも共通していると考えるのが普通だ。
宝くじの要素を考えてみろ。
宝くじに当たるようなものだぞ。


442 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:49:35 ID:okldL7Gx
>>441
sageしらないの? マジで死ね

443 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:49:55 ID:WjPD4MaR
何を言ってもそのソースなら「少ない」そして「関係は薄い」が結論
別のソースを探しなさい

444 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:50:07 ID:wjeDAthF
>>437
百歩譲って、日本固有語の数字の数え方と高句麗語の数字の数え方が一致したとしよう。
すると同時に、全く関連性のない朝鮮固有語での数字の数え方は何なんだ、と、
そういう話になると思うのだが。
今話題の「高句麗は朝鮮の歴史か中国の歴史か」って問題で大きなマイナスポイントだな。

445 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:50:58 ID:g5Kzdpv8
ってか、一つの言語にどれだけ単語があるとおもってんだ?

446 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:51:49 ID:SMb6Bab0
在日くんがsageを憶える日は来ない。

447 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:52:11 ID:VwvujiVc
おいおい糞スレ摂取するならsageろよ。
電波を相手にしてんなよ。

448 :マンセー名無しさん:04/09/21 14:58:43 ID:B6WtHkGz
覚えたとしても三歩歩けば忘れてしまいます

449 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 14:59:35 ID:y/aKGx++
>>444
じゃあなぜ韓国は高句麗を自国の歴史にしているんだ?

450 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:00:34 ID:g5Kzdpv8
>>449
それは韓国人に聞け。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:02:44 ID:y/aKGx++
まあこの問題はのちほどだ。
神話に戻ろう。
神話で天津神とはやはり外国からの勢力なんだよな?

452 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:04:01 ID:SMb6Bab0
>>451
そういう解釈をする人もいるってだけの話。

453 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:04:33 ID:VwvujiVc
>ID:y/aKGx++

sage進行が解らないチョンは無視しろ。

454 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:04:46 ID:d9BS6CCt
>>451
その前にsageろよ

455 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:05:23 ID:y/aKGx++
>>452
じゃあいったいスサノオは二つの漢字で表現されているんだろ?
確かこの二つは同一人物ではないという見解だった。
という事は同一人物だとすると、何らかの半島の優越性が認められるわけだな?


456 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:05:24 ID:4Gm2GNxU
>>451
>>347
>>354

457 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:05:42 ID:y/aKGx++
こうか?

458 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:05:55 ID:okldL7Gx
>>455
  | 書き込む|名前:|          |E-mail(省略可): | sage     |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             Λ Λ  /
                             (,,゚д゚)っ
                            〜/っ /
                        ε=ε= U U


459 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:06:31 ID:wjeDAthF
>>449
俺に聞くな。韓国政府に聞け。
歴史認識に関して韓国がやってること、韓国人が言ってることはすべてデタラメだから、
「あちらを立てようとすればこちらが立たず」なんてのばっかりだ。
日本語と高句麗語に関連性があって朝鮮語に関連性がなけりゃ、
  高句麗→日本直行 即ち 朝鮮は東アジアのハブ
になることぐらいすぐわかりそうなのに、朝鮮人は「高句麗=朝鮮に違いない」という
前提があって、さらに「朝鮮は日本に何から何まで“教えてやった”に違いない」という
思い込みがあるから、こういうヘンなことになる。

460 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:06:50 ID:4Gm2GNxU
>>457
えらい、えらいw

461 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:08:17 ID:SMb6Bab0
>>455
なんで?

462 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:08:34 ID:y/aKGx++
スサノオあ二つ漢字で書かれている。
同一人物なら半島が優越感に浸れるから
否定しているんだろ?


463 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:09:17 ID:4Gm2GNxU
>>462
ソースは?

464 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:09:46 ID:y/aKGx++
>>461
だっておまえらは同一人物ではないというからだよ。
だから同一人物ならば、半島が日本に影響を与えたことになるからだろ?
つまり同一人物でなければ、それが半島とは関係なくなrから。


465 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:10:33 ID:y/aKGx++
>>463
ソースはないが、おまえらがそこを焦点にしているだろ。
それは何らかの半島との繋がりが同一人物だとするとあるからだろ?

466 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:11:42 ID:4Gm2GNxU
>>464
神様と言う常識で計れないものを、無理やりこじつけるな。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:12:58 ID:y/aKGx++
>>466
こじつけじゃない。天皇の元となった事なのだから
充分な資料となりえる。

468 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:14:21 ID:d9BS6CCt
同一人物だとしても、「半島の優越性」が認められるとは限らない。
それは「同レベルの国がお互いに交流していたにすぎない」のかもしれない。

469 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:16:08 ID:4Gm2GNxU
>>467
ギリシャ神話のポセイドンと、バビル二世のポセイドンは
名前は同じだが、全然違うぞw
後者は、横山光輝先生が名前を拝借しただけ。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:16:13 ID:y/aKGx++
>>468
その辺をちょっと教えてくれ。どのような半島とのかかわりが
でてくるんだ?

471 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:17:43 ID:y/aKGx++
>>469
とにかくその点が半島の影響だと言えるだろう。
どちらのスサノオが半島と関わっているんだ?

472 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:19:33 ID:4Gm2GNxU
>>471
それは、こっちが聞きたいわ?
どの資料を基にスサノオの神話が、二系統あると主張している?

473 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:20:53 ID:y/aKGx++
>>472
179 :天之御名無主 :03/10/16 11:01
播磨国伊和神社の文献などを調べれば分かると思うが、神話にでてくる須佐之男命と
八坂神社に御祭りされている素盞鳴尊は別人物のように思える。
私は大己貴命の研究をしているんですが、
播磨の文献では大己貴命は播磨国の神出で生まれ、推古天皇の時代に活躍したように
書かれている。
大己貴命は素盞鳴尊の子とされている。
一般に素盞鳴尊とは八坂神社に御祭りしてある素盞鳴尊であり、
八坂神社の御祭神は播磨の広峯神社から遷されているとの記録がある。
こちらの人物は新羅出身で、日本の天皇家を頼って日本に移住し、
播磨を中心として勢力を拡大したとされているので、
亡命新羅人と思われる。
時代考証から考えて、元々の神話の登場人物と、かなり後年になって
日本に渡ってきた別人物が混同された結果、
神話の登場人物がかなり後年に成立した新羅出身であるという
珍説になったのではないだろうか。



474 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:21:13 ID:SMb6Bab0
日本の神話の高天原を朝鮮半島のことだと考えれば、
たくさんの神様が半島と関係あることになるよ。
ただし、高天原が朝鮮半島のことだと言うのは、
あくまでもひとつの考え方に過ぎないの。
解かる?

475 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:23:30 ID:4Gm2GNxU
>>473
>神話の登場人物がかなり後年に成立した新羅出身であるという
>珍説になったのではないだろうか。

これを、声に出して千回読め。


476 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:25:52 ID:4Gm2GNxU
だいたい、どこかを探せば高天原が有ると考えるほうが可笑しい。
どこかを探せば、エデンの園とかも出てくるのか?

477 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:26:03 ID:y/aKGx++
>>474
じゃあその高天原は朝鮮半島ではないという事の方が
当然と考えられている理由は?
>>475
しかしスサノオではない、その新羅出身の奴が
勢力を拡大したというのは?

478 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:30:07 ID:4Gm2GNxU
>>477
議論を続けるなら、君には播磨国伊和神社の文献を提示する義務がある。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:34:42 ID:y/aKGx++
>>478
6 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/09/04 15:02
スサノオノミコトが朝鮮半島と関わりが深かった出雲系の神である事
は事実ですが、一方的な起源というよりは神格に影響があった(習合
が行われた)可能性があるという事しか言えないのでは。
因みに新羅明神や牛頭天王は朝鮮半島起源の神のようです。
赤山明神も唐の赤山の近くに新羅人の一大居留地があった時代に招来
された神なので影響を受けている可能性はあります。
詳しくは山本ひろ子先生の『異神』をどうぞ。




480 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:38:56 ID:4Gm2GNxU
>>479
だからな、神様と言う次元の違う存在を色々考察してみたところで
これが正解とは言えないのよ。
想像するのは勝手だが、一方的に同意を求めた時点で神学論争となり
永遠に決着はつかない。

481 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:40:46 ID:SMb6Bab0
在日くん、これ読んでみ。
ttp://www.ffortune.net/spirit/zinzya/kami/susanowo.htm

482 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:42:28 ID:SMb6Bab0
神話と歴史をすり合わせて、実際の歴史や神話の意味を
考えることは、有意義なことだろうと思うよ。
けど、在日くんのはそういうものじゃない。
はじめに結論があって、それに都合のいい解釈を集めて、
その解釈さえ間違った引用の仕方をしたりしてる。
それでは説得力はない。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:43:47 ID:y/aKGx++
>>480
しかし参考にはなるだろ。
高原天とは日本じゃないんだろ?


484 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:44:49 ID:4n5P4Qi1
>>419
「パタリロ!」と「西遊記」なら持ってるけど他は持ってない。

485 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:45:52 ID:4Gm2GNxU
>>483
人間には知るとの出来ない、別次元の世界。

486 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:47:33 ID:WjPD4MaR
>>483
推測は出来るけど、結論は出せないよ。
決定的な証拠がない。
主張したいなら証拠を見つけておいで。

>>484
アスタロト(今なら文庫で1・2巻)も良いよ。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:49:38 ID:y/aKGx++
じゃあ普通の資料、つまり中国とか日本の歴史資料の方が
優先されるべきで、それとからめると
高元天も日本の地であると考えられて、つじつまもあうと?


488 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:50:38 ID:WjPD4MaR
>>487
結論は出ない。
出せるだけの資料も証拠もない。

489 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:54:07 ID:4Gm2GNxU
>>487
>高元天も日本の地であると考えられて
考えるだけならね。人に同意を求めたり、自説の根拠としないように。

おまえ、高天原をコウゲンテンと打って変換してるのかw

490 :マンセー名無しさん:04/09/21 15:54:27 ID:SMb6Bab0
>>487
あのね、無理してつじつまあわせする必要はないの。
神話の解釈だから、いろいろなものがあっていいと思う。
ただ、在日くんのはただの妄想。

ところで、高天原は高原天じゃないし、当然高元天じゃないと、
俺は思うんだけどなぁ?

491 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 15:58:31 ID:y/aKGx++
じゃあ大頭天王は半島にあった言葉というのは?

492 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:03:21 ID:SMb6Bab0
>>491
牛頭天王は「ごずてんのう」だからね。
半島どころかインド出身という話もあるよ。

493 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:04:51 ID:4Gm2GNxU
>>491
詳しくは山本ひろ子先生の『異神』をどうぞ。

大頭ってw、牛頭だろ。牛頭大王はその起源を中国の蚩尤や
インドのシヴァ神にまで求められるそうだ。
まあ、これも推測の一つだけどね。

494 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:05:57 ID:co/8S79o
粘着してたのは、こんな奴(逮捕者スレより)
同胞だな。


63 名前:■■■■終 了■■■■ 本日のレス 投稿日:04/09/21 14:44:20 ID:okldL7Gx
削除依頼済み レスしないで下さい


64 名前:ナメ猫 ◆KSOsoqW6wM 本日のレス 投稿日:04/09/21 14:57:15 ID:nKgrwONO
>>63が消えてるw


65 名前:■■■■終 了■■■■ 本日のレス 投稿日:04/09/21 15:00:05 ID:VwvujiVc
>>64
削除依頼済み レスしないで下さい


67 名前:ナメ猫 ◆KSOsoqW6wM 本日のレス 投稿日:04/09/21 15:03:42 ID:nKgrwONO
>>65
プッ


68 名前:マンセー名無しさん 本日のレス 投稿日:04/09/21 15:22:09 ID:g5Kzdpv8
なんだろう、これが残ってると都合悪いのかな?


69 名前:ナメ猫 ◆KSOsoqW6wM 本日のレス 投稿日:04/09/21 15:41:30 ID:nKgrwONO
>>68
同胞を思ってのことだろうねw

495 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:06:57 ID:y/aKGx++
>>492
韓神新羅神社は?

496 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:09:24 ID:4Gm2GNxU
>>495
島根に行って、お参りついでに聞いて来い。

497 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:11:53 ID:WjPD4MaR
>>495
お前論旨を1点に絞れんのか?

498 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:13:46 ID:SMb6Bab0
>>495
面倒くさいから、はいこれ。

ttp://www.kamnavi.net/it/izumo/zkara.htm

499 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:14:52 ID:y/aKGx++
だから渡来人が神話にあるのは明確なんだろ?
鉄とかそういうのが関係しているから、半島であるのは明確じゃないのか?

500 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:17:04 ID:WjPD4MaR
とらい-じん 2 【渡来人】
他の国から渡来した人。
特に古代、四世紀から七世紀にかけて日本に渡来し定住した
朝鮮・中国の人々をいう。先進の学芸・技術・文化をもたらし、
政治や文化の発展に大きく寄与した。

別に朝鮮だけを指すわけじゃないしな
結論は出せないよ、証拠ないから


501 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:19:16 ID:y/aKGx++
>>500
じゃあ半島との繋がりが書かれているのは日本から行ったとしかないのか?


502 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:19:27 ID:4Gm2GNxU
>>499
神話には無い、無い以上はどこまで行っても推理・推測。



503 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:20:31 ID:WjPD4MaR
>>501
>>500の一番下の行読めるか?
ひらがなになおそうか?

504 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:23:07 ID:4n5P4Qi1
>>ID:y/aKGx++
結局、何が言いたいんだ?
とりあえず結論を言ってみそ。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:23:23 ID:y/aKGx++
>>503
だから神話にでてくる半島との繋がりは
それじゃあどのように描かれているのかが焦点になる。
それは日本から行ったが、嫌になってという事のみなのか?

506 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:24:03 ID:y/aKGx++
>>504
結局神話での推測による半島からの影響の可能性を否定できる
神話でない資料はあるのか?という事だ。

507 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:25:28 ID:WjPD4MaR
>>505-506
証拠はない、以上。

肯定出来る材料を提示するのが先だろ?

508 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:27:37 ID:4Gm2GNxU
>>505
別次元にある高天原から降りた先は、新羅の地だった。
そこはどうにも気に入らないから、日本列島に来た。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:28:15 ID:y/aKGx++
>>507
神話とは、天皇の元なら、紀元前の奴国以前にできたんだろ?

510 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:29:54 ID:y/aKGx++
>>508
じゃあ高天原とは日本の地名ではないと?

511 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:30:11 ID:WjPD4MaR
>>509
後は日本史板行け。
他人様に根拠を求める前に信頼に足るソースを持って来い。
自分の提示したソースくらい読め。

512 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:30:22 ID:4Gm2GNxU
>>509
天皇家の祖は、高天原から降り立った天孫です。
降りてすぐに、日本全土を支配下に置いたわけではない。
大変な苦労を為された事は、日本書紀に詳しく書いてあるよ。

513 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:31:13 ID:aV8RRfr7
>>506
別に相互に行き来してるわけだから互いに影響しあったことは否定しないが、具体的にどのような影響があったかに関しては神話そのものを根拠と出来ないことをまず理解すべし。
神話でない資料に関しては遺跡などの物的証拠、神話でない文献などの史料など。


514 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:33:05 ID:y/aKGx++
>>513
じゃあ神話とはそもそもいつの時代で、天皇はいつからではじめたんだ?

515 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:35:30 ID:4Gm2GNxU
>>514
神話の年代を特定することは不可能、これは何処の神話でも同じ。
時間の観念などは、所詮人間の作り出したものだからな。
神を測る事はできない。

516 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:35:43 ID:SMb6Bab0
>>514
記紀読んだら?文庫で出てるからさ。
て、君にゃ無理か…。

517 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:38:20 ID:WjPD4MaR
>>514を読んで思う事

暇潰しにしても恐ろしく不毛だ‥
相手の居ない電話並に不毛だ‥

518 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:38:26 ID:y/aKGx++
じゃあ神話とは日本国内の事とも考えられているし
中国も含めた外国の事を言っているとも考えられていると?


519 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:39:28 ID:4Gm2GNxU
神話も人間の作り出した物と言われても、それはそれで結構。
少なくとも歴史書を根拠に、一方的に攻撃される事態は防げるからな。

520 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:40:59 ID:zFpGr07H
>>514
> じゃあ神話とはそもそもいつの時代で

いつの時代とも断定できない。
神話には古代からの伝承の反映もあれば新しく作られるものもあるからな。

> 天皇はいつからではじめたんだ?

知らん。
個人的な見解としては天智・天武あたりからようやく年代と絡めて語れる存在だと思う。
それ以前に関しては架空との見解は取らないが年代などは当てにならないと思ってる。


521 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:41:34 ID:SMb6Bab0
>>518
そういう変わった人もいるよ。
なんでも、古代日本は世界の中心なんだってさ。

522 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:43:18 ID:4Gm2GNxU
>>518
そんな人も居ないでは無いけど、少し頭のおかしい人として
せいぜい「と学会」から表彰される位だw
お前がデタラメと言っていた、竹内文献なんかが有名だな。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:43:42 ID:y/aKGx++
そういう変わった人?
高天原が日本ではないとよく言われていることだろ。
それじゃあ別に変わった事ではないだろ。


524 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:44:47 ID:B6WtHkGz
高天原が日本にあったという人もたくさんいるぞ

525 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:44:57 ID:y/aKGx++
なるほど。変わっているというのは日本神話が日本国内というのは
おかしいという事なんだな?
つまり外国も含めた日本とのからみと考えるのが普通である為に
高天原とは、日本でない別の国なわけだな?

526 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:44:58 ID:SMb6Bab0
>>523
在日くんの基準だとそうかもねえ。

527 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:47:02 ID:WjPD4MaR
誰か>>525を日本語訳してくれ
コイツ17:00くらいになると日本語が怪しくなるよなぁ

528 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:47:57 ID:d9BS6CCt
>>525
違う!

『神話の年代を特定することは不可能、これは何処の神話でも同じ。
時間の観念などは、所詮人間の作り出したものだからな。
神を測る事はできない。』

にもかかわらず特定しようとする人が変わっている、ということ。


529 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:48:22 ID:4Gm2GNxU
>>525
日本書紀に書かれている以上、日本の物。
日本書紀以前の朝鮮半島勢力の書物に、書かれていない限り
証明できません。

530 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:48:29 ID:zFpGr07H
>>518
違う。
事実かどうかは別にして国内の地名が出てくる神話に関しては日本国内を舞台にした神話だろう。
高天原に関しては単なる空想上の地かあるいは違うのかは不明。

神話に関してはどうにでも解釈できるので、どんなもっともらしい推測を仮にしようがそれを根拠にしてものを語れないということをいい加減理解すべし。


531 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:50:46 ID:y/aKGx++
ちょっと待て。
おまえらはこう言った。
高天原→朝鮮→日本と。
それじゃあ外国じゃないか。
しかも何度もこういう話を見た。
じゃあ日本神話の黄泉とか高天原というのが外国だという事は
おかしくない説じゃないのか?

532 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:51:55 ID:4Gm2GNxU
まあ、怨むなら三国史記以前の記録を残さなかった
連中を怨むこったな。
日本や、中国には残す必要も、義務も無い。

533 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:51:57 ID:d9BS6CCt
>>531
いつそんな話を?

534 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:54:15 ID:WjPD4MaR
黄泉が朝鮮半島だとしたら凄い笑えるのだが

535 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:54:21 ID:y/aKGx++
>>533
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1062648322
これ見ろ。普通の説として外国を視点に考えられているぞ。


536 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:54:51 ID:4Gm2GNxU
>>531
高天原は別次元、この世の何処でも無い、と何回言ったかな俺は。
その別次元に済む存在が、特に日本の地を選び天孫を遣わされたと
言うのが、日本書紀の主張だ。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:55:50 ID:y/aKGx++
>>536
待て。高天原が別の次元だというのはどうして分かるんだよ?
別次元だから外国じゃないのか?

538 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:58:07 ID:4Gm2GNxU
>>537
この世の何処にも無いなら、別次元と考えるのが普通だが?
海の底を探せば、竜宮城があると思うか?

539 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 16:58:51 ID:y/aKGx++
>>538
この世のどこにもないなら、じゃあ黄泉とかそういうのも
どこかは分からないと?

540 :マンセー名無しさん:04/09/21 16:58:53 ID:d9BS6CCt
>>535
今日の話じゃねーのかよ、そんなスレしらねー。
いつも同じボランティアだと思ったら大まちがいだぞ。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:01:00 ID:y/aKGx++
>>540
とにかく外国を視点によくかかれているという事だろ。


542 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:02:02 ID:WjPD4MaR
日本書紀のどの部分が外国の視点から描かれているか、
具体的に書けるようになるまでその話は出来ないと思うが?

543 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:03:48 ID:y/aKGx++
>>542
海の事がよく書かれているからだ。出雲神社には。
だからそういう渡来系であろうという人も多いのは
外国を視点に考えるのがおかしい事ではないことを意味しているのでは?

544 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:05:06 ID:SMb6Bab0
(^^ /"" (^^ /~~:さよぉなら

545 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:09:40 ID:d9BS6CCt
>>541
ざっと読んだけど、そういう「想像」をして楽しんでいるだけなんじゃ・・・?

546 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:09:45 ID:zFpGr07H
>>543
神話を元に歴史を語れないことをいい加減に覚えろ!

上の文章を意味を吟味しながら少なくとも百回は音読しろ!


547 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:09:52 ID:4Gm2GNxU
>>539
黄泉は死者の世界、死んだら行けるかもよw
試してみてはどうだw

548 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:12:43 ID:y/aKGx++
神話にでてくる地域というのは、じゃあ外国とも日本国内の地名とは
推測できるので、やっているという事か?
で、どちらが有力なんだ?

549 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:14:07 ID:d9BS6CCt
>>548
わかりやすい日本語で書き直し。

550 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:14:53 ID:4Gm2GNxU
>>548
どちらが優位もクソもあるか、推測しか出来ないからな。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:16:08 ID:y/aKGx++
だから神話にでてくる地名は、日本内の事を言っている事が有力なのか
それとも外国を含めた事を言っているのかが有力なのかどうなんだ?

552 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:17:24 ID:d9BS6CCt
神話を元に歴史を語れない

神話を根拠にはできない

神話の年代と場所は特定できない


だからどっちが有力という話も無駄

553 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:18:48 ID:y/aKGx++
>>552
出曇がでてくるじゃないか。日本の地名だろ?


554 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:22:20 ID:zFpGr07H
>>551
日本の神話なんだから国内がほとんど。
ただし実在する(した)地名が出てくるからといってその内容が事実かどうかは全くの別物。

555 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:24:10 ID:4Gm2GNxU
>>553
神話とは、異界の存在である神と、人間との関わりを示す物語。
地名が出てくるのは当然だが、その痕跡を見つけることは出来ない。
人々の間で、語り継がれたものを記録したものだ。
北朝鮮はその神話の存在の陵墓を、コンクリートなんかで作るから
世界中の笑いを誘う。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:24:18 ID:y/aKGx++
>>554
国内がほとんど?じゃあ一般に天津=外国 国津=国内と
言われていて、天津に支配されたというのはおかしいというのか?

557 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:24:29 ID:d9BS6CCt
黄泉とか高天原の話じゃねーのかよ!?

558 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:25:26 ID:E0Smy8KO
>一般に天津=外国 国津=国内と言われていて

言われていません。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:27:10 ID:y/aKGx++
>>555
違う。それじゃあ天皇も異界の存在という事になる。
天皇が人間なんだから、人間を神として例えたわけだろ?
つまりどこかの勢力を神として例えたのかもしれないだろ。


560 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:29:30 ID:E0Smy8KO
>>559
>>555を半万回音読しなさい。

561 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:29:34 ID:4Gm2GNxU
>>559
天皇陛下は、天孫の血を引く現人神です。
これ以上は歴史論ではなく、神学論になります。

562 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:30:45 ID:zFpGr07H
>>556
そのとおり。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:31:47 ID:y/aKGx++
それみろ。天孫が天皇の親族なら、そもそも神話にでてくる神も
人間の誰かに例えたものと見るのが自然だろ。
じゃあ黄泉も高天原も、どこかの地名だろ?
それが日本にないなら、外国と考えるべきではないか?
天津と国津があり、国津が土着人であるならば、天津は外国と
考えるべきでは?

564 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:33:11 ID:E0Smy8KO
>>563
>>555を半万回音読しなさい。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:34:41 ID:y/aKGx++
>>564
じゃあ口避け女のような感じだとでもいうつもりか?

566 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:35:21 ID:4Gm2GNxU
>>563
どこを見ろと?
天皇は完全な神ではなく、わざわざ現人神(あらひとがみ)と断っている。
人の血と交わるうちに、完全な神としての力は失われた。
だから寿命が尽きれば死ぬし、自由に高天原に出入り出来る訳でもない。

567 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:36:28 ID:zFpGr07H
>>563
> 天孫が天皇の親族なら、そもそも神話にでてくる神も人間の誰かに例えたものと見るのが自然だろ。

全然自然じゃない。

> じゃあ黄泉も高天原も、どこかの地名だろ?
> それが日本にないなら、外国と考えるべきではないか?
> 天津と国津があり、国津が土着人であるならば、天津は外国と
> 考えるべきでは?

一段目で前提が既に間違ってるのでいくら推論を重ねても無意味。


568 : :04/09/21 17:36:58 ID:u2I1kvtr
元や歴代支那王朝が朝鮮に対して行った「支配」しか思いつかないのだろうな

569 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:37:48 ID:E0Smy8KO
>>565
皇室の祖先伝承だという基本事項を理解してから書き込みなさい。

570 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:37:49 ID:4Gm2GNxU
>>565
元々、神に対する畏敬の念が無いところに、生半可な合理主義を
振りかざすところが、哀れを誘う。
神話も歴史も無い民の末裔とは、悲しいものだなw

571 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:38:46 ID:d9BS6CCt
>>565
じゃあ、卵から生まれたという神話を持つ、○人はどうなの?
○人は現実に存在しているけど、本当に卵から生まれた人の末裔なのかな?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:38:56 ID:y/aKGx++
現人神だから神として描かれているのは人間じゃないというのか?


573 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:40:20 ID:y/aKGx++
>>571
卵を何かに例えたと考えられる。
例えば欧米人を鬼と誤解した事と同様に
外国から来た人を人と見ずに神として例えたと。

574 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:41:59 ID:4Gm2GNxU
>>572
少なくとも普通の人間とは違うと、信じているよ日本人ならね。
日本でどの様な巨大な権力を握った奴でも、皇室の血を絶やすことは
出来なかった。歴史がそれを証明している。

575 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:42:14 ID:zFpGr07H
>>572
境界があやふやなんだよ。
神格化や箔付けということもあるからな。
どっちとも断定できない。


576 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:44:37 ID:4Gm2GNxU
>>573
例え話しか出来ない、それを推測と言う。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:45:13 ID:y/aKGx++
>>574
しかしスサノオミコトは人間だ。
つまりそういう神話にでてくる人間達の存在は
実際にいた勢力をあらわしているのでは?

578 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:47:23 ID:E0Smy8KO
スサノオは神だろ。


579 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:48:48 ID:4Gm2GNxU
>>577
なにが、しかしだ?ちょっと言ってみろ。
どこまで行っても、推測の域を出ない話を。


580 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:49:37 ID:y/aKGx++
>>578
日本の神話だからこそ、天皇になる過程において
弥生人の存在が描かれているのでは?

581 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:50:13 ID:y/aKGx++
>>579
憶測でしかないが、そう考えるのが普通だとかあるだろ、そういうのが。

582 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:51:43 ID:E0Smy8KO
>>581
君の話は憶測でしかないし、そう考えるのは普通ではない。

583 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:52:55 ID:4Gm2GNxU
>>580
神話の時代に弥生人の定義を当てはめるとは、お笑いだ。
弥生人と言う言葉は、何時の時代に定義された?
現代の観念で、歴史や神話を語るな。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:53:53 ID:y/aKGx++
>>582
異次元の世界は当時では外国だ。
鬼を欧米人を見た日本人が書いたのは有名だろ。
つまり天とは外国という未知の世界から来たと考えた。
そして外国人も異性人と当時は考えて
驚いて祭り上げた。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:54:41 ID:y/aKGx++
>>583
弥生人が本格的に日本を作り上げただろ。
日本列島を作り上げたと神話にも書かれているじゃないか。


586 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:55:15 ID:y/aKGx++
つまり天皇のできる前段階なのだから、充分弥生人の存在とからめたと
考えられるのでは?

587 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:56:06 ID:wSdkP9gH
憶測を通り越して単なる妄想になってるな。
今日に始まったことじゃないけど。

588 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:56:49 ID:E0Smy8KO
憶測に憶測を重ねているだけだな。

589 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:57:46 ID:E0Smy8KO
そもそも日本神話に「弥生人」なんて出てこない。

590 :マンセー名無しさん:04/09/21 17:58:11 ID:4Gm2GNxU
>>584
君がそう言ってるだけでは駄目、証拠の提出義務があります。
>>585
書かれてないよぅ。日本書紀に弥生人と書かれていたらそれは偽書だ。


591 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 17:59:52 ID:y/aKGx++
じゃあ一つ神話から離れるが、百済と言う文字があるだろ?
これは中国がつけたんだろ?
それじゃあ百済という言葉がその百済の言語であるとは言えないのか?

592 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:00:08 ID:wSdkP9gH
まさか「弥生人」をフランス人とかそういうのと同じに考えてるのか?

593 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:02:04 ID:4Gm2GNxU
>>591
どういう経緯で、その字を当てたか証明してください。

594 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:02:53 ID:DHTv5/8M
>>591
意味が良く分からん。
分かりやすい文章に直して再投稿。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:04:53 ID:y/aKGx++
>>593
百済は半島で呼ばれていたからだろ。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:05:09 ID:y/aKGx++
だから百済とは誰がなずけたんだ?

597 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:08:08 ID:DHTv5/8M
>>596
「発音」のことを言ってるのか?「字」のことを言ってるのか?
そしてそれによって何が言いたいんだ?
まず結論を言え。それから根拠を聞いてやる。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:09:19 ID:y/aKGx++
>>597
つまり百済とは当時半島でそう呼ばれていたとするとだ。
つまり限られた発音がいくつかできる。
それにより当時の韓地区での読み方が分かるという事だ。

599 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:16:30 ID:QlU5WMEw
天つ神は「天下る」ので、高天原は上空にあるといえましょう。
出雲、筑紫、日向、阿蘇などに近いので日本上空と考えると
自然かもしれませんねw

> じゃあ黄泉も高天原も、どこかの地名だろ?
> それが日本にないなら、外国と考えるべきではないか?
> 天津と国津があり、国津が土着人であるならば、天津は外国と

北欧神話のアレフガルドやニブルヘイムはどこ。
天国と地獄はどこ。外国か?w
キリストは神の子とされるが、神様はどこの国の人ですか?

600 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:16:46 ID:4Gm2GNxU
>>598
高句麗の広開土大王碑では百残、日本・中国史書は百済という字が当てられていた。
発音は、今となっては判りません。
もともと馬韓の邑の一つだから、詳しくは判ってない。
どうしてもと言うなら、表音文字で書かれた百済の記録でも探すんだな。


601 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:17:50 ID:DHTv5/8M
>>598
「百済人」の国に「百済」という漢字を当てたのは誰なんだ?
中国人か?百済人か?
そしてそれは国号の発音に合わせたものなのか?そうでないのか?

どれなんだ?


602 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:18:39 ID:y/aKGx++
>>599
じゃあさまざまな神社での資料はどう説明するんだ?
特に韓神新羅神社とか。
いきなり日本人が存在しないものを根拠に作り上げたのか?


603 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:21:49 ID:DHTv5/8M
>>602
で、仮にそうだとしたらな、なんだと言いたいんだ?
一回でいいから結論を言ってみてくれ。とりあえず根拠はいいから。

604 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:22:02 ID:4Gm2GNxU
>>601
漢字の記録しかない以上、タイムマシンでも作るしかないw
>>602
資料批判は、少なくとも読んでからぬかせ。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:23:26 ID:y/aKGx++
>>603
だから韓神新羅神社とはなぜそこまで改まった神社ができるのかというと
それは渡来人が来たからでは?
これに関しては憶測と言っても、実際に地名も存在するし
渡来人だと考えられるだろ?

606 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:25:34 ID:DHTv5/8M
>>605
渡来人が来たからどうなんだ?
そういうこともあっただろう。
だから、それがどうしたと言いたいんだ?

607 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:27:03 ID:co/8S79o
>>605
地名はどっちが先か、わからんだろう。
勝ち戦記念というのは、考えないのか。

608 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:30:29 ID:4Gm2GNxU
>>605
高天原から新羅の地に降りても、こんなトコ我慢出来ないってんで
日本に来たのなら、誇れる話ではないぞw

609 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:30:47 ID:y/aKGx++
じゃあいったい韓と日本文化との繋がりは分かってないのか?


610 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:31:44 ID:4Gm2GNxU
>>609
分かってないよ、地道に発掘調査するか、タイムマシンでも作れば?

611 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:32:24 ID:y/aKGx++
>>610
しかし鉄は新羅で作られて、それに頼っていたんだろ?


612 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 18:34:48 ID:zqYqAGsW
>>609
古代朝鮮文化と、北韓、南鮮が断絶している様に
韓とやらと、日本の文化の継承は不明

韓や、古代朝鮮でどのような文明があったのか不明だから

613 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:36:10 ID:4Gm2GNxU
>>611
新羅だけが鉄の産地か?
推測だけなら、日本産の鉄も有ったと言えるぞ、推測だけならw

614 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:36:46 ID:y/aKGx++
>>613
日本の資料には鉄を新羅に頼っていたのが書かれているじゃないか。


615 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:39:06 ID:4Gm2GNxU
>>614
全く出ないとも書いてあったか、その資料にはw

616 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:39:35 ID:aSJMcEQ7
>>614
歴史を語る気になったならもう少し年代を特定しろよ。
古代を一からげにして語るなよ。
それからもう一度言う。とりあえず結論を言え。


617 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 18:39:59 ID:zqYqAGsW
>>614
新羅と呼ばれた地域から製鉄遺跡が発掘されて、その鉄を用いた出土品が日本から出土し
成分や年代調査でも間違いなく同じ物でなければ、意味無し

618 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:44:00 ID:y/aKGx++
>>615
じゃあおまえらはよくテコンドーは空手の亜流というだろ?
カタが同じだからとか。
そういう理屈なら、例えば呉服と和服の違いや
相撲と、モンゴル相撲の違い、シルムとか。
どうなるんだ?

619 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:46:01 ID:aSJMcEQ7
>>618
話をそらすな。
とりあえず言いたいことの結論を言え。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:47:16 ID:y/aKGx++
>>619
ようするに、おまえらは韓国文化を韓国文化じゃないという。
それは亜流だからとかな。
じゃあ相撲もモンゴル相撲の亜流だろ?

621 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 18:48:20 ID:zqYqAGsW
古代日本における朝鮮半島からの文化的影響は、日本文化の根底を形成した物かもしれないが
古代朝鮮の文化がどのような物であった今の所不明なので、古代朝鮮文化は日本文化の先生とは言えない

という事ですな

622 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:48:21 ID:QlU5WMEw
というか、スサノオが新羅に渡ったというのはあくまで
日本書紀の中の一説じゃなかったっけ。
しかも高天原を追放されて天下って新羅に行ったんだから
流刑かもしれないのになw

623 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:48:30 ID:4Gm2GNxU
>>618
テコンドー作ったチェ・ホンヒが、最初はそういってたんだよ。
空手の型を科学的に分析して、足りない所(足技)を補強したと。
月間空手道でインタビューを読んだぞ。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:50:43 ID:y/aKGx++
>>623
だからそれを亜流というなら、相撲もそうならないか?

625 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:51:52 ID:QlU5WMEw
>>624
亜流・亜種って言葉の意味がわからないのか?

626 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:52:47 ID:y/aKGx++
>>625
同じだろ。亜流も亜種も。

627 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:53:04 ID:aSJMcEQ7
>>620
とりあえず韓国文化をいくつか上げてみてくれ。
それと相撲に関して言えば日本の相撲の方がモンゴル相撲より遥かに古いんじゃないか?
何しろ書紀にも記述があるくらいだからな。モンゴル相撲の起源は良く知らんが8C以前に遡れるのか?


628 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 18:53:46 ID:zqYqAGsW
>>620
亜流というのは、マジンガーZに対するテンコVの様な物です

相撲みたいな格闘技は、ギリシャのレスリングや日本の相撲の様に多発的な物
特許や科学的発見と、文化を同列に考えるのが不自然

629 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:54:50 ID:aSJMcEQ7
627の訂正。
言いたいことは
「韓国の文化は韓国独自のものである」
ということか?


630 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 18:55:48 ID:y/aKGx++
>>627
モンゴルが先だろ。
>>628
何を言うんだ?テコンドーも別の格闘技だろ。

631 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:57:21 ID:QlU5WMEw
>>629
違う違う、在日タソの言いたいことは
「韓国は日本に中国文化を伝えてやったはずだ。
 韓国人が日本に渡って国と皇室を作ってやったはずだ。」

でもときおり、朝鮮人の自尊心としての
「古代朝鮮は独自の文化を持つ大帝国だったニダ」
が混じりこんで混乱してるの。

632 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:58:23 ID:aSJMcEQ7
>>630
モンゴルが先というソースは?
日本の相撲に関しては8cに編纂された「日本書紀」に記述がある。


633 :マンセー名無しさん:04/09/21 18:59:34 ID:aSJMcEQ7
>>631
それが事実だとしたら実に胡乱な精神であると言えるな。

634 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:00:51 ID:zqYqAGsW
>>630
テコンドーは明らかに空手から派生した競技ですね

モンゴルが先と言いますが、ヒトの雄が生まれた瞬間から、取っ組み合いベースの競技生まれたと
考えるべきでしょう
絶海の孤島でも、ヒトの雄が複数いれば相撲の様な競技は発生した

635 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:08:28 ID:aSJMcEQ7
19時過ぎたから帰っちゃった?

636 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:09:55 ID:y/aKGx++
>>634
何言ってんだ。共通しているだろ。まわしにしてもな。
焼肉と同じ事を言っていたな?
それなら焼き鳥も、鳥を焼いて食うだろ。

637 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:10:08 ID:zqYqAGsW
>>632
モンゴル=匈奴かな?
史記に匈奴の裸で取っ組み合う競技の記述無いですけど相撲と類似した競技は存在したでしょうね


現生モンゴル人は、現生朝鮮人の様に、訳解らない事言いませんけど


638 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:15:27 ID:y/aKGx++
まだ帰ってないぞ。

639 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:16:03 ID:zqYqAGsW
>>636
土俵
着衣

焼き鳥と焼き肉については何を言いたいか解らないのだが
基本的に焼き鳥は自分で焼かない、日式焼き肉は自分で焼いてるけど何か問題あるの
江戸の昔から、自分で調理して食べる習慣あるのだけど?

640 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:16:40 ID:QlU5WMEw
>>636
ごめんね、どこのモンゴルでまわしをつけてるの?
モンゴル相撲は下半身は民族衣装のズボンでしょ?
どこの氏族でまわしつけてるんですか?

641 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:17:07 ID:E0Smy8KO
>>636
ちゃんとレス読んでるか?

642 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:17:29 ID:aSJMcEQ7
>>638
>>629
>>632

上の二つの件について回答よろしく。

643 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:19:24 ID:e2xiWs1f
>>640
プロレスのパンツみたいなやつじゃないの?

644 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:19:45 ID:y/aKGx++
焼き鳥は鳥を焼いて食べているが、どこでも焼いて食べるだろ。
寿司にしても、あれはシャリの握り具合が重要であって
特につぶさないように握ればいい。
いい味とは、つぶさない握り方であり、という事は、圧力をかけすぎない
ようにすれば、すぐにできるという事だ。
あとはネタを上にのせればできる。


645 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:20:25 ID:QlU5WMEw
>>643
それは現代の話じゃないかと思いますが…。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:20:55 ID:y/aKGx++
焼肉に関しては、その焼くための器具が重要。


647 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:21:07 ID:aSJMcEQ7
>>644
 >>642

催促するようで悪いが回答よろしく。

648 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:21:34 ID:e2xiWs1f
>>644
そんなハンゾーみたいなこと言うなよw 職人をなめんなよ!

649 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:21:35 ID:QlU5WMEw
>>644
>いい味とは、つぶさない握り方であり、という事は、圧力をかけすぎない
>ようにすれば、すぐにできるという事だ。

欧米の似非日本食レストランとおんなじメンタルだなw

650 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:22:11 ID:y/aKGx++
>>647
それはその通りだ。相撲はどうかは不明だ。

651 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:22:42 ID:zqYqAGsW
文献頼りだと、レスリングが相撲の根源だな
シルクロードを渡り、アジアの果てにたどり着き、独 自 の 発 展 を遂げた相撲

652 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:23:11 ID:fx55Ez6Y
>>649
いえ、違います。
鮮人固有の職人蔑視です。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:24:50 ID:y/aKGx++
>>649
寿司の何が重要なんだ?ネタとシャリの接し具合か?
そんな事はない。
ネタに関しては、ただ乗せるだけでいい。ネタの接し具合が
味に関係するわけがない。
ようは味が悪いのはシャリのみの握り方であり、シャリ同士がつぶれたりしている
事が原因だとTVでもあっていた。
職人はシャリ同士の間に空気が入っている、つまりつぶさないように
握っている。


654 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:24:51 ID:4Gm2GNxU
>>650
文字の記録がないと、証明するのは大変だと判ったか?
朝鮮には記録が無いから、何を証明するにも大変だなw

655 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:25:10 ID:QlU5WMEw
>>652
欧米の似非日本食レストランの経営者や料理人(と呼ぶには程遠いが)
が何者であるかわかっておられます?w

656 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:25:17 ID:aSJMcEQ7
>>650
ならモンゴル相撲はとりあえず下げれ。
あと君が主張したい韓国独自の文化をいくつか上げてくれ。
とりあえず主張したいのはテコンドーと焼肉か?

657 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:25:46 ID:zqYqAGsW
>>644
つまり、朝鮮半島の独自の文化は、どこでもある様な事しか無く
日本文化の形成に何の影響も与えていない

仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたと言う結論で良い訳だ

658 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:25:53 ID:y/aKGx++
>>656
そうだ。焼肉だ。

659 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:26:23 ID:e2xiWs1f
>>653
とりあえず将太の寿司あたりから勉強始めたら?

660 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:26:28 ID:y/aKGx++
>>657
焼肉こそ朝鮮民族が編み出した料理だ。


661 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:26:49 ID:QlU5WMEw
>>653
そんなバカなことばっかり言ってるから海外のフォーラムで
「あいつら(朝鮮人)の作る寿司はシャリが酢飯ですらない」
などとさんざんにけなされるんだろうがw

662 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:28:06 ID:y/aKGx++
>>661
だからシャリのみが重要なんだよ。寿司というのは。
あとはネタは元からある自然食だからな。

663 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:28:07 ID:zqYqAGsW
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかったという事だな

664 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:28:25 ID:QlU5WMEw
>>660
へえ、肉の熱の通し方だけできればどうにでもなるものを
料理だなんて誇るんですか。
寿司が握るだけなら焼肉はこうなりますね。自爆ですねw

665 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:28:29 ID:e2xiWs1f
>>660
朝鮮が編み出したのは残飯の内臓を焼く事だろうがw

666 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:29:47 ID:e2xiWs1f
>>661
ネタさばけるの?藻マイは

667 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:29:53 ID:y/aKGx++
>>664
焼肉は自分で焼くが、その道具を見てみろ。
家のフライパンとは大違いの味だぞ。

668 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:30:45 ID:zqYqAGsW
まともな米がとれなかったのに、すしはシャリと力説する方のいる所はここ?

669 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:30:55 ID:e2xiWs1f
>>667
それが自慢になるの?w

670 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:32:21 ID:zqYqAGsW
>>669
ローストほど難しい調理法は無いのですけど

671 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:33:31 ID:4Gm2GNxU
話は歴史、神話から焼肉へ。
すがれる物なら、もうなんでも良さそうですw

672 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:33:32 ID:y/aKGx++
>>669
なるだろ。焼肉専門店だぞ。
全然違うんだよ。焼肉屋と自宅で焼くのは。
対して、寿司とはネタは自然にあるもので、作るわけじゃない。
じゃあ後は何だ?重要なのはシャリという事じゃないか。
ネタの乗せ方は味には関係ない。
じゃあやはりシャリの握り具合とシャリを作る工程のみが重要。

673 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:34:35 ID:wjeDAthF
海外で朝鮮人経営の「Japanese Sushi Restaurant」が(現地人に)忌避される理由がわかった…。

674 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:34:41 ID:aSJMcEQ7
>>658
他の人がどういう見解かは知らんけど、個人的にはああいう形式の焼き肉料理に関しては韓国の文化と言ってもいいと思うよ。
その歴史的過程はともあれね。

675 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:34:46 ID:QlU5WMEw
>>670
だからうまい焼き加減で焼く職人(料理人)は賞賛に値するんですよね。
自分でへたくそに焼いたら素材の味が台無しですよ。

調理が全てですね。材料は元からある自然食ですからねw

676 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:35:42 ID:y/aKGx++
>>671
そうじゃない。神話はまだ終わってない。
最後の抵抗は残されている。
韓神新羅神社はこう言っている。
スサノオが日本に戻ってきた際に、ここに立ち寄ったのが由来だと
書かれているが、おまえらが言っていたのは
このスサノオと、神話のスサノオが時期がずれているといっているのか?
それともスサノオが新羅にいった時期と、この神社に立ち寄った時期は
繋がっているのか?

677 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:35:49 ID:e2xiWs1f
>>672
つまり、シャリの握り方に気をつければ、
ネタはコンビニに売ってる切り身でも一流の味になると・・・

678 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:37:09 ID:QlU5WMEw
>>676
>最後の抵抗は残されている。

コーヒー噴きそうになったじゃないか。おまい敗北寸前だったのかw

679 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:37:10 ID:E0Smy8KO
>>676
このスレをもう一度全部読み返してみなさい。

680 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:37:28 ID:e2xiWs1f
シャリに混ぜる酢の加減もケンチャナヨ!

681 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:37:56 ID:y/aKGx++
>>673
海外人はその朝鮮人は日本人だと思われているんじゃないか?
>>675
違う。焼きすぎて台無しにする事はないだろ。
普通に焼肉を自分で焼いていれば、どの程度がうまいかを
自分で分かる。
焼肉屋の一番の要素は、やはりその焼く道具にある。

682 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:38:50 ID:QlU5WMEw
>>680
ネタの鮮度もケンチャナヨ。
シャリとネタのバランスもケンチャナヨ。
わさび・薬味の量もケンチャナヨ。
唐辛子をまぶしちゃってもケンチャナヨ。

683 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:38:51 ID:e2xiWs1f
>>681
ハサミのこと?w

684 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:39:12 ID:zqYqAGsW
>>672
極上のシャリに腐った大根乗っけてもすしか?

朝鮮焼き肉(エプロンから鋏取り出してカルビ切る様な所)よりも
日本産牛肉(前沢あたりかな)を屋外で炭火で程よく(ここが難しい)焼いて喰った方がマシ

で、仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたし
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかったという事で間違いないな

685 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:40:17 ID:fx55Ez6Y
>>655
理解していますよ。
>>652で言いたかったのは、形さえ似ていればいいだろう、しゃりにネタが
のっていれば鮨であると言う職人の精進を無視する言動に対して言いたかっただけ。

ヤツの言い分ではネタに醤油を付けようと横にした途端、ネタがはがれるという
惨めな鮨にしかならないのは自明でしょ。

あのやりかたで今日から君も鮨屋さん。でも普通の日本人はそんなことできるわけ
ないって知ってるでしょ。

686 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:41:44 ID:e2xiWs1f
>>681
極上の焼く道具があれば、腐った肉でも一流の味になるのね!やっぱ朝鮮文明ってスゲー

687 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:42:21 ID:aSJMcEQ7
ID:y/aKGx++以外の人はああいう形式の焼き肉料理は韓国の文化だとは思ってないの?

688 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:43:33 ID:e2xiWs1f
焼肉って日本発祥じゃなかったっけ?

689 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:43:57 ID:y/aKGx++
いいか。寿司に関しては、ネタが重要だが、ネタは自然に出来たものだ。
料理してできたものではない自然食だ。
そのネタをシャリに乗せる技術は味を左右しない。
重要なのは、シャリを作る工程や、シャリの握り具合のみだ。
わさびの量程度に関しては、すぐに覚えられる。
職人はシャリのみという事になるぞ。
しかも味悪い原因はTVでもあっていたが、握りすぎてシャリとシャリが
つぶれたりすることが原因。
つまり握り過ぎないようにすれば、誰でも出来る。


690 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:45:07 ID:zqYqAGsW
朝鮮人は寿司という物を舐めてますね
ネタは適当、シャリが全て これで流行る寿司屋が無いのが日本

ところで、仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたし
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかったという事で間違いないな

691 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:45:21 ID:y/aKGx++
>>671
そうじゃない。神話はまだ終わってない。
最後の抵抗は残されている。
韓神新羅神社はこう言っている。
スサノオが日本に戻ってきた際に、ここに立ち寄ったのが由来だと
書かれているが、おまえらが言っていたのは
このスサノオと、神話のスサノオが時期がずれているといっているのか?
それともスサノオが新羅にいった時期と、この神社に立ち寄った時期は
繋がっているのか?



692 :義烈公家臣:04/09/21 19:45:46 ID:iZilUHsv
>>689 修行をすれば、誰でもできるよ

693 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:45:51 ID:E0Smy8KO
現在の、いわゆる“焼肉”というものを完成させたのは日本です。
韓国へは逆輸入。

694 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:46:01 ID:aSJMcEQ7
>>689
ネタの処理も重要なんだよ。
お前はそれ以上寿司を語るな。底が浅すぎる。


695 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:46:51 ID:fx55Ez6Y
>>687
小鰭や、穴子、づけはそのまま海を泳いでるのか?
卵焼きは雌鶏が産むのか?

再度言うが、鮨を横に倒した時にネタがはがれるのは鮨じゃないぞ。

696 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:47:02 ID:4Gm2GNxU
>>676
スサノオの尊、高天原から追放、新羅の地に降り立ったが
こんな所イヤだから船で出雲へ、ヤマタノオロチ倒して嫁さんget。
出雲から根の国に、お隠れになった。
どこが新羅の神だ、通ってきただけじゃねぇか。

697 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:47:06 ID:192Qwxli
鉄舌はちがうな。

魚の締め方一つで値段が違うというのに…
味噌と糞の区別もないからかな?

698 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:47:07 ID:y/aKGx++
>>693
日本だが在日だ。朝鮮人だよ。
>>694
ネタの処理というのは?

699 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:48:12 ID:QlU5WMEw
>>685
朝鮮人同士おんなじメンタルですねって言いたかったので
それがわかっていただければよろしゅうございます。

700 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:48:28 ID:fx55Ez6Y
>>698
おまえ、鮨食ったことないだろ。

701 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:48:29 ID:B6WtHkGz
職人を馬鹿にしてんのか

702 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:48:31 ID:cvhjtu/+
>>689
それを寿司食いに行って職人に直接言え。
もちろん、回転寿司屋じゃねえぞ。

おそらく、お前の浅はかさで大恥をかくことだろう。
その職人さんが運良く人格者なら
奥の深さを教えてもらえるだろうが。
まあ朝鮮人には何を言っても無駄か。

703 :義烈公家臣:04/09/21 19:48:33 ID:iZilUHsv
>>698 修行しろよ、そうすりゃ分かる(何年掛かるか分からんが・・・・)

704 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:48:51 ID:y/aKGx++
>>696
じゃあ出雲に韓神新羅神社があるんだな?
だからその時期は、日本へ戻ってきた時期とつじつまがあうのか?
なにやら別人物とか言っていただろ。
それはこの神社とは関係ない部分なのか?

705 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:48:53 ID:E0Smy8KO
ID:y/aKGx++は寿司を見たことがない模様。

706 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:49:04 ID:e2xiWs1f
>>689
じゃあ焼肉はわけわからん牛から肉や内臓を手でぐちゃぐちゃに毟り取って
それを直接客に出しても、焼く道具が優れていれば最高の味になるということでしょ?
肉は自然に出来たものなんだからw

707 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:49:06 ID:fx55Ez6Y
>>699
こちらも、了解しました。

708 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:49:42 ID:zqYqAGsW
>>689
オマエはヅケや穴子喰った事は無いのか?
卵焼きとか自然のままの材料をネタにしているのではないのだが?

で、仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたし
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかったという事で間違いないな

709 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:50:16 ID:y/aKGx++
おまえらは幻想を抱いている。
だいたいシャリ以外で重要なものはないだろ。
筋があるから、それを取り除く工程か?
それなら焼肉にも存在する。


710 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:50:57 ID:zqYqAGsW
>>701
狗に喰わせる寿司のネタになります

711 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:50:57 ID:cvhjtu/+
ID:y/aKGx++って、なんかもうその文体から朝鮮臭さがにじみ出ているね。

712 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:51:00 ID:d9BS6CCt
>>709
違う!
ネタは重要、ネタを切るための包丁も。
ヘタに切ったら、味が台無し。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:51:22 ID:y/aKGx++
>>708
づけは別だろ。しかしそんなものはすぐに覚えられるものであり
職人がどうとかは関係ない。
づけは何かを塗っているからだ。

714 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:51:24 ID:e2xiWs1f
てゆうか朝鮮語に「職人」て無いだろ?

715 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:51:58 ID:E0Smy8KO
>>709
寿司を食べてみなさい。

716 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:51:58 ID:aSJMcEQ7
>>709
だからお前は寿司を語るな。
言いたいことは「韓国には独自の文化がある」なんだろ?
ならその独自の文化であるところの焼き肉について語れ。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:51:59 ID:y/aKGx++
>>712
それは焼肉も同じ事だ。筋をうまく処理しなければ味が台無しだ。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:52:26 ID:y/aKGx++
>>696
じゃあ出雲に韓神新羅神社があるんだな?
だからその時期は、日本へ戻ってきた時期とつじつまがあうのか?
なにやら別人物とか言っていただろ。
それはこの神社とは関係ない部分なのか?



719 :義烈公家臣:04/09/21 19:52:38 ID:iZilUHsv
>>709 修行しろよ、そうすりゃ分かる。
干瓢巻に始まり、干瓢巻に終わる
この奥の深さ、お前、本物の寿司食った事ないな

720 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:52:58 ID:e2xiWs1f
>>713
そうですか。回転寿司も食べられないほど貧乏ですか。

721 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:53:14 ID:E0Smy8KO
>>718
このスレをもう一度全部読み返してみなさい。

722 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:53:28 ID:fx55Ez6Y
ヅケとツメの違いがわからんのに鮨の話するな。

723 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:53:32 ID:4Gm2GNxU
>>704
韓神新羅神社は、今もあるよ。
>日本へ戻ってきた時期とつじつまがあうのか?
新羅と呼ばれるところはイヤだから、出雲に来たの。
高天原→新羅→出雲だ。
しかし、それは日本側の記録にあるのみで、韓国に
スサノオの伝説はないだろ?
なんかあるか?

724 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:54:11 ID:aSJMcEQ7
>>718
神話だから時代なんて特定できないって何度も言ってるだろ。
いい加減覚えろ。
一つ覚えると一つ前のことを忘れる胡乱な記憶力しかないのか?

725 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:54:13 ID:y/aKGx++
シャリにしてもどうだろうか?握りすぎなければ誰でもできる。
ようはシャリを作る工程で、できたシャリをそのまま軽く握れば
それで味は変わらんだろう。
つぶす事がいけないのだから。

726 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:54:29 ID:zqYqAGsW
>>718
で、仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたし
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかったという事で間違いないな

727 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:54:50 ID:e2xiWs1f
>>725
作ってみろよw

728 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:55:13 ID:aSJMcEQ7
>>725
 >>716

729 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:55:43 ID:4Gm2GNxU
>>725
少なくとも、お前の握った寿司は、絶対喰いたくはないな。

730 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:55:43 ID:d9BS6CCt
>>717
違う!
肉は切り方より、育て方だ!

731 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:55:56 ID:fx55Ez6Y
>>725
おまえも日本在住なんだから、米のメシを食えるんだろ?
酢飯でなくていいから、一度作ってみろよ。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:55:58 ID:y/aKGx++
>>723
出雲に、その神社はあると?
>>724
神話でも時期が違うので、同一人物ではないと言っていただろ。
神話にでてくるスサノオと、別人物のスサノオは
どういう違いがあるんだ?

733 :義烈公家臣:04/09/21 19:56:21 ID:iZilUHsv
>>725 大爆笑 米を知らないんだね。
基本的にまじぇまじぇの食い物しか知らないのが、悲しいね

734 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:56:36 ID:zqYqAGsW
>>725
客単価\10,000位の店に行き、自説披露してみろ

で、仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたし
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかったという事で間違いないな

735 :スカシ顔 ◆GxL2yKkN1M :04/09/21 19:56:55 ID:evHYk/Wd
仕事からただいまー。
今夜の電波は楽しめる電波?それともいつものレベルの電波?

736 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:58:13 ID:4Gm2GNxU
>>732
神様に別人も糞もあるか、神の名を騙る奴は今も珍しくはない。

737 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:58:14 ID:e2xiWs1f
>>735
トンデモ食文化ヤローです。いつものレベルですねw

738 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:58:23 ID:QlU5WMEw
>>709
というかそもそも加減のいい握り方自体修行しないと身につかない。
君の目の前に酢飯とネタを置いたらすばらしい加減で握れるかね?

ご飯の炊き方、酢飯の味付け、ネタの質、ネタの切り方焼き方煮方、
煮詰めの味、出汁巻の味と焼き加減、ネタとシャリの量のバランス、
外で崩れず口で崩れるシャリの握り加減、わさび・薬味の分量、
わさびの質と下ろし方

素人考えでもこれくらいは出てくるような。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:58:26 ID:y/aKGx++
>>730
育て方はもちろんだが、切り方で変わる。
適当に切って筋を残したら変わるだろ。
>>731
飯の重要性は、そのつぶだろ。
そのつぶの集合体で、それをつぶしたらいけないだけの話だ。
つぶさなければいいんだよ。
おまえらの言うシャリの距離で味が変わるという科学的根拠はあるのか?

740 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 19:58:40 ID:zqYqAGsW
>>733
炊いた米 飯を食べるのは日本固有の文化ですから

741 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 19:59:13 ID:y/aKGx++
>>736
だからスサノオと別人物のスサノオはいったいどこから違うんだよ?

742 :マンセー名無しさん:04/09/21 19:59:54 ID:aSJMcEQ7
>>732
出雲の王としてのスサノオと天照の弟としてのスサノオのことか?
だとしたら代が明らかに違うことが根拠かな?

743 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:00:25 ID:e2xiWs1f
>>739
>適当に切って

ハイ出ました。朝鮮の血が!

744 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:00:26 ID:wjeDAthF

 味覚傷害のキムチ野郎に寿司の奥深さなどわかるものか。

745 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:01:07 ID:4Gm2GNxU
>>741
こっちが聞きたいよ、そのスサノオの名を騙る人は何をして
どういう話を残したんだ?

746 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 20:01:22 ID:zqYqAGsW
>>739
仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたし
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかったという事で間違いないな

異論が無いようであれば、朝鮮文化とやらは、日本文化に寿司のガリ程度の影響も与えていない
という結論

747 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:01:24 ID:d9BS6CCt
>>739
大したことはないだろ。丸焼きだってできるんだから。

748 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:01:49 ID:E0Smy8KO
>>741
記紀を読んだ上で語ってるか?

749 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:01:52 ID:fx55Ez6Y
>>739
シャリの距離?飯粒の密着度のことか?
食感を左右するのは当然だろ?科学的根拠は知らん。

だからやってみろよ。酢飯でなくていいから。

750 :義烈公家臣:04/09/21 20:02:04 ID:iZilUHsv
>>739 米にも色々な品種があり、それぞれ味が違います。
職人は米を吟味し、もっとも適した炊き方(水加減等)で作るのです。
チョウセンジンは、濃い食事を好むので、雅な味を理解できないのも仕方がないのかもしれませんね。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 20:03:15 ID:y/aKGx++
>>738
その程度なら焼肉にも言えるぞ。
焼肉のタレの作り方、生肉につけるタレの付け方。
ネタの質、ネタの切り方、焼く網と焼く墨の質、そしてそのバランス。



752 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:03:18 ID:cvhjtu/+
>>725
まあ何を言っても無駄で頭がおかしいのが朝鮮人のデフォルトだが、
仮にもしお前の言うとおりだとすれば、
寿司「職人」なんて日本には存在しえなかっただろう。

第一、お前の言うとおりなら誰が高い金払ってまで
寿司なんぞ職人にわざわざ握ってもらうかい。
まあ焼肉「職人」なんてものは聞いた事はないがな。

「職人」を何よりも馬鹿にする恥知らずな国の人間には、
そもそもこの手の会話は何も通用しないのはこちとら百も承知だが。

753 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 20:04:12 ID:zqYqAGsW
何も知らない頃は、肉調理文化としての朝鮮料理評価していたけど、いまではねぇ

754 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:04:17 ID:e2xiWs1f
ま、味も見た目も腹が満たされればケンチャナヨな民族に何を言っても無駄かw

755 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:04:31 ID:QlU5WMEw
>>751
で、それを全てかなえられるのは誰なんだ?おまえか、職人か。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 20:04:41 ID:y/aKGx++
>>742
じゃあその出雲のスサノオが日本からという理由は?
その天照の弟としてのスサノオの場合の神話にも
新羅に行った事は乗っているのか?

757 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:04:53 ID:asYQOQBu
>>751
で、焼肉職人っているのか?

758 :スカシ顔 ◆GxL2yKkN1M :04/09/21 20:04:54 ID:evHYk/Wd
>>751
    |┃三             _________
    |┃              /
    |┃ ≡    _、_   < バカジャネーノ?
____.|ミ\___( <_,` ) _ \
    |┃=___    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡   )   人 \ ガラッ


759 :義烈公家臣:04/09/21 20:05:04 ID:iZilUHsv
今、疑問なんだか、韓国に焼肉職人って専門職は居るのか?(経営者は除く)

760 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:05:31 ID:E0Smy8KO
>>756
記紀を読んだ上で語ってるか?

761 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 20:05:49 ID:y/aKGx++
>>749
だから距離に関してh、つぶさないようにすればいいんだよ。
それ以外の距離は関係ない。
これだけ近くにあればうまさが左右するとかないだろ。

762 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:06:15 ID:E0Smy8KO
>>761
記紀を読んだ上で語ってるか?

763 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 20:06:36 ID:y/aKGx++
>>752
馬鹿め。おまえは矛盾している。
それならなぜ焼肉屋に食べにくる人がいるんだよ?
という矛盾がな。

764 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:06:57 ID:e2xiWs1f
肉をハサミで切ることは確かに誰でも出来る。

765 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:07:06 ID:E0Smy8KO
>>763
記紀を読んだ上で語ってるか?

766 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:07:32 ID:fx55Ez6Y
>>761
おまえ、回転寿司すら食ったことないだろ。

767 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:07:39 ID:d9BS6CCt
>>751
焼き肉は 肉 が命。
タレなんぞ正直どうでもいい。焼き肉屋に何年ものの秘伝のタレなんぞあるか?
いい肉はほんのり塩をかける程度で食えるんだよ。

768 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 20:07:53 ID:zqYqAGsW
>>751
それは朝鮮式焼き肉だな
日本式の喰う人間が自分で焼く式の物ではない

仙台の牛タン屋がそれに近い方式だけどレベルが違う

769 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/21 20:08:01 ID:y/aKGx++
>>762
出雲のスサノオと、神話にでてくるスサノオが違うという事がわかった。
俺が知りたいのは、神話の方にでてくるスサノオは
新羅に行って帰ってきたと書かれているのか?

770 :義烈公家臣:04/09/21 20:08:01 ID:iZilUHsv
>>761 米の品種によって、炊き方を変え、お前さんの言ってる距離を作るのは
職人の絶妙な技だぞ、知ってるか?

771 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:08:45 ID:QMN9Y8Zc
焼肉職人・・・
屠殺解体専門業者はいるけどねえ



772 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:09:07 ID:e2xiWs1f
>>766
こいつは焼肉ですら1000円の食べ放題しか行ったことが無いとみた

773 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 20:09:29 ID:zqYqAGsW
仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたし
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかったという事で間違いないな

774 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:09:35 ID:tWubC8CP
実況と焼肉に何の関係が

775 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:10:31 ID:QlU5WMEw
ここで言う焼肉ってみんなでワイワイ肉を焼いて食う雰囲気を
楽しむものだから、職人なんて生じようがない。
材料や味付け、焼き加減にこだわるならステーキハウス式の
焼肉屋ができるかもしれないね。

776 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:11:29 ID:E0Smy8KO
>>769
このスレをもう一度全部読み返してみなさい。

777 :義烈公家臣:04/09/21 20:11:30 ID:iZilUHsv
彼が悪いのでは無い、赤貧が悪いのだろう
本物の寿司や、懐石料理を見た事が無いし、勿論食べた事も無い。
職人の技と心意気に、雅を感じる感性は無理なんだろうなぁ・・・・・・

778 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 20:11:30 ID:zqYqAGsW
>>770
聞き齧りで簡単に再現出来ると考えるのが、独自の文化持たない地域の住人の様です

779 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:13:21 ID:4Gm2GNxU
>>769
最初、新羅に降り立ったが、イヤで出雲にやってきたと。
韓国にスサノオ神話がない以上、神話が出来るまもなく
出雲に来たって事だ。戻ってきたというのとは違う。
推測で良いなら、この時新羅には人がいなかったともとれる。
スサノオが新羅の神なら、何故韓国にその神話が伝わってない。

780 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:13:39 ID:QMN9Y8Zc
「焼肉の文化史」
http://www.akashi.co.jp/Asp/details.asp?isbnFLD=4-7503-1956-2
朝鮮半島をはじめ、東アジアに広がる焼肉の文化を歴史、
社会現象など多方面から取り上げる。
「ホルモン=放るもん」説などこれまで根拠もなく
受け入れられていた俗説にも実証的に果敢に挑んだ力作。

在日が来る以前から日本人が食べてた内臓料理も色々あるそうだ

781 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:13:47 ID:wjeDAthF
牛肉を扱う焼肉屋の場合、「生で喰いたい」って
言ったときの対応である程度判断つくけどな。
今までで自分的に最強だと思ったのは
「でしたら、そのままどうぞ?」と言った店。

朝鮮系はユッケが出てくるのがいいところ。

782 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:15:20 ID:e2xiWs1f
ようするに朝鮮が自分たちで築きあげた文化など 何 一 つ なかったわけだ。

783 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:16:24 ID:fx55Ez6Y
パクったつもりでも、パクりにすらなっていないということが
判明しました。

784 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:16:36 ID:e2xiWs1f
>>781
ユッケの肉だけは別物という焼肉屋も少なくない

785 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:17:04 ID:d9BS6CCt
日本の道具で、日本式の食べ方をする焼き肉を朝鮮人が商売ではじめた・・・
というところでしょうか?

786 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:18:53 ID:QlU5WMEw
>>782
「朝鮮が自分たちで築きあげた文化」

・恨
・乳出しチョゴリ(現在は消滅)
・外敵除けに街に排泄物をばら撒く(日帝に奪われた)

少なくとも3つだけはあるようです。

787 :義烈公家臣:04/09/21 20:19:05 ID:iZilUHsv
キムチも焼肉も・・・・・そうだ、冷麺と水は残ってるぞ 喜べ

788 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:20:57 ID:QMN9Y8Zc
「焼肉の文化史」書評しかまだ読んでないけど
在日が焼肉創ったってのはある種のサクセスストーリーであって
突っ込む事がタブー視されてて流布した俗説ってとこまで言っちゃってるみたい


789 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:21:37 ID:E0Smy8KO
「歴史捏造」も朝鮮文化の特徴の一つだが、支那もやっているので
その起源には論争がある。

790 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:21:41 ID:TictPHXR
おーいID:y/aKGx++よ、焼き肉・テコンドー以外の文化も上げてくれえ。


791 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :04/09/21 20:24:09 ID:zqYqAGsW
>>790
情け容赦ない奴w

792 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:24:16 ID:QMN9Y8Zc
>>785
かろうじてオリジナリティーがあるとすればタレかな?


793 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:24:25 ID:e2xiWs1f
>>786
糞&ゴミと共に生きた先人たちの功績をなぜ称えん!!

それを隠すことは日帝のしたことを認めるということだぞ?

朝鮮人答えてw

794 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:25:36 ID:e2xiWs1f
>>790
かんたん寿司

795 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:26:49 ID:QlU5WMEw
ああ、忘れちゃならない朝鮮独自のヤツあったよ。




          ホ ン オ フ ェ

796 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:27:48 ID:QMN9Y8Zc
焼肉の起源と歴史、文化

http://f36.aaacafe.ne.jp/~korea/trueyakiniku.html

797 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:28:41 ID:TictPHXR
>>791
うん?別に馬鹿にはしてないぞ?
その2点に関しては起源や経緯がどうであれ馬鹿にせず韓国文化と認めてるんだが……

798 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:28:43 ID:QlU5WMEw
>>795
ホンオフェじゃなくてホンタクだったかな?

799 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:28:48 ID:d9BS6CCt
>>792
クセのある内臓を食べやすくするために作られた、タレ ですね?

ああ、そういえば内臓の処理は優れているのではない?

800 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:32:17 ID:E0Smy8KO
本日の結論

仮に朝鮮半島が無くても今の日本文化は形成されたし
近代朝鮮文化は、日本無しには形成されなかった。

801 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:36:54 ID:e2xiWs1f
>>796
>儒教国家では人肉食は最高のごちそうであり、

調べれば調べるほど朝鮮の悪魔のような歴史が明るみに・・・ガクガクブルブル

802 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:44:10 ID:QMN9Y8Zc
>>799
白丁の人たちはそうだったでしょうね
ただ日本にもそれに長けた人たちが居ましたし
食べてもいたと思いますよ
初期のもつ焼きはくしに刺して、味噌ダレだったそうです
>>801
韓国の絵本「ネギを植えた男」だったかなあ?
ある男がネギを持ち込むまで共喰い日常茶飯事って内容
その男も食べられちゃうガクブルの絵本w

803 :マンセー名無しさん:04/09/21 20:57:14 ID:QMN9Y8Zc
読めるサイトあった
ttp://www.alps.or.jp/match/shibai/negi/index.html
怖っw

804 :マンセー名無しさん:04/09/21 21:05:56 ID:e2xiWs1f
>>803
「前作のリアルで怖い作品」を読みたいでつねw

805 :マンセー名無しさん:04/09/21 21:20:52 ID:QMN9Y8Zc
>>804
きっと見せられた子供が泣いたんだよw

806 :マンセー名無しさん:04/09/21 21:35:17 ID:Vun5vdG4
どうでも良いが、在日タンは
「スサノオには2人のモデルが居る」
というのが歴史的事実として話を進めているように見えるが?

何でそんな話になったんだ?

807 :マンセー名無しさん:04/09/21 21:54:24 ID:d9BS6CCt
>>78からスサノオの話題になっているね・・読むのめんどくせー
>>197で「〜であろう、ということ」となっているのを決めつけちゃってるのでは?わかんないけど。

808 :マンセー名無しさん:04/09/21 22:05:30 ID:jzcmtndn
何も知らないのに語ろうとするから、ぼろをだすんだよねえ。朝鮮人って奴は。

809 :マンセー名無しさん:04/09/21 23:51:10 ID:Vun5vdG4
>>807
箕子朝鮮が伝聞の伝説で・・・
という辺りから、反撃のつもりで記紀神話に話を飛ばした辺りは見てたんですが・・・

相変わらず古事記すら目を通していないようだし。
下手に例え話や仮説を語ると、

つまり、・・・・ということになる。
じゃあ、・・・・じゃないか?

という流れにはまるからな*は

810 :マンセー名無しさん:04/09/22 00:16:59 ID:UxT3wi2x
まさかマージャンの数字の数え方に食いついてくるとは思わなかったw

811 :マンセー名無しさん:04/09/22 00:33:50 ID:fbS59u6O
>>810

> それだけ共通していれば、中国語と日本語は共通であると言える。
> 違うという事があるはずないだろ。

イチ、ニ、サン・・・が、中国からの外来語だとは一瞬たりとも疑わずこの断定!

他の理論もこのレベルなんだろうな。

812 :マンセー名無しさん:04/09/22 00:49:54 ID:UxT3wi2x
>>811
和語的に数えるなら「ひ、ふ、み、よ、い、む、な、や、こ、と」でまったく共通点がなくなるんだけどねw

813 :マンセー名無しさん:04/09/22 07:35:04 ID:qiLHe6Cf
>>812
> 和語的に数えるなら「ひ、ふ、み、よ、い、む、な、や、こ、と」

これを、アラム語で解釈すると、日ユ同祖論の入り口。
マイトケーヤーだっけかな?

814 :マンセー名無しさん:04/09/22 09:02:39 ID:3i9Vwzmt
面白い。
元ネタが精々「正太の寿司」程度であろう事が透けて見えるw

815 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:15:11 ID:YtAzg08O
>>779
おまえらは時期が違うというのは、スサノオの神話が元々あって
その新羅に行き、新羅から戻るというところが、元々のスサノオ神話と
時期が違うと言うんだろ?


816 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:19:23 ID:3i9Vwzmt
すさのおのみこと すさのを― 【素戔嗚尊/須佐之男命】
記紀神話で出雲系神統の祖とされる神。伊弉諾(いざなき)・伊弉冉(いざなみ)二尊の子。
天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟。
粗野な性格から天の石屋戸の事件を起こしたため根の国に追放されたが、途中、
出雲国で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して奇稲田姫(くしなだひめ)を救い、
大蛇の尾から天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を得て天照大神に献じた。
新羅に渡って金・銀・木材を持ち帰り、また植林を伝えたともいわれる。
「出雲国風土記」では温和な農耕神とされる。


辞書にすらこの程度はあるよ?
調べてから話を進めなよ。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:23:03 ID:YtAzg08O
>>816
時期が違うというのは、どの段階なんだ?
新羅に行くというところで、もう別人物なのか?
それとも帰ってきた段階のスサノオが別人物だと?

818 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:25:26 ID:3i9Vwzmt
何が聞きたいのかさっぱりなのだが。

819 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:27:17 ID:YtAzg08O
>>818
素戔嗚尊と須佐之男命は別人物だと言っていた。
それは天照大神と同じ時期のはずなのに
一方は、33代もの天皇と同じ時期にいる事になると。

820 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:32:25 ID:9rpdHLIP
ほんとに卒業しなよ。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:33:38 ID:YtAzg08O
>>820
今日卒業するかもしれない。
別人物なら、新羅から帰ってきた奴はスサノオじゃないのか?

822 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:36:06 ID:qpJUikNj
結論 解からない。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:38:56 ID:YtAzg08O
>>822
179 :天之御名無主 :03/10/16 11:01
播磨国伊和神社の文献などを調べれば分かると思うが、神話にでてくる須佐之男命と
八坂神社に御祭りされている素盞鳴尊は別人物のように思える。
私は大己貴命の研究をしているんですが、
播磨の文献では大己貴命は播磨国の神出で生まれ、推古天皇の時代に活躍したように
書かれている。
大己貴命は素盞鳴尊の子とされている。
一般に素盞鳴尊とは八坂神社に御祭りしてある素盞鳴尊であり、
八坂神社の御祭神は播磨の広峯神社から遷されているとの記録がある。
こちらの人物は新羅出身で、日本の天皇家を頼って日本に移住し、
播磨を中心として勢力を拡大したとされているので、
亡命新羅人と思われる。
時代考証から考えて、元々の神話の登場人物と、かなり後年になって
日本に渡ってきた別人物が混同された結果、
神話の登場人物がかなり後年に成立した新羅出身であるという
珍説になったのではないだろうか。





824 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:42:48 ID:qpJUikNj
>>823
それはその人の説。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:44:36 ID:YtAzg08O
>>824
だから33代もの天皇の時期にスサノオが活躍していたとあるが
そもそも天照大神の時期なのだから、大きな矛盾なので
別人物じゃないのか?

826 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:45:28 ID:UxT3wi2x
別人物のように思える。
亡命新羅人と思われる。
珍説になったのではないだろうか。

意味わかるか?
これを書いた人間がそう思っているだけ。誰も認めていない。

在日はバカだと思える。
在日は犯罪者だと思われる。
在日は死んだほうがいいのではないだろうか。

これをお前は認めるか?

827 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:46:50 ID:YtAzg08O
>>826
じゃあ明らかに時期が違うのはどう説明するんだ?

828 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:51:19 ID:NZpM80gm
檀君は1000年も生きたそうだが
明らかに時期が違うので別人

829 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:51:19 ID:UxT3wi2x
認めるのか?認めないのか?

830 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:51:39 ID:VFVF/Lyw
>>827
神話に整合性を求めるな。
整合性がないから神話。
以上。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:52:04 ID:YtAzg08O
だから時期が違うんだろ?それでも別人物ではないと?


832 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:52:14 ID:qpJUikNj
>>827
説明できる説を主張する人もいるし、
神話だから説明不要という考えもある。

833 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:53:05 ID:UxT3wi2x
>>831
>>826を認めるのか?認めないのか?


834 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:54:43 ID:NZpM80gm
そうだな
>>826を認めるか認めないか答えるまで話を進めない方がよさそう

835 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:54:48 ID:3i9Vwzmt
>>831
遅くなって済まないな。
神話ってのは精々が事実に基づく「であろう」物語何だよ。
この部分を理解しろよ、お前。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 10:56:48 ID:YtAzg08O
>>833
認めん。
じゃあそもそも韓神新羅神社とは、どう考えても
スサノオであるならば、そのように祭らない。
韓帰還神社というようになるはず。
韓の神と言っているのだから、韓がメインだ。
という事は、それを神として祭るのだから
かなり偉大な存在として見ていた証拠となるだろう。

837 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:58:38 ID:qpJUikNj
>>836
神様が偉いのはあたりまえ。
他は君の妄想入りすぎでダメ。

838 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:58:50 ID:3i9Vwzmt
>>836
それはお前独自の「説」な。
勝手にそう解釈するのは勝手だぜ?
それで決着して良いか?

839 :マンセー名無しさん:04/09/22 10:58:51 ID:VFVF/Lyw
>>836
韓神は日本の神の子孫の一人。

840 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:00:10 ID:NZpM80gm
お前が>>826を認めないなら
俺達も>>823を認めない

で終わり

841 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:00:23 ID:UxT3wi2x
>>836
>>833を認めないということは>>823も事実ではないということだ。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:04:59 ID:gkWxKrft
韓神がえらい?という事は韓は偉大だったわけだな?


843 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:06:50 ID:3i9Vwzmt
「韓」って字が着いてれば韓国と関係があるって訳じゃないよ?

844 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:08:14 ID:gkWxKrft
>>843
韓神新羅神社とあるんだよ。

845 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:08:23 ID:VFVF/Lyw
>>842
神が偉いのであって韓が偉いわけではない。


846 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:09:21 ID:dGAuFeP4
まだやってたの?
お前ら優しいなぁw

847 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:09:36 ID:gkWxKrft
>>845
韓を神として祭っているだろ。

848 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:10:07 ID:3i9Vwzmt
>>844
あったら何だ?

849 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:10:16 ID:dGAuFeP4
はい、βακα決定

850 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:13:12 ID:qpJUikNj
ところで、韓神新羅神社というのは、君の氏神さんかね?

851 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:13:42 ID:HRiJoxPe
韓を神として
・・馬鹿ですか?

852 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:13:58 ID:VFVF/Lyw
>>847
別に半島を崇めてるわけじゃないからw


853 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:14:55 ID:dGAuFeP4
からかみ 【韓神】

古代、園神(そののかみ)とともに宮内省にまつられた神。
古事記神話では大年神(おおとしのかみ)と伊怒比売(いのひめ)との間の子。
大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなびこなのみこと)の二神とする考えもある。
からのかみ。

三省堂提供「大辞林 第二版」より


これぐらいぐぐればすぐ出てくるんだがほんと自分で調べようともしねぇよな

854 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:15:30 ID:gkWxKrft
じゃあ普通韓帰還スサノオ神とかそのように書くはず。
韓の神と言っているのは自然だろ。


855 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:16:48 ID:qpJUikNj
>>854
神社とか神様の御名は君の考えるほど単純ではないよ。

856 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:16:52 ID:3i9Vwzmt
>>854
「韓」って字を辞典で調べてみろ。

そして何が主張したいのかきっちりまとめてみろ。
「お前の国の神様の一人は俺の国を通り過ぎた事がある」
これが証明されたとして、誇らしいか?

857 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:17:03 ID:dGAuFeP4
>>854

昨日sage覚えたのにもう忘れてるしな…。
ダメダコリア

858 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:17:25 ID:gkWxKrft
>>853
韓神新羅と書かれているのだから、半島の事だろ。

859 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:18:39 ID:VFVF/Lyw
それから新羅と出雲の関係に関しては「国引き神話」というのがある。
簡単に言えば出雲の領土を拡大するのに新羅の地を得たという話な。
韓神新羅神社もそうした神話の輪の中に入るものだろう。
つまり出雲が主で新羅が従という話。



860 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:19:13 ID:gkWxKrft
>>856
通り過ぎた?帰還じゃないのか?

861 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:21:19 ID:dGAuFeP4
>>860
どうみたら帰還になるんだ?

862 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:21:21 ID:gkWxKrft
>>859
つまり新羅は朝貢していたので、そのような支配していた側だったと?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:23:54 ID:gkWxKrft
>>861
だからスサノオは新羅に行き、帰還したとあるが
帰還じゃないというのは、どこから来ているんだ?

864 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:25:52 ID:HRiJoxPe
原子力から神話解釈まで
ハン板はネタの宝庫だな

865 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:27:10 ID:lMDNAirk
>>862
出雲の勢力範囲が半島にまで及んでいたという話。その逆ではない。
あくまで神話なのでそのまま根拠には出来ないがな。

つまり韓神新羅神社の存在は半島が列島に影響を与えたのではなく列島が半島に影響を与えたその名残ということも出来る。

866 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:28:52 ID:dGAuFeP4
>>863
逆に聞いてるんだが。
いい加減質問返しやめてくれない?

須佐之男命は新羅から帰還したっていうのはどこに書いてんの?

867 :866:04/09/22 11:31:39 ID:dGAuFeP4
何の文献に書いてるの?ってことな

868 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:34:45 ID:3i9Vwzmt
>>836
言い方変えようか?
「お前の国の神様の一人は俺の国に来た事がある」
これでも良いけど、何か誇らしいのか?

こんな話をしているって事はお前は日本の神様に詳しいんだろうな?
日本の太陽神の名前は?

869 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:36:54 ID:4PGQkX/o
寿司と焼き肉の話はもう終わりなの?

870 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:42:08 ID:gkWxKrft
>>865
金とか銀とか、植林の技術を持ち帰ってきたというのは
半島が日本に影響を与えた証拠じゃないのか?
>>866
どこでも書かれているじゃないか。
韓神新羅神社の文献にも、日本書紀にも
新羅へ行き、ここにはいたくないと言って
帰って出雲へ行ったと。


871 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:48:40 ID:h6dLij+E
>>870
他の人は知らんがオレは日本が半島の影響を全く受けなかったとは思ってないぞ?


872 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:54:07 ID:gkWxKrft
>>871
じゃあ866は、何を通り道だと言っているんだ?
スサノオ帰還とは別の事を言っている。

873 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:56:36 ID:NZpM80gm
マジでどこの何という資料に書いてあるの?>スサノオ半島征伐

874 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 11:58:18 ID:gkWxKrft
>>873
違う、スサノオの帰還だぞ。
帰還とは別に通り道というのはどういう事なんだ?

875 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:59:27 ID:h6dLij+E
>>872
おれは866じゃないから知らんよ。
だけど新羅から出雲に帰還する途中に立ち寄った島の神社だろ?韓神新羅神社は。
その辺でなんか二人の間で食い違いがあるんじゃねえの?


876 :マンセー名無しさん:04/09/22 11:59:43 ID:4PGQkX/o
日本書紀にそんなこと書いてあったか?

新羅神社の文献はしらんけど。

877 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:01:03 ID:4PGQkX/o
>>876
自己レス
高天原から新羅を通過して出雲へ行ったというのは書いてあったような。

878 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:01:55 ID:NZpM80gm
スサノオ半島征伐の帰還ルート?

879 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 12:02:58 ID:gkWxKrft
>>876
ここに書いてある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA
ここにも。
http://www.kamnavi.net/it/izumo/zkara.htm

880 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:05:45 ID:3i9Vwzmt
>>879より
>『日本書紀』による一説では、高天原から追放されたスサノオは、
>新羅に降り、「私はここには居たくない。」と言い息子の五十猛尊(イソタケル)と共に
>土船で出雲へ渡ったとある。そのとき高天原から持ち帰った木々の種を、
>韓(から、朝鮮)の地には植えず、大八洲(おおやしま、日本のこと)に植えたので、
>大八州は青々とした地になったと言う。

お前スサノオは朝鮮半島には何の興味もなかったって主張したいのか?



881 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:05:56 ID:NZpM80gm
当時から(スサノオですら)住みにくい土地だったのか
ワロタ

882 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 12:07:31 ID:gkWxKrft
根の国は海原とあるぞ。これは新羅の事じゃないのか?

883 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:08:54 ID:3i9Vwzmt
>>882
再び>>879より
>根の国は地底の国とも言われるが、『日本書紀』の一説には海原と密接に
>関係している様にしるされている。
>出雲国黄泉比良坂と伯耆国夜見(黄泉)島の間、すなわち出雲国安来郷(現安来市)が
>有力である。


884 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:11:35 ID:NZpM80gm
どうでもいいが英語版Wikipediaのスサノオはまちがっとるな
月の神は月読命だろ

Susanowo
From Wikipedia, the free encyclopedia.
Susa-No-O (Japanese: 須佐之男) (also transliterated as Susanowo, Susanoo, and Susanō) in Shinto is the god of the Moon and storms.

He is the brother of Amaterasu, the goddess of the Sun.

He is portrayed in the anime Blue Seed and the Masamune Shirow manga Orion.

This article is a stub. You can help Wikipedia by expanding it (http://en.wikipedia.org/w/wiki.phtml?title=Susanowo&action=edit).


885 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:12:35 ID:VPn+TlUS
>>882
1.根の国は海原とある→2.これは新羅の事

先生!1と2に繋がりが見られません!

886 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:18:26 ID:3i9Vwzmt
午後の部は>>879のソースの否定からかな?
きっちり読む事も出来ないってのは可哀相だな。

887 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:44:33 ID:3FJ7YDmS
>>880
朝鮮半島に禿山が多いのは、神話にまで登場するんですね。

888 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:57:22 ID:kzejmniY
>>885
同じように、繋がらないことを>>204でやっとります。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 12:58:09 ID:B2CwJjhi
まず時期が違う事が神話のスサノオと出雲のスサノオは同一人物ではない証拠だろ。
そうすると。やはり半島系の影響と考えるのが普通じゃないか?

890 :マンセー名無しさん:04/09/22 12:59:00 ID:3i9Vwzmt
>>889
>>880

891 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 13:04:01 ID:B2CwJjhi
>>890
179 :天之御名無主 :03/10/16 11:01
播磨国伊和神社の文献などを調べれば分かると思うが、神話にでてくる須佐之男命と
八坂神社に御祭りされている素盞鳴尊は別人物のように思える。
私は大己貴命の研究をしているんですが、
播磨の文献では大己貴命は播磨国の神出で生まれ、推古天皇の時代に活躍したように
書かれている。
大己貴命は素盞鳴尊の子とされている。
一般に素盞鳴尊とは八坂神社に御祭りしてある素盞鳴尊であり、
八坂神社の御祭神は播磨の広峯神社から遷されているとの記録がある。
こちらの人物は新羅出身で、日本の天皇家を頼って日本に移住し、
播磨を中心として勢力を拡大したとされているので、
亡命新羅人と思われる。
時代考証から考えて、元々の神話の登場人物と、かなり後年になって
日本に渡ってきた別人物が混同された結果、
神話の登場人物がかなり後年に成立した新羅出身であるという
珍説になったのではないだろうか。







892 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 13:04:30 ID:B2CwJjhi
じゃあ↑は何の同一人物ではないといってるんだ?

893 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:07:46 ID:kzejmniY
>>892

  | 書き込む|名前:|          |E-mail(省略可): | sage     |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             Λ Λ  /
                             (,,゚д゚)っ
                            〜/っ /
                        ε=ε= U U



894 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:12:42 ID:3i9Vwzmt
>>892-893
「解釈」による「推測」のひとつ。

895 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:17:28 ID:4PGQkX/o
珍説って言っている。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 13:17:45 ID:B2CwJjhi
>>894
解釈とはいえない。推古天皇とは、33代天皇であり
スサノオの兄弟は天照大神だ。
天照大神は神話の神であり、天皇の起源だ。
つまり別人物のスサノオ伝説があるという事になる。


897 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:18:55 ID:UxT3wi2x
>>892
841 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:04/09/22 11:00:23 ID:UxT3wi2x
>>836
>>833を認めないということは>>823も事実ではないということだ。

898 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:19:08 ID:NZpM80gm
アホだな・・・

899 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 13:31:28 ID:B2CwJjhi
>>898
一般に素盞鳴尊とは八坂神社に御祭りしてある素盞鳴尊であり、
八坂神社の御祭神は播磨の広峯神社から遷されているとの記録がある。
こちらの人物は新羅出身で、日本の天皇家を頼って日本に移住し、
播磨を中心として勢力を拡大したとされているので、
亡命新羅人と思われる。

新羅人だと思われると書かれているが?

900 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:34:22 ID:UxT3wi2x
在日はバカだと思われる。

認めるか?認めないか?

901 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:34:44 ID:NZpM80gm
>>899
だからそいつが勝手にそういっているだけだろうが
何度行ったら分かるんだチョン

902 :吃驚! ◆HmIMFmcOu. :04/09/22 13:34:52 ID:bl9+RSDl
>>900
認める。

903 :866:04/09/22 13:37:31 ID:dGAuFeP4
>>875
須佐之男命は高天原から最初に降りた地が新羅で気に入らないから
出雲に上陸したと思ってたので出雲に帰還したという主張が
どっかの文献にあるかと思って突っ込んだんだーわ。

そっちに噛み付かせてスマン(´・ω・`)

904 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:37:51 ID:4PGQkX/o
「こちらの人物が」という一文がどこを示しているのかわからないんだけど、
広峯神社にまつられている素盞鳴尊の事を指しているのであれば、
素盞鳴尊が新羅出身だという文献を教えてほしい。

当方探したが見つからなかった。

広峯神社も八坂神社も素戔嗚尊をまつっていることはわかったけど。

905 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:39:30 ID:3i9Vwzmt
>>899
「思われる」だろ?
そいつが思ってるだけってお前さんのソースにも書いてあるじゃないか。
読めないのか?

906 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 13:44:41 ID:B2CwJjhi
これを見てみろ。
http://www.kamnavi.net/it/kinki/yasaka.htm
つじつまを合わせるとどうなる?
高麗から来ていて、牛頭天王の牛頭はインド伝来かもしれないが
新羅に牛頭山があったのでと書かれている。
そして牛頭大神がスサノオだと。


907 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:49:41 ID:3i9Vwzmt
同一視されたって事は別人じゃねーか

908 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:49:43 ID:4PGQkX/o
>>906
>>この牛の頭を神にささげた所から牛頭天王が大善神となり、素盞嗚尊と同一視されたのである。

つまり同一視されただけで、同一人物ではないよ。

で、新羅出身で、日本の天皇家を頼って日本に移住し、播磨を中心として勢力を拡大した人物の文献を早く出してください。

909 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:50:18 ID:/TR/6ZDx
侵略について責任をとる方法の一つに、被害を受けた国や個人に金銭で賠償する方法があります
日本は被害国に対して経済協力という名目のものも含めて、約1兆円の支払いをしましたが、
個人に対しては、台湾の571億円を除き何もしていません。ドイツは、被害国に対して約1兆2千億円
個人に対しても約8兆円を支払いました。日本はドイツの約10分の1です。しかも日本の場合、もっと
も被害を受けた中国、朝鮮民主主義人民共和国へは何もしておらず、韓国をはじめ、当時の軍事
独裁政権の手にお金が渡り、逆に民衆を押さえつける手助けをすることになってしまったのです。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 13:50:48 ID:B2CwJjhi
>>907
ようするにまとめると。新羅に渡ったスサノオが牛頭山にいたので
同一視されて、渡来高麗人に祭られたという事なのか?

911 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:52:04 ID:lfObvSSa
職場でお茶を吹きました。

912 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:53:07 ID:4PGQkX/o
>>910
>>新羅に渡ったスサノオ

だから新羅にわたった素戔嗚尊のソースを出せ

913 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:53:59 ID:3i9Vwzmt
>>910
>>906を100回声に出して読め

914 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 13:58:11 ID:B2CwJjhi
読んでいる。新羅に渡ったスサノオが牛頭山にいたので
牛頭大神と同一視されて、渡来高麗人にそのように祭られたわけだろ?

915 :マンセー名無しさん:04/09/22 13:59:55 ID:4PGQkX/o
>>渡来高麗人にそのように祭られた

どこにそんなことが書いてあるんだ?

916 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:00:39 ID:B2CwJjhi
>>915
よく読め。
http://www.kamnavi.net/it/kinki/yasaka.htm

917 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:02:24 ID:3i9Vwzmt
>この牛の頭を神にささげた所から牛頭天王が大善神となり、
>素盞嗚尊と同一視されたのである。

お前が良く読め戯け

918 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:03:25 ID:4PGQkX/o
>>916
ああ一番下ね。言っておくけどその説を君が信じるとすれば、>>891の説を否定することになるぞ。

919 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:06:28 ID:4PGQkX/o
>>半島からの渡来人が牛頭天王を祀ったのが創祀

>>>この牛の頭を神にささげた所から牛頭天王が大善神となり、
>>素盞嗚尊と同一視されたのである。

ふむ

920 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:07:12 ID:B2CwJjhi
>>918
いや891はなぜ新羅出身だという事だと書いているんだ?
その根拠は何だ?

921 :866:04/09/22 14:07:46 ID:dGAuFeP4
>>914
で、「新羅に渡ったスサノオ」ってのはどこに書いてるんだ?

922 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:08:31 ID:B2CwJjhi
あとこれを見ろ。どう思う?
チェ・ビョンソプ教師は「韓国と日本が歴史的に似た時期に全く同じ説話を
持っていたということから、この作業を始めることになった」
http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/dm2003080522915.htm

923 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:09:02 ID:3i9Vwzmt
>>920
>>891書いた人に聞いて来い

924 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:09:09 ID:UxT3wi2x
ここまでの在日の主張をまとめると

スサノオは高天原から新羅に降りたが、こんなところには住みたくないと日本に来た。
草木の種も当然、新羅には与えてやらなかった。
けれども見捨てられた半島の高麗からの渡来人がストーカーのようにスサノオを祭った。

こういうことか。

で、こんな主張して何が嬉しいんだ?

925 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:09:48 ID:B2CwJjhi
>>921
他の資料のスサノオが新羅に渡り、ここにはいたくないと言ったとあるので
じゃあこの時に新羅の牛頭山にいたという事じゃないのか?

926 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:10:58 ID:B2CwJjhi
>>924
922を見ろ。もう日本神話じゃないことが分かっている。
高天原は半島にあったんだよ。

927 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:12:51 ID:4PGQkX/o
>>920
>>891の、八坂神社の御祭神は播磨の広峯神社から遷されているとの記録がある。

の文と

>>906のリンク先の、半島からの渡来人が牛頭天王を祀ったのが創祀

の文は明らかに矛盾するだろ。

928 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:15:11 ID:YZWGMwoj
> ID:B2CwJjhi

sageろ キチガイ

929 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:15:11 ID:3i9Vwzmt
>>926
韓国以外じゃこんな主張は認められないよ。
世界レベルで認められてから出直しておいで。

930 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:15:18 ID:4PGQkX/o
平成十一年六月二十八日にたてらてた「高天原」か・・・・・・・・・・・・・・

931 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:15:52 ID:B2CwJjhi
>>927
どこが矛盾するんだ?

932 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:19:43 ID:B2CwJjhi
>>929
なぜ認められないのかはっきりと否定できるのか?

933 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:19:50 ID:4PGQkX/o
>>931
馬鹿か?

もし素戔嗚尊と牛頭天王が同じ神なら、なぜ新羅と播磨からくるんだよ。
2人いたって言うのか同じ神が。

素戔嗚尊と牛頭天王が別の神だというなら、話はわかるけどな。

934 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:20:01 ID:UxT3wi2x
>>926
高天原は高天原
この世のどこでもない。

スサノオは高天原から新羅に降りたが、こんなところには住みたくないと日本に来た。
草木の種も当然、新羅には与えてやらなかった。
けれども見捨てられた半島の高麗からの渡来人がストーカーのようにスサノオを祭った。

で、見捨てられたことやストーカーを自慢して何が楽しいんだ?


935 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:20:13 ID:3i9Vwzmt
>>930
今「コンクリートで出来た5000年前の陵墓」ってのが、
脳裏に浮かんだんだが何故かな。

936 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:20:15 ID:4PGQkX/o
>>932
証拠がないから。

937 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:20:25 ID:dGAuFeP4
>>925
須佐之男命が最初に高天原から降りた(まぁ渡ったでもいいわ)のが新羅というと、
お前さんが主張してた出雲へ帰還ってのに矛盾するんだが?

…ん、ちょっと待てお前。
もしかして高天原=出雲って考えて出雲へ帰還とかのたまってるんじゃねーべな!?

938 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:22:33 ID:3i9Vwzmt
>>932
お前んとこの半島以外の歴史学では「妄想」ってのは認められないの

939 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:22:46 ID:YZWGMwoj
> ID:B2CwJjhi

sageろ キチガイ
一日で忘れたのか?

940 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:26:04 ID:B2CwJjhi
>>933
八坂神社の祭っている神は播磨の広峯神社から広まったとか
そういう事じゃないのか?
つまり話しが広まったとかそういう事じゃないのか?

941 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:27:28 ID:B2CwJjhi
高天原とは日本の地名ではないのか?
そのイザナミとかの拠点として。

942 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:27:39 ID:4PGQkX/o
>>940
じゃあ高麗人が祀った神は誰だ?

943 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:28:42 ID:4PGQkX/o
>>941
いきなり>>926と矛盾する書き込みをするな。

944 :縞々なトイレット博士 ◆.5aTOiLETw :04/09/22 14:30:01 ID:XvM4Nnrm
また教えて君か。いつになったら卒業するんだ。
学習能力が無いのはもうそれ以上アピールしなくてもみんなが理解しているぞ。

945 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:30:21 ID:dGAuFeP4
>>941

ダメダコリア

946 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:35:36 ID:B2CwJjhi
>>942
スサノオだろ?高麗人がスサノオを牛頭大神と同列視して
祭ったんじゃないのか?
それが磨の広峯神社に書かれていたから、そのように言ったのでは?

947 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:37:45 ID:vSCym9a2
次スレ
白村江の戦
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1093272860/

948 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:37:51 ID:NZpM80gm
こいつの頭の中を解剖して見てみたい

949 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:50:10 ID:3i9Vwzmt
多分メロンパンとか胡桃の方がしわ多いぞ

950 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:50:17 ID:B2CwJjhi
どうなんだ?

951 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:51:26 ID:3i9Vwzmt
証拠見つけて来い。
そしたら認めてやるよ。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:52:06 ID:B2CwJjhi
>>951
946だよ。矛盾じゃないんじゃないか?

953 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:53:39 ID:3i9Vwzmt
>>952
>>937


954 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:54:50 ID:ZFXYCQvl
>>952
糞スレあげるな アフォ
学習しろ


955 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:55:31 ID:B2CwJjhi
>>953
だから946はどうなったんだ?矛盾していなかったんだろ?

956 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:55:39 ID:HGKmbpVM
この時間はホロン部ですか?

957 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:56:15 ID:YZWGMwoj
sageも出来ない在日はスルーしろよ
相手にしてる人。

958 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:56:29 ID:3i9Vwzmt
>>955
>>933

後、嫌がられてるからsageろ

959 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:57:15 ID:4PGQkX/o
>>946
では御祭神である素戔嗚尊が播磨の広峯神社から遷されているといっている
>>891の説は間違いということになる。

当然新羅出身云々の話も間違っていると言うことになる訳だが。


あと>>906
「半島からの渡来人が牛頭天王を祀ったのが創祀」
とは書いてあるが、素戔嗚尊を祀ったとは書いていない。

「この牛の頭を神にささげた所から牛頭天王が大善神となり、素盞嗚尊と同一視されたのである」
と書いてあるだけ。

高麗人が素盞嗚尊と牛頭天王を同一視して祀ったとはどこにも書いていない。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 14:57:47 ID:B2CwJjhi
>>958
だからその矛盾は違うのでは?という事から946を書いたんだぞ。

961 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:58:54 ID:dUJ98EEu
>B2CwJjhi

こいつがマジチョンなの?

962 :マンセー名無しさん:04/09/22 14:59:14 ID:dGAuFeP4
>>958
高天原を当時の大和地名と勘違いしてる奴ですよ?
相手する必要ナッシング

963 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:01:17 ID:3i9Vwzmt
>>962
暇潰し何で気にしないでくれ。
今後はsageる様に指導も含めていくから。

964 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:01:39 ID:dUJ98EEu
この電波はつまらんな。

965 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:02:10 ID:4PGQkX/o
仮に高麗人が牛頭天王と素戔嗚尊を同一視して祀ったのであれば、
全く同じ神を、広峯神社から呼ぶ事自体おかしい。

新羅出身の話云々の前に「広峯神社から素戔嗚尊が八坂神社に来た」の部分がおかしければ
後の説は成り立たない事になるのだがな。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 15:02:20 ID:B2CwJjhi
>>959
播磨の広峯神社から遷されているといっている
というのは、どういう意味なんだよ?
そこから来たという意味なのか?
それとも広峯神社の文献に、八坂地方にスサノオがいたとあるから
八坂神社の神が広峯神社から遷されているといっている
となっているのか?
あと、牛頭大神とスサノオを同列視しているのは
ここの一番下を見ろ。
http://www.kamnavi.net/it/kinki/yasaka.htm

967 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:02:43 ID:4PGQkX/o
>>962
住みません、単なる暇つぶしですので。

968 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:04:10 ID:3i9Vwzmt
>>966
>>959を良く読め。

そしてお前の質問は、本来全てお前が証明すべき事だ。

969 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:08:04 ID:dGAuFeP4
>>963,>>967
了解(゚Д゚)ゞ

けど一日経ったら(正確に言えば数時間か?)sage忘れる奴に躾は効くんだろうか?w

970 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:10:56 ID:3i9Vwzmt
>>969
済まないねぇ。
本来こちらが気を使うべき事だよねぇ。


‥え〜っと、キムチを切らさない様にして、教える前に先ず殴るんだっけ?

971 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:12:20 ID:4PGQkX/o
>>966
>>播磨の広峯神社から遷されているといっているというのは、どういう意味なんだよ?

君が証拠として貼ったレスの内容だ。それは自分で調べろ。書いた本人に聞くなりしてな。

>>あと、牛頭大神とスサノオを同列視しているのはここの一番下を見ろ。
>>http://www.kamnavi.net/it/kinki/yasaka.htm

同じホームページでいくつも説があるようですな。
備後国風土記からの一説
二十二社註式からの一説。

創祀にしてもいくつも説が載っている。
>>またこの付近は八坂郷と称したことから、半島からの渡来人が牛頭天王を祀ったのが創祀と言われている。
>>創建の確実な根拠は、「貞観十八年(876)南都の僧円如が堂宇を建立、薬師千手等を祀ったのを、天神東山麓の祇園林に垂迹して御坐します。」とあり、この時期のようだ。

そして最後の文は帳尻が合わないね。第一そこのページって八坂神社の正式なホームページじゃないようだ。

972 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:17:32 ID:4PGQkX/o
>>971
自己レス。帳尻が合わないわけではないな。

高麗人が牛頭天王を祀ったのが創祀

素戔嗚尊と牛頭天王は備後国風土記や二十二社註式の一説から同一視されている。

だから高麗の調進副使の伊利之使主が牛頭天王(素戔嗚尊)を祀った。


と結論づけているんだろうね。そこのホームページの管理者は。

973 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 15:17:37 ID:B2CwJjhi
>>968
なるほど。しかし移されたのとその渡来高麗人を結びつければいいだけでは?
つまりその渡来高麗人が移したと。

974 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:20:04 ID:kzejmniY
次の隔離スレ候補

まあ韓国も結構すごい国だよね。
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1077632695/l50

【無職発狂】韓国の核が最高【実家暮らし】
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095605451/l50

チマチョンゴリを切り裂きたい
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1094164801/l50

975 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:20:59 ID:3i9Vwzmt
>>974
1番下のスレタイ良いなぁw

976 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:23:54 ID:dGAuFeP4
>>974
あたしゃー
>>947
が提供してくれた

[白村江の戦]
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1093272860/

を見てるニダ

977 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:23:59 ID:4PGQkX/o
>>973
高麗人が広峯神社から八坂神社に移したというのであれば、>>966のリンク先の一番下と矛盾する。

そこには「新羅国牛頭山(ごずさん)にます素戔嗚尊を山城国愛宕(おたぎ)郡八坂郷に祀り」

と書いてあるからだ。

978 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 15:27:30 ID:B2CwJjhi
>>977
つまりこうだ。
その高麗人は、広峯神社から新羅国牛頭山(ごずさん)にます素戔嗚尊を
山城国愛宕(おたぎ)郡八坂郷に祀り。

こういう事じゃないか?



979 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 15:29:00 ID:B2CwJjhi
つまり新羅時代にスサノオは牛頭山にいたので、牛頭大神と同列視した。
そしてのちに高麗人が広峯神社にスサノオが祭られていたので。

980 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:31:08 ID:4PGQkX/o
>>978
・・・・
牛頭山にますというのは、牛頭山にいるって事だぞ。

981 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:33:56 ID:3i9Vwzmt
>>979
>>917
ソースは先ず読め。
貼れば良いってもんじゃない。

982 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:34:22 ID:4PGQkX/o
広峯神社に全く縁のゆかりもない、何の権限もない高麗人がどうやって分祀したと言うんだよ。

983 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:35:20 ID:kzejmniY
>>976
失礼しました。
見落としていました、余計なことをしてごめんなさい。

お詫びに
八坂神社と祇園神
ttp://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/Gionsin01.htm

984 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 15:36:12 ID:B2CwJjhi
>>980
祀るとあるが、牛頭山にスサノオが祀ってあったから、それを
神社に移したのでは?つまりその時にまだ牛頭山に
生きたスサノオがいるという意味では、まずないだろう。
新羅時代だから、高麗というのもおかしい。
それともこの文献が高麗時代に作ったもので
新羅をさしていて、現在は高麗だから高麗人と言ったのか
つまり高麗時代に、元新羅がと書かずに、高麗人書いたのか。


985 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:39:44 ID:NZpM80gm
お前自分のコピーした資料もよく読んでないだろ
牛頭天王とスサノオは別人だぞ

986 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:42:29 ID:5PBfLsja
隔離スレ使わないで普通にスレ立てたら?
スレタイとテンプレ貼れば立ててやるけど。

987 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:43:29 ID:dGAuFeP4
>>983

いえいえ、こちらこそ差し出がましい真似を。
それに余計なことではなく、結構そのスレが面白いので一読をばと思いまして。
(途中電波飛ばしてる奴がいるのはデフォですが)


988 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:47:37 ID:4PGQkX/o
>>984
はっきり言えばおまえの出したソースのホームページ自体が矛盾をはらんでいるんだよ。

ちゃんと全部読まないから、それがわからないんだ。

989 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 15:48:39 ID:B2CwJjhi
>>985
いや、読んでいるぞ。牛頭山にスサノオがいたという事だ。
それからこれを見ろ。
新たな展開に達した。
疫病神が強かったので、スサノオとして祈ったと書かれていないか?
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/Gionsin01.htm

990 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:52:30 ID:QisKXdVr
同時代に異なった地域で似通った神話体系が発見されることなんて
人類学ではよく知られたことだしそれを恣意的に取り上げて
自国起源だと言い張るなんざただの基地外。
たとえば、シンデレラに酷似した神話はアメリカ、ヨーロッパ、中国
チベット、ロシア、日本などに存在するけども
それを、どこ起源の話かなんてお笑い種以外の何者でもない。

まぁ、わかってない朝鮮人には何言っても無駄なわけだが。




991 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:52:41 ID:3i9Vwzmt
>>986
糞スレ再利用の一環として糞レスが着いてると考えてくれ。

>>989
どういつ-し 4 3 【同一視】
(名)スル
(1)同じ物とみなすこと。差のないものとみなすこと。
「連中と―して欲しくない」
(2)〔心〕 精神分析で、対象と自分を無意識のうちに混同し、対象が考え、感じ、
行為しているように自分が考え、感じ、行為することによって、満足や安定を得ようとする防衛機制の一。

つう事は「別人」何だよ。
これを先ず理解しろ。


992 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:53:05 ID:4PGQkX/o
>>988
途中までは文献を元に書いているようだけど、最後のまとめがかなり無理がある。

「新羅国牛頭山(ごずさん)にます素戔嗚尊を」

の文に関して説明をしていない。

993 :マンセー名無しさん:04/09/22 15:56:16 ID:4PGQkX/o
>>989
そこのリンクに牛頭山に素戔嗚尊がいると書いてあるように読めないんだが。同一視されたと書いてあるだけだぞ。今までの資料と何ら変わりがない。

>>そしてまた、祇園の神である素戔嗚尊は、インドの釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神であるゴヅテンノウ(牛頭天王)ともされていました。
>>牛頭天王という名は、新羅に牛頭山という山があり、熱病に効果のある栴檀(センダン)を産したところから、この山の名を冠した神と同一視されました。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 16:04:47 ID:B2CwJjhi
989のリンクには、スサノオを地元民が厄病を追い払う為に
強い神が必要だから、スサノオを持ち出した事には異論はないな?
そして高麗人が渡来して、牛頭大神を祭った。
これがつじつまを合わせると、スサノオだった。


995 :マンセー名無しさん:04/09/22 16:05:45 ID:3i9Vwzmt
どこであったつじつまだ?

996 :マンセー名無しさん:04/09/22 16:09:09 ID:4PGQkX/o
>>994
異論ありまくり。>>989のリンクをどう解釈しようとそうはならない。
まずは>>993をよく読め。

997 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/09/22 16:12:54 ID:B2CwJjhi
>>995
http://www.kamnavi.net/it/kinki/yasaka.htm
八坂神社は渡来人が牛頭大神として祭っていた。
しかし日本の神話と照らすと、スサノオは新羅に渡り
ソシオミという場所にいて、そこが朝鮮的には牛頭山の事だった。
だから牛頭大神とはスサノオの事だろうという事。
そして
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87
これにはスサノオが新羅に渡ったとあるので、これでつじつまがあう。
そして
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/Gionsin01.htm
そもそも八坂神社は祇園と呼ばれていた。
祇園では、むかしは、疫病の流行は大災害でした。
この災厄の発生を政治的に失脚して処刑された人の怨みによる崇りで
あろうと考え、はじめはこの御霊をまつったのですが、
怒りは治まりませんので、より強い神仏が求められたのです。
この怨霊(御霊)を退散せしめることができるのは、素戔嗚尊のような、
偉大な神格の神に頼るほかないと、祇園社に祀られているこの神に
祈ったのです。
このようにあるから、八坂の人たちが厄病を退治する為に
より強い神を求めた為に、スサノオが利用された。
こういう事でつじつまがあうんじゃないか?
 

998 :マンセー名無しさん:04/09/22 16:13:10 ID:4PGQkX/o
そもそも習合って考えは日本独自の考えだと思うんだけどね。

もともと崇められていた素戔嗚尊と、後から入ってきた牛頭天王や武塔天神と同一の神として崇めたと言う事だ。

もしおまえが同一の神だと言い張るなら、新羅(または高句麗)時代に、半島で牛頭天王と素戔嗚尊が同じ神として崇められていたという証拠を持ってこないといけない。

999 :マンセー名無しさん:04/09/22 16:13:31 ID:/cTwOhVV
まあ韓国も結構すごい国だよね。
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1077632695/ ←dat落ちしました。

【無職発狂】韓国の核が最高【実家暮らし】
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1095605451/

チマチョンゴリを切り裂きたい
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1094164801/

白村江の戦
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1093272860/

1000 :マンセー名無しさん:04/09/22 16:14:04 ID:/cTwOhVV
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

257 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)